BTS問題で『ワイドナショー』が意外に冷静な姿勢!乙武洋匡は日本の加害性にも言及、『サンジャポ』では武井壮も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
BTS問題で『ワイドナショー』『サンジャポ』が意外に冷静な姿勢! 乙武洋匡、武井壮は日本の加害性にも言及の画像1
冷静な姿勢が珍しいというのも…(フジテレビHPより)

 BTSのTシャツ問題をめぐり、ほとんどのメディアがネトウヨ層に丸乗りし、日韓対立や嫌韓感情を煽りまくっていることは本サイトでも指摘してきた。

 そんななか、意外な番組がこのBTS原爆Tシャツ問題について、これまでのメディアの論調とはまったく違う反応を見せた。それが 11月18日放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)だ。先週11日の放送ではBTS問題を扱っていなかったのだが この日の放送では、まず『紅白歌合戦』(NHK)の出演者発表の話題から、BTSが出演しないことについて、紅白を担当するチーフプロデューサーの「例年の選考基準に沿った上で総合的に判断した。騒動が影響したのは事実。そのことも含め判断した結果です」という、事実上騒動によりBTS出演を見送ったとも取れるコメントを紹介。そこから芸能レポーターの駒井千佳子やMCの東野幸治がBTS問題の表面的な経緯を解説し、『ミュージックステーション』のテレビ朝日も含めテレビ各局に、苦情やクレームが殺到していたという裏事情も明かした。

概要を説明し終えると、東野が松本人志をはじめとするコメンテーター陣に意見を求めた。『ワイドナショー』と言えば、これまで本サイトでも繰り返ししてきたように、慰安婦問題や徴用工判決問題などで日本の戦争責任を看過した一方的な韓国批判を展開したり、平昌五輪バッシングしてみたり、安倍政権やネトウヨの尻馬に乗って日韓対立を煽ってきた番組。ところが、この日、出演者たちが口にした言葉は、まったくそういうものではなかった。

 まず最初に、話を振られた乙武洋匡氏は極めて冷静な語り口でこう切り出した。

「そのもちろん今回の件で言えば、日本人が非常に気分を害する出来事ではありますけれども、やっぱりときには日本のアイドルの方がナチスの親衛隊の軍服を思い起こさせるような衣装を着てしまってクレームを受けるなんていうこともありますし。どうしても、被害側に回るとすごく敏感になることでも加害側になることには無自覚だったりすることがすごく多いと思うので、こういうことを機に私たちも無自覚に誰かを傷つけるようなことをしないように、いろんな知識を身につけていかなくてはいけないなと思いますね」

 名前こそ出していないが、欅坂46のナチス親衛隊衣装問題に触れながら、ネトウヨたちのように一方だけを批判するのではなく、日本人も同じような過ちを犯すことはあると指摘。そのうえで、自分たちの加害にも無自覚にならないようにと、相手を非難することよりも自分たちも歴史や国際問題を学ぶことが必要だと語ったのだ。

 さらにピアニストの清塚信也氏は、原爆Tシャツについては「国際的に活躍する方としては、自覚が足りないというふうに思いますけれども」と前提として苦言を呈しつつ、この騒動を対立の道具にしてはいけないと、この間の多くのワイドショーの論調とは真逆のことをこう語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

BTS問題で『ワイドナショー』が意外に冷静な姿勢!乙武洋匡は日本の加害性にも言及、『サンジャポ』では武井壮ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BTSネトウヨワイドナショー太田光松本人志編集部防弾少年団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
4 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
5 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
6 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
7 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
10 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
11 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
12 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
13 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
14 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
15 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
18 ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
19 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
8辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
9Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄