『THE MANZAI』今年のウーマン村本はさらに凄かった! 沖縄、朝鮮学校、ホームレス、日本社会で「透明人間」にされた人の思いを漫才に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『THE MANZAI』今年のウーマン村本はさらに凄かった! 沖縄、朝鮮学校、ホームレス、日本社会で「透明人間」にされた人の思いを漫才にの画像1
『THE MANZAI』で怒涛の漫才を披露したウーマンラッシュアワー


 今年もまた、ウーマンラッシュアワーがやってくれた。昨晩8日に放送された『THE MANZAI 2019』(フジテレビ)に登場したウーマンラッシュアワーが、今年も忖度なしの“社会派”超高速マシンガン漫才を披露したからだ。

 まず村本大輔は、出だしから、闇営業問題や千原せいじの不倫、徳井義実の税金未納などといった吉本芸人の“不祥事”を取り上げ、一方何もしていない自分が「週刊文春」の「嫌いな芸人ランキング」で5位に選ばれたことを俎上に載せ、「ほぼテレビ出てないんですから。鮮度が長い!」と“自虐”。だが、これはほんの軽いジャブ。つづけて自身の出身地である福井県おおい町の話をはじめた。

「知ってます? おおい町。大飯原発があるおおい町ですよ? 原発原発原発原発原発原発原発原発原発、みなさんが日頃から逃げてる言葉を一気に浴びせてやりましたよ! 原発の町・おおい町ですよ。おおい町の隣は高浜町。ね、疑惑だらけの高浜町ですね。高浜町には高浜原発がありまして、その隣は美浜町、美浜原発がありまして。その隣は敦賀のもんじゅがあったんです。小さな小さな地域に原発が4機もあるんです。でもおおい町にはね夜の7時以降に開いてる店がほとんどない! 夜の7時になったら町が真っ暗になる。これだけ叫ばせてください! 電気はどこへ行くー!」

 関西電力幹部が高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた「原発マネー」還流問題が加わっているが、基本的に2年前に披露したネタと同じ。じつはこれは今年のネタの前振りで、村本はこうつづける。

「このネタね、ちょうど2年前にやったんですね。2年前にやったらね、もうね、『どうせお前らの町は原発で飯を食ってるくせに』って言われたんですよ。でも、たしかに原発で飯を食ってる人間もいれば、食ってない人間もいますよ。
僕のおばあちゃんなんかは農家です。原発で飯を食ってません。それを一括りに『原発で飯を食ってる』って言い方されるとムカつくわけですね。でも、『原発で飯を食ってない』とは大きな声じゃ言えない。なぜかと言えば自分の近所の人や親戚、絶対誰かは原発のお世話になってる人がいるから。自分たちがそんな無責任な発言をしてしまうと絶対誰かに迷惑がかかってしまう。小さな社会というのは長いものと長いものに巻かれた者と巻かれてるフリをする者、こういうふうにして社会というのはできてる」

 まさに原発にNOを言えない日本社会の構造にまで踏み込む鋭い内容。そしてこの話題から村本がつなげたのが、沖縄の話だった。今年2月24日におこなわれた、辺野古新基地建設をめぐる県民投票の結果と、その後の安倍政権の態度についてだ。

「沖縄県民の70%以上が新しい基地に反対したんですね。それに対して安倍政権は『結果を真摯に受け止めます』ってそのまま工事を続けたんです。『真摯に結果を受け止める』ということは一旦まじめに話を考えるということ。『真摯に結果を受け止める』って言ってそのまま工事を続けるということは、僕は真摯に受け止めてないと思う。あの日、雨が降ってました。雨が降ってるなか、おじいちゃんもおばあちゃんも自分たちの孫の、沖縄のために一生懸命投票に行ったのに。その結果に対して『真摯に受け止める』って言ってそのまま工事を続けたことが僕は許せなかった。
だから僕はそのことをねTwitterで書いた。叩かれた! 炎上した! 炎上した! 炎上してすげえ吉本にもクレームがたくさん入ってね、吉本の社員に呼び出されて『村本くんこれ以上Twitterでケンカやめてくれないか』と言われ まして、『なんでやめないといけないんだ』って言いました。そしたら『いま、働き方改革の時代でみんな早く帰らないといけないのに、村本くんのクレーム対応でみんな残業続きだ』と言われまして。言われたんですよ! さすがに私はさすがにいろんな人に迷惑をかけることはさすがに申し訳ないと思ったから『真摯に受け止めます』って言って、そのまま続けました!!」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『THE MANZAI』今年のウーマン村本はさらに凄かった! 沖縄、朝鮮学校、ホームレス、日本社会で「透明人間」にされた人の思いを漫才にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。THE MANZAIウーマンラッシュアワー吉本興業大飯原発村本大輔沖縄編集部闇営業の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
3 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
6 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
7 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
10 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
11 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
14 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
15 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
16 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
17 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
18 竹中平蔵が「収入が上がらない」という悩みに童貞差別的説教
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
17河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄