安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生支援策の成功例として実名を出した移住男性が既に仕事を辞め転居していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生支援策の成功例として実名を出した移住男性が既に仕事を辞め転居していたの画像1
首相官邸HPより


 昨日おこなった施政方針演説で、やたら「夢」だの「希望」だのといったフレーズを連発し、ことごとくオリンピックの話題を政策とつなげた安倍首相。これには当然ながら「東京五輪の政治利用だ」という声があがっているが、よりにもよって施政方針演説で中身がスカスカの政策を五輪の話題でごまかすなどというのは、安倍政権の無能っぷりを象徴するかのようだ。

 この五輪の政治利用にかんしては別稿でお伝えするのでそれをお待ちいただきたいが、じつは昨日の施政方針演説をめぐって、信じられないような事実があきらかになった。

 安倍首相は施政方針演説のなかで地方創生について言及し、ある男性の実名を出しながら、Iターンの事例を紹介した。だが、それがフェイクまがいだったというのだ。

 いったい安倍首相は何と語っていたのか。まずは該当部分のスピーチを引用しよう。

「東京から鉄道で7時間。島根県江津市は『東京から一番遠い町』とも呼ばれています。20年以上、転出超過がつづき、人口の1割に当たる2800人が減少した町です。
 しかし、若者の起業を積極的に促した結果、ついに一昨年、転入が転出を上回り、人口の社会増が実現しました。
 ◯◯◯◯さんはパクチー栽培をおこなうため、東京から移住してきました。農地を借りる交渉をおこなったのは、市役所です。地方創生交付金を活用し、起業資金の支援を受けました。農業のやり方は地元の農家、販路開拓は地元の企業が手助けしてくれたそうです。
『地域みんなで、手伝ってくれました』
 地域ぐるみで若者のチャレンジを後押しする環境が、◯◯さんの移住の決め手となりました。
『地方にこそ、チャンスがある』。そう考え、地方に飛び込む若者を、力強く応援してまいります」(注:伏せ字の部分は演説では実名)

 普通に演説を聞けば、この移住した男性の話は現在進行形のように思える。だが、中国新聞デジタルが昨晩、こう銘打って記事を配信したのだ。

「安倍首相の施政方針演説の起業支援で紹介の男性、既に島根県江津市から転居していた」

 この記事によると、中国新聞の取材ではこの男性は〈昨年末に県外へ転居〉しており、さらに〈昨年末にこの会社を辞め、既に江津を離れていた。個人的な事情という〉と伝えているのだ。

 言っておくが、施政方針演説というのは政府のこれからの1年の基本方針を示すためにおこなわれる重要なものだ。そして安倍首相は、この男性のエピソードを地方創生の企業支援政策の“成功例”として紹介した。それが〈個人的な事情〉とはいえ、すでに会社を辞めて土地も離れていたのだ。この男性個人の選択や理由はどうあれ、地方支援の政策の成功例として持ち出すのは、どう考えても不適切だろう。しかも、男性が辞めたことに一切触れないで、『地方にこそ、チャンスがある』などといった政策宣伝につなげるのは、フェイクとしか言いようがない。

 それにしても、安倍首相はなぜこの男性の話を実名で持ち出したのか。中国新聞の記事では、市は〈首相が演説で示した市の人口増減のデータなどに関する国からの問い合わせには昨年末に回答していた〉というが、〈男性のことが演説に盛り込まれているとは知らなかった〉という。

 施政方針演説というメディアも大々的に伝えるスピーチだというのに、安倍官邸は事実関係を調べていなかったのだろうか。演説では引用したとおり、安倍首相は実名を挙げただけではなく、男性の「地域みんなで、手伝ってくれました」というコメントまで紹介していた。しかし、もし、実名を挙げた男性に安倍官邸側が直接取材したのなら、普通は退社や県外に移った事実を知らされるはずで、こんな紹介の仕方にはなっていないだろう。

 ということは、コンタクトはとっており事実関係も知らされていたが、それを無視してスピーチに使用したか、あるいは安倍官邸側は男性に取材もせず、過去にメディアで取り上げられた二次情報をもとにスピーチをつくった。そういうことではないか。

 当たり前だが、どんなかたちであれ、この男性には何の非もない。しかし、もし安倍官邸側が事実を知りながら無視したり、そもそも取材もしていないとなれば、これは大問題だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生支援策の成功例として実名を出した移住男性が既に仕事を辞め転居していたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中国新聞個人情報地方創生安倍晋三改憲施政方針演説移住編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
2 菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
3 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
4 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
5 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
6 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
7 中居がすべらない話でJのタブーに!
8 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
9 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
13 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
14 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
15 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
16 AKBから「名誉毀損」の恫喝メール
17 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
18 あの竹中平蔵が安倍政権のコロナ対応の遅さを国民に責任転嫁
19 昭和の名作裏ビデオ史
20 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
1菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
2大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
3吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
4菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
5コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
6検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
7 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
8安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
9菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
10 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
11安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
12「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
16 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄