台湾で“慰安婦像に蹴り”藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

慰安婦像を蹴った藤井実彦は、安倍お気に入りの杉田水脈、和田政宗とお仲間

 そもそも藤井氏は、「論破プロジェクト」なる団体の代表を務めている人物。ホームページで〈日本をおとしめる自虐史観や、嘘と誤解に満ちた歴史観を払拭することが目的です!〉と息巻く通り、海外などに出かけて歴史修正の運動をしている団体だ。

 2014年1月にはフランスで開催された「アングレーム国際漫画祭」に“従軍慰安婦の強制連行はなかった”と主張する漫画を持ち込み、会場のブースには「従軍慰安婦?どのようにフィクションが真実となるか?」「慰安婦についての討論 性奴隷か売春婦か?」などと書かれた垂れ幕を展示しようとした。結果、主催者側から政治的な宣伝およびその内容が歴史的事実の否定を禁止する法律に触れるとの理由で、出展を禁じられている。

 なお、「論破プロジェクト」には宗教法人・幸福の科学が支援していたという報道もあり、当時の「週刊新潮」(新潮社)や「週刊ポスト」(小学館)によれば、幸福の科学広報部は「論破プロジェクト」の漫画の仏語翻訳に協力したことを認めている。また、幸福実現党から選挙に出馬もしている信者でミュージシャンのトクマ氏は「週刊新潮」の取材に対して、藤井氏は幸福の科学の会員であると述べている。

 いずれにせよ、藤井氏は以前から海外で慰安婦問題の否定などの歴史修正主義運動を展開してきたわけだが、先に触れたように、安倍首相の子飼い政治家との懇ろな関係も明らかになっている。

 たとえば、安倍首相のラブコールで自民党衆院議員となり、例の“生産性がない”発言が大きな問題となっている杉田水脈議員だ。いま、杉田氏が昨年6月9日にTwitterにアップした藤井氏とのツーショット写真が話題になっているが、これは同月、スイスの国連欧州本部で開催された国連人権理事会に藤井氏と杉田氏が仲良く参加したときのもの。この人権理事会でも藤井氏は慰安婦問題を矮小化するスピーチを行なっていた。

 また、産経新聞によれば、杉田氏は「韓国政府は日本たたきのためにネット上に捏造した歴史やプロパガンダを拡散するための半官半民組織に資金を拠出し、扇動している」などと訴えたという。杉田議員もツイートで藤井氏をサポートしたことを書いていたが、いわば歴史修正運動で一体化しているお仲間というわけだ。

 ちなみに杉田議員は過去に、慰安婦像について「慰安婦像を何個立ててもそこが爆発されるとなったら、もうそれ以上、建てようと思わない。立つたびに一つひとつ爆破すればいい」(『「歴史戦」はオンナの闘い』PHP研究所)などと、今回の件に通じるような発言をしたこともある。

 杉田議員だけではない。こちらもまた安倍首相のお気に入りである自民党広報副本部長・和田政宗参院議員も藤井氏と昵懇の仲であり、2015年には『村山談話20年目の真実』(イースト新書)という共著まで出している。

 和田議員は藤井氏や「新しい歴史教科書をつくる会」元会長の藤岡信勝氏、元次世代の党衆院議員の田沼隆志氏とともに「村上談話検証チーム」なるものを結成、同書の後半には彼らの鼎談が収録されている。和田氏が、安倍談話に「侵略と植民地という事実ではない文言により、多くの国民に多大な損害と苦痛を与えました」と入れるべきなどと提案すると、藤井氏らが「(大笑)」するなど、グロテスクな歴史修正主義がむき出しだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

台湾で“慰安婦像に蹴り”藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。台湾和田政宗杉田水脈編集部藤井実彦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
6 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
7 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
8 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
9 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
15 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
16 りえママ、娘にたけしとの不倫を強要!?
17 田崎とケントに自民党からカネが!
18 壮絶なパワハラで夫の心が壊された…妻の手記
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
4甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
7岸田内閣の新閣僚はカネまみれ!鈴木財務相、金子農水相、後藤厚労相らも
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
11すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
12眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄