木村拓哉はタブーの“父親ネタ”使いPRも…主演映画『検察側の罪人』めぐりジャニーズと原作版元の文春が大揉め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kensatsugawa_01_180820.jpg
7月より並んだ小説『検察側の罪人』の新全面帯。そこに木村・二宮の写真はなく…

 木村拓哉がついに最大のタブーを破った。8月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で、次女でモデルのKoki,について「ふと見たら、1番何でもなく過ごしていたので、あ、これ大丈夫だな、って思った」「自分たちの心配が必要なかったです」などと娘について具体的に語ったのだ。

 木村が家族や子どものことを語ったことはこれまで一度もない。それがこんなリップサービスをしたというのは、24日に公開される映画『検察側の罪人』のプロモーションのためだ。

「木村としては、『検察側の罪人』はどうしてもヒットさせなきゃいけないんです。騒動から1年たつのに、木村はSMAP解散のマイナスイメージから全く脱却できておらず、人気は低落の一途をたどっている。テレビの視聴率も低迷し、映画も前作は観客動員がひどかった。今回は、嵐の二宮和也をわざわざ共演にもってきてるのに、これでダメだったら、もうおしまいという烙印を押されかねない。それで、なりふりかまわぬ話題作りに走って、最後の切り札である“よき父親”というブランドを使って、イメージアップ作戦を始めたということのようです。実際、『ミヤネ屋』の少し前には、東京FMの自分の番組でも、明石家さんまが自分のすごいところを“父親であること”だと言ってくれた、というエピーソードをわざわざもちだし、『今でもそれが支えになっている』と語っていたでしょう」(スポーツ紙ジャニーズ担当記者)

 しかし、家族の話というのはジャニーズにとっても、タブーだったのではないか。

「“父親押し”はもちろんジャニーズ事務所も承諾ずみです、週刊誌や我々にも、娘の話どんどん書いてくれ、と言ってきています。木村人気を復活させる、というのは、メリー喜多川副社長の至上命令ですから、もう手段を選んでられないといところでしょう」(前出・スポーツ紙担当記者)

 家族の話を口にするどころか、タレントの結婚じたいをつぶそうとしてきたジャニーズが“父親”エピソードをプロモーションに使うようになるとは、隔世の感あるが、結局、ジャニーズも時代の波には勝てないということらしい。

 実際、ジャニーズはタレントの結婚問題以外でも、色々と変化が出てきている。その典型がネット対応だ。ジャニーズは周知のように、2016年4月にこれまで頑なに拒否してきたネットへの画像やコンテンツ提供を解禁したが、それおをさらに加速させている。SNS解禁、ファンクラブイベントのLINE LIVE生配信、YouTubeで『ジャニーズJr.チャンネル』まで開設した。

 そして、このジャニーズのネット戦略の尖兵になっているのが、ほかでもない木村拓哉だった。2017年11月には、LINEのキャンペーンキャラに就任、木村の特別スタンプが期間限定で発売されドラマ『BG〜身辺警護人〜』放送時には公式アカウントも開設された。また、今月5日には、なんと映像配信サービスGYAO!で冠バラエティ『木村さ~~ん!』がスタートした。

「独立した「新しい地図」のネット戦略に対抗してるんでしょう。でも、全く話題になっておらず、業界では、飯島三智さんのやってることを一周遅れでやってどうするんだ、という冷ややかな声も聞こえてきます」(テレビ関係者)

 しかも、ジャニーズはこうしたピント外れの路線転換の一方で、まったく代わり映えのしない頑迷な姿勢も見せつけている。『検察側の罪人』の原作本の帯に、木村、二宮の写真を使うことを拒否したというのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

木村拓哉はタブーの“父親ネタ”使いPRも…主演映画『検察側の罪人』めぐりジャニーズと原作版元の文春が大揉めのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ二宮和也文藝春秋木村拓哉林グンマ検察側の罪人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
7 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
8 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
9 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
15 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
16 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 小栗旬が芸能界を痛烈に批判
19 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
20 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
4甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
7岸田内閣の新閣僚はカネまみれ!鈴木財務相、金子農水相、後藤厚労相らも
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
12すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
13眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄