中村文則がジブリの雑誌で語った安倍政権批判に踏み込む理由「言うべきことを言わないのは読者への裏切り」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
中村文則がジブリの雑誌で語った安倍政権批判に踏み込む理由「言うべきことを言わないのは読者への裏切り」の画像1
中村・青木対談が掲載されている「熱風」


 露骨なまでの新元号発表の政治利用に、現役副大臣による「忖度」発言など、ここ最近、安倍首相による政治の私物化が相次いで表面化している。そして、「総理や副総理は言えないので私が忖度した」と公の場で言い放った塚田一郎国交副大臣の辞任を受け、安倍首相はいけしゃあしゃあと「政治家が語る言葉は真実を語らなければならない」と語り、塚田氏の派閥の長である麻生太郎副総理は質問する記者に「大きな声で言えや!」と苛立ちを露わにして不遜な態度を見せた。

 普通に考えれば、「これまで」なら、こんなあからさまな問題が発生し、その上、政権のツートップから思い上がりも甚だしい発言が飛び出せば、蜂の巣をつついたような騒ぎになっていただろう。しかし、いまの日本社会にそんな空気はまったくない。メディアも改元に浮かれ、忖度事案の暴露を深掘りしようとしない。

 そんななか、これらの問題にはっきりと物申したのは、作家の中村文則氏だ。

 中村氏は安倍首相が新元号発表で「前に出すぎた」パフォーマンスを繰り広げたことを〈ちょっとさすがに、あれは考えられない行為だった〉と指摘し、〈会見での質疑応答で、一億総活躍社会だの、働き方改革だの、抵抗勢力だの、政策発表のようなことまでやった首相は前代未聞〉と批判。さらに、新元号発表と同日に塚田氏が発した「忖度」発言と、新元号が〈政治の腐敗に嫌気がさしたことが背景にある「帰田賦」から結果的に選定〉されたことに触れ、〈新元号と共に、古い忖度政治を終わらせ、新しい時代のため今の内閣は身を引いたらどうか〉と引導を渡したのだ(毎日新聞愛知県版4月6日付)。

 中村氏といえば、2014年に発表した『教団X』(集英社)が50万部を超えるベストセラーとなった売れっ子でありながら、安倍政権批判をはじめとして社会的問題に踏み込んだ発言をおこなっている数少ない作家。そうした姿勢は作品にも反映され、現在は東京新聞や西日本新聞などで第二次世界大戦時を舞台にした「逃亡者」を連載中。また、2017年発表の『R帝国』(中央公論社)では全体主義国家を描き、政治の腐敗から民衆が目を背けて「真実ではなく半径5メートルの幸福」に逃げ込むという、まさに現在進行形のディストピアを描いた。

 森友・加計問題のような政治の私物化があきらかになっても、現役副大臣が「私が忖度した」と断言しても、政府統計の不正まで表沙汰になっても、なぜか政権への怒りが湧き起こらない社会──。こうした現状について、中村氏はスタジオ・ジブリが発行する小冊子「熱風」3月号に掲載された、ジャーナリスト・青木理氏との対談でこのように語っている。

「ものすごく大きなことから言うと、日本人って常に圧政を食らいながら生きてきたんでしょうね。古くは一揆だって徹底的に弾圧された。大正デモクラシーも結局は潰されてしまったし、戦後の60年、70年の安保闘争も最終的にはあさま山荘事件(1972年)などに行き着いてしまった。だから政治というものをあまり深く考えない方がいいという空気が、おそらく僕らよりも上の世代からあった気がします」
「現在の沖縄をめぐる問題だって、本当はみんな怒るべきなのに、怒ってもなかなか変わらない。一方で、何もしない自分への罪悪感を誰もが根底に持っていると思うんです。その罪悪感を感じたくないから見ないふりをするという人もいれば、罪悪感が湧いてきてしまうから逆に基地を肯定する、これは間違っていないんだと言って罪悪感を消そうとする心理になる人も多いんじゃないかと思いますね」
 

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

中村文則がジブリの雑誌で語った安倍政権批判に踏み込む理由「言うべきことを言わないのは読者への裏切り」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリヘイト中村文則安倍政権安倍晋三熱風編集部青木理の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
2 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
3 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
9 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
10 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11 菅政権がコロナ病床確保を打ち出すも裏で「病床の削減」続行!
12 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
13 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
14 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
15 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
16 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
4吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
5「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
6NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
7組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄