台湾で“慰安婦像に蹴り”藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
台湾で慰安婦像に蹴り藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版の画像1
和田議員と藤井氏の共著『村山談話20年目の真実』(イースト新書)

 台湾南部の台南市に設置された慰安婦像を、右派系市民団体「「慰安婦の真実」国民運動」幹事の藤井実彦なる人物が足で蹴ったとされる事件が国際問題に発展している。産経新聞によれば「「慰安婦の真実」国民運動」は6日、中国国民党台南市支部主任委員の謝龍介市議に、慰安婦像の即時撤去を求める文書を手渡したという。台湾の中時電子報など複数海外メディアは、藤井氏が慰安婦銅像に蹴りを入れる姿が監視カメラに収められていたと伝えている。

 実際、その監視カメラの映像は台湾のYahoo!ニュースなどでも公開されており、これを見る限り、藤井氏は左足を腰の高さまであげて、慰安婦像に前蹴りをしている。藤井氏は10日、「「慰安婦の真実」国民運動」Facebook上で「報道機関各位」に宛てた「声明文」を公開。〈慰安婦像を蹴ってはいない〉〈(静止画は)意図的に加工されている〉などと陰謀を主張し、さらにはこんなことを述べていた。

〈日本から長時間かけて台湾に到着したが、同じ姿勢を長時間続けていたために足が鬱血し、痺れていたために、到着して何度もストレッチを行なっていた。その一部が、この様に切り取られたのは、現在、日本や米国でも大きな問題になっている「フェイクニュース」と同様の悪質な手口であり、私、藤井実彦と慰安婦の真実国民運動は、この悪意ある捏造に断固として抗議するものである。〉

 呆れてものも言えないとはこのことだ。動画は複数の角度のものが存在し、見れば誰にでもわかるが、藤井氏は明らかに慰安婦像に向けて脚をあげていた。また、慰安婦像の周囲には、藤井氏のほかにはハンディカムを回している関係者とみられる人物しかいない。藤井氏が足をあげる直前に慰安婦像を指差していることからも意識的であることは疑いなく、状況や仕草からして「ストレッチ」なわけがないだろう。

「声明文」は11日までにFacebookから削除され、藤井氏はTwitterのアカウントも消した。

 台湾では大きな怒りをもって受け止められている。香港メディアによれば、台湾の市民団体のメンバーら約100人が10日午後、台北市にある日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」の建物前で、藤井氏の行為に反発する抗議デモを行った。台湾の通信社・中央社によると、内政部移民署は、慰安婦像を蹴ったのが事実だと判明すれば「法的措置を取る」と発表。司法機関の調査と裁判の結果に応じ、男性を入国禁止またはビザなしでの入国を適用しないブラックリストに記載する方針を示したという(「中央社フォーカス台湾」11日付)。

 映像で確認する限り、藤井氏の行為は極めて悪質であって、品性下劣だ。12日、「慰安婦の真実国民運動」はホームページで「台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について」と題した文書を公開。〈藤井氏の主張は、「蹴っていないし、蹴る意図もない。自らの尊厳と名誉のために画像や動画の検証を個人的に行いたい」とのこと〉などとこの期に及んで苦しい言い訳をしながらも、〈動画・画像を見る限り、藤井氏が慰安婦像を蹴るような素振りをしたことは明らか〉として謝罪。藤井氏は11日付で同会の幹事を辞任したと発表した。

 しかし、この問題はすでに藤井氏や「慰安婦の真実国民運動」だけの話ではなくなっている。台湾メディアによれば、Facebookで防犯カメラの映像を公開した謝龍介市議は、中日台湾代表を通じて日本の安倍首相に厳正な抗議を伝えるよう求めているという。安倍首相のFacebookにも台湾出身のユーザーからこうした抗議の書き込みが殺到している。

〈私たちはこの野蛮な行為に対して謝罪を求めています〉
〈台湾の慰安婦の歴史に注意を払うように日本人に頼んでください!〉
〈日本の首相は、台湾の人々に謝罪するために、非難の声明を出すよう求められている〉

 しかし、安倍首相がこの問題について何らかの見解を表明することなどないだろう。

 なぜならば、この藤井実彦氏なる人物は、安倍首相の子飼い議員たち昵懇の関係にあり、慰安婦問題などの歴史修正主義運動で手を取り合ってきたからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

台湾で“慰安婦像に蹴り”藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。台湾和田政宗杉田水脈編集部藤井実彦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
2 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
3 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
4 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
5 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
6 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
9 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
10 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
11 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
12 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
13 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
14 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
15 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
16 入管法改正をケント・ギルバートが批判
17 維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
19 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
20 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
11 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
12辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
18維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄