木村拓哉はタブーの“父親ネタ”使いPRも…主演映画『検察側の罪人』めぐりジャニーズと原作版元の文春が大揉め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kensatsugawa_01_180820.jpg
7月より並んだ小説『検察側の罪人』の新全面帯。そこに木村・二宮の写真はなく…

 木村拓哉がついに最大のタブーを破った。8月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で、次女でモデルのKoki,について「ふと見たら、1番何でもなく過ごしていたので、あ、これ大丈夫だな、って思った」「自分たちの心配が必要なかったです」などと娘について具体的に語ったのだ。

 木村が家族や子どものことを語ったことはこれまで一度もない。それがこんなリップサービスをしたというのは、24日に公開される映画『検察側の罪人』のプロモーションのためだ。

「木村としては、『検察側の罪人』はどうしてもヒットさせなきゃいけないんです。騒動から1年たつのに、木村はSMAP解散のマイナスイメージから全く脱却できておらず、人気は低落の一途をたどっている。テレビの視聴率も低迷し、映画も前作は観客動員がひどかった。今回は、嵐の二宮和也をわざわざ共演にもってきてるのに、これでダメだったら、もうおしまいという烙印を押されかねない。それで、なりふりかまわぬ話題作りに走って、最後の切り札である“よき父親”というブランドを使って、イメージアップ作戦を始めたということのようです。実際、『ミヤネ屋』の少し前には、東京FMの自分の番組でも、明石家さんまが自分のすごいところを“父親であること”だと言ってくれた、というエピーソードをわざわざもちだし、『今でもそれが支えになっている』と語っていたでしょう」(スポーツ紙ジャニーズ担当記者)

 しかし、家族の話というのはジャニーズにとっても、タブーだったのではないか。

「“父親押し”はもちろんジャニーズ事務所も承諾ずみです、週刊誌や我々にも、娘の話どんどん書いてくれ、と言ってきています。木村人気を復活させる、というのは、メリー喜多川副社長の至上命令ですから、もう手段を選んでられないといところでしょう」(前出・スポーツ紙担当記者)

 家族の話を口にするどころか、タレントの結婚じたいをつぶそうとしてきたジャニーズが“父親”エピソードをプロモーションに使うようになるとは、隔世の感あるが、結局、ジャニーズも時代の波には勝てないということらしい。

 実際、ジャニーズはタレントの結婚問題以外でも、色々と変化が出てきている。その典型がネット対応だ。ジャニーズは周知のように、2016年4月にこれまで頑なに拒否してきたネットへの画像やコンテンツ提供を解禁したが、それおをさらに加速させている。SNS解禁、ファンクラブイベントのLINE LIVE生配信、YouTubeで『ジャニーズJr.チャンネル』まで開設した。

 そして、このジャニーズのネット戦略の尖兵になっているのが、ほかでもない木村拓哉だった。2017年11月には、LINEのキャンペーンキャラに就任、木村の特別スタンプが期間限定で発売されドラマ『BG〜身辺警護人〜』放送時には公式アカウントも開設された。また、今月5日には、なんと映像配信サービスGYAO!で冠バラエティ『木村さ~~ん!』がスタートした。

「独立した「新しい地図」のネット戦略に対抗してるんでしょう。でも、全く話題になっておらず、業界では、飯島三智さんのやってることを一周遅れでやってどうするんだ、という冷ややかな声も聞こえてきます」(テレビ関係者)

 しかも、ジャニーズはこうしたピント外れの路線転換の一方で、まったく代わり映えのしない頑迷な姿勢も見せつけている。『検察側の罪人』の原作本の帯に、木村、二宮の写真を使うことを拒否したというのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

木村拓哉はタブーの“父親ネタ”使いPRも…主演映画『検察側の罪人』めぐりジャニーズと原作版元の文春が大揉めのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ二宮和也文藝春秋木村拓哉林グンマ検察側の罪人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
2 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
5 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
6 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
9 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
10 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
11 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
12 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
13 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
14 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
17 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
18 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
19 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
20 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
9岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
14病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
17入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄