台湾で“慰安婦像に蹴り”藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
台湾で慰安婦像に蹴り藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版の画像1
和田議員と藤井氏の共著『村山談話20年目の真実』(イースト新書)

 台湾南部の台南市に設置された慰安婦像を、右派系市民団体「「慰安婦の真実」国民運動」幹事の藤井実彦なる人物が足で蹴ったとされる事件が国際問題に発展している。産経新聞によれば「「慰安婦の真実」国民運動」は6日、中国国民党台南市支部主任委員の謝龍介市議に、慰安婦像の即時撤去を求める文書を手渡したという。台湾の中時電子報など複数海外メディアは、藤井氏が慰安婦銅像に蹴りを入れる姿が監視カメラに収められていたと伝えている。

 実際、その監視カメラの映像は台湾のYahoo!ニュースなどでも公開されており、これを見る限り、藤井氏は左足を腰の高さまであげて、慰安婦像に前蹴りをしている。藤井氏は10日、「「慰安婦の真実」国民運動」Facebook上で「報道機関各位」に宛てた「声明文」を公開。〈慰安婦像を蹴ってはいない〉〈(静止画は)意図的に加工されている〉などと陰謀を主張し、さらにはこんなことを述べていた。

〈日本から長時間かけて台湾に到着したが、同じ姿勢を長時間続けていたために足が鬱血し、痺れていたために、到着して何度もストレッチを行なっていた。その一部が、この様に切り取られたのは、現在、日本や米国でも大きな問題になっている「フェイクニュース」と同様の悪質な手口であり、私、藤井実彦と慰安婦の真実国民運動は、この悪意ある捏造に断固として抗議するものである。〉

 呆れてものも言えないとはこのことだ。動画は複数の角度のものが存在し、見れば誰にでもわかるが、藤井氏は明らかに慰安婦像に向けて脚をあげていた。また、慰安婦像の周囲には、藤井氏のほかにはハンディカムを回している関係者とみられる人物しかいない。藤井氏が足をあげる直前に慰安婦像を指差していることからも意識的であることは疑いなく、状況や仕草からして「ストレッチ」なわけがないだろう。

「声明文」は11日までにFacebookから削除され、藤井氏はTwitterのアカウントも消した。

 台湾では大きな怒りをもって受け止められている。香港メディアによれば、台湾の市民団体のメンバーら約100人が10日午後、台北市にある日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」の建物前で、藤井氏の行為に反発する抗議デモを行った。台湾の通信社・中央社によると、内政部移民署は、慰安婦像を蹴ったのが事実だと判明すれば「法的措置を取る」と発表。司法機関の調査と裁判の結果に応じ、男性を入国禁止またはビザなしでの入国を適用しないブラックリストに記載する方針を示したという(「中央社フォーカス台湾」11日付)。

 映像で確認する限り、藤井氏の行為は極めて悪質であって、品性下劣だ。12日、「慰安婦の真実国民運動」はホームページで「台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について」と題した文書を公開。〈藤井氏の主張は、「蹴っていないし、蹴る意図もない。自らの尊厳と名誉のために画像や動画の検証を個人的に行いたい」とのこと〉などとこの期に及んで苦しい言い訳をしながらも、〈動画・画像を見る限り、藤井氏が慰安婦像を蹴るような素振りをしたことは明らか〉として謝罪。藤井氏は11日付で同会の幹事を辞任したと発表した。

 しかし、この問題はすでに藤井氏や「慰安婦の真実国民運動」だけの話ではなくなっている。台湾メディアによれば、Facebookで防犯カメラの映像を公開した謝龍介市議は、中日台湾代表を通じて日本の安倍首相に厳正な抗議を伝えるよう求めているという。安倍首相のFacebookにも台湾出身のユーザーからこうした抗議の書き込みが殺到している。

〈私たちはこの野蛮な行為に対して謝罪を求めています〉
〈台湾の慰安婦の歴史に注意を払うように日本人に頼んでください!〉
〈日本の首相は、台湾の人々に謝罪するために、非難の声明を出すよう求められている〉

 しかし、安倍首相がこの問題について何らかの見解を表明することなどないだろう。

 なぜならば、この藤井実彦氏なる人物は、安倍首相の子飼い議員たち昵懇の関係にあり、慰安婦問題などの歴史修正主義運動で手を取り合ってきたからだ。

慰安婦像を蹴った藤井実彦は、安倍お気に入りの杉田水脈、和田政宗とお仲間

 そもそも藤井氏は、「論破プロジェクト」なる団体の代表を務めている人物。ホームページで〈日本をおとしめる自虐史観や、嘘と誤解に満ちた歴史観を払拭することが目的です!〉と息巻く通り、海外などに出かけて歴史修正の運動をしている団体だ。

 2014年1月にはフランスで開催された「アングレーム国際漫画祭」に“従軍慰安婦の強制連行はなかった”と主張する漫画を持ち込み、会場のブースには「従軍慰安婦?どのようにフィクションが真実となるか?」「慰安婦についての討論 性奴隷か売春婦か?」などと書かれた垂れ幕を展示しようとした。結果、主催者側から政治的な宣伝およびその内容が歴史的事実の否定を禁止する法律に触れるとの理由で、出展を禁じられている。

 なお、「論破プロジェクト」には宗教法人・幸福の科学が支援していたという報道もあり、当時の「週刊新潮」(新潮社)や「週刊ポスト」(小学館)によれば、幸福の科学広報部は「論破プロジェクト」の漫画の仏語翻訳に協力したことを認めている。また、幸福実現党から選挙に出馬もしている信者でミュージシャンのトクマ氏は「週刊新潮」の取材に対して、藤井氏は幸福の科学の会員であると述べている。

 いずれにせよ、藤井氏は以前から海外で慰安婦問題の否定などの歴史修正主義運動を展開してきたわけだが、先に触れたように、安倍首相の子飼い政治家との懇ろな関係も明らかになっている。

 たとえば、安倍首相のラブコールで自民党衆院議員となり、例の“生産性がない”発言が大きな問題となっている杉田水脈議員だ。いま、杉田氏が昨年6月9日にTwitterにアップした藤井氏とのツーショット写真が話題になっているが、これは同月、スイスの国連欧州本部で開催された国連人権理事会に藤井氏と杉田氏が仲良く参加したときのもの。この人権理事会でも藤井氏は慰安婦問題を矮小化するスピーチを行なっていた。

 また、産経新聞によれば、杉田氏は「韓国政府は日本たたきのためにネット上に捏造した歴史やプロパガンダを拡散するための半官半民組織に資金を拠出し、扇動している」などと訴えたという。杉田議員もツイートで藤井氏をサポートしたことを書いていたが、いわば歴史修正運動で一体化しているお仲間というわけだ。

 ちなみに杉田議員は過去に、慰安婦像について「慰安婦像を何個立ててもそこが爆発されるとなったら、もうそれ以上、建てようと思わない。立つたびに一つひとつ爆破すればいい」(『「歴史戦」はオンナの闘い』PHP研究所)などと、今回の件に通じるような発言をしたこともある。

 杉田議員だけではない。こちらもまた安倍首相のお気に入りである自民党広報副本部長・和田政宗参院議員も藤井氏と昵懇の仲であり、2015年には『村山談話20年目の真実』(イースト新書)という共著まで出している。

 和田議員は藤井氏や「新しい歴史教科書をつくる会」元会長の藤岡信勝氏、元次世代の党衆院議員の田沼隆志氏とともに「村上談話検証チーム」なるものを結成、同書の後半には彼らの鼎談が収録されている。和田氏が、安倍談話に「侵略と植民地という事実ではない文言により、多くの国民に多大な損害と苦痛を与えました」と入れるべきなどと提案すると、藤井氏らが「(大笑)」するなど、グロテスクな歴史修正主義がむき出しだ。

“慰安婦像蹴撃”の背景に安倍政権の慰安婦否定とグロテスクな歴史修正主義

 他にも、自民党の片山さつき参院議員が藤井氏とネット番組で共演するなど、これだけみても、自民党の極右ネトウヨ議員たちと藤井氏がほとんど一体化していることは明らかだろう。とりわけ、安倍首相が自民党に招き入れた杉田・和田両議員との昵懇な関係が意味するのは、今回の台湾での慰安婦像蹴撃事件は、単にファナティックな極右運動家の“おふざけ”では決してなく、安倍政権がつくり上げている流れと地続きにあるということだ。

 事実、いうまでもなく安倍首相自身が慰安婦問題を否定する歴史修正主義の旗手だ。若手時代には、自民党の勉強会で慰安婦の強制連行否定論をまくしたて、あげく「実態は韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやっているわけですね。ですから、それはとんでもない行為ではなくて、かなり生活の中に溶け込んでいるのではないかとすら私は思っているんです」などと、“韓国は娼婦国家”という趣旨の発言までしている。

 さらに第二次政権以降も、韓国での慰安婦像(少女像)設置に猛反発し、駐韓大使を一時帰国させるなどの圧力を続けている。先月行われた国連人種差別撤廃委員会でも日本政府代表が“強制性は吉田清治証言と朝日新聞が捏造した空想の産物”とデマをばらまいたのも記憶に新しい(過去記事参照)。https://lite-ra.com/2018/08/post-4197.html


 こうした安倍政権の慰安婦問題の否定に象徴される歴史修正主義の潮流が、今回の“慰安婦像を蹴る”という信じがたい行為の背中を押し、お墨付きを与えていると言っても過言ではない。本来ならば、安倍首相は、日台関係を揺るがしているこの問題に素早く反応し、台湾や元慰安婦の人々に謝罪すべき立場にもかかわらず、いまだにだんまりを続けていることがその証左だろう。

 日本の侵略や戦争犯罪を否定し、あろうことか慰安婦の像まで蹴ろうとする行為は愚の骨頂であり、とうてい許されないことは言うまでもない。だが、それだけでなく、こういった恥知らずの極右運動を放置している日本政府、ましてや安倍首相が寵愛する議員たちが連携しているという事実についても徹底して批判すべきだ。このままでは安倍首相のせいで、日台関係の悪化だけではなく、この国が国際社会から孤立してしまうことになるだろう。

最終更新:2018.09.13 12:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

台湾で“慰安婦像に蹴り”藤井実彦と安倍政権歴史修正主義の蜜月! 杉田水脈と国連に同行、和田政宗と共著出版のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。台湾和田政宗杉田水脈編集部藤井実彦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 指原莉乃が山口真帆の卒業公演の視察に同伴した男!
2 安倍首相がトランプ接待で「大相撲の伝統」破壊
3 つんく♂が秋元のメンバー差別に
4 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
5 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
6 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
10 部落差別問題で長谷川豊と維新が露呈したトンデモぶり
11 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
14 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
15 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
18 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 安倍首相が新天皇に内奏の夜、「ドアまで送ってくれた」と自慢
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄