『この世界の片隅に』ドラマ版とアニメ映画版の間で何が? ドラマの「special thanks to」に映画制作委は「一切関知しない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『この世界の片隅に』ドラマ版とアニメ映画版の間で何が? ドラマの「special thanks to」に映画制作委は「一切関知しない」の画像1
物議を醸す実写版『この世界の片隅に』(TBS公式HPより)

  7月15日より放送がスタートしている実写ドラマ版『この世界の片隅に』(TBS)。こうの史代による原作漫画『この世界の片隅に』(双葉社)には存在しない「現代パート」が付け加えられていることなどが物議をかもしているが、7月29日放送の第3話は広島地区で22.5%(関東地区では9%)を記録するなど、好調を維持している。

 そんななか、2016年に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』の製作委員会がツイッターにこんな文章を投稿した。

〈現在放送中の漫画『この世界の片隅に』を原作とする実写ドラマに「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」と表記されておりますが、当委員会は当該ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません。
2018年7月24日「この世界の片隅に」製作委員会〉

 映画『この世界の片隅に』製作委員会側はこのような文言を投稿するにいたった具体的な理由を明かしていないが、推測することはできる。

 実は、ドラマ版『この世界の片隅に』は演出や構図、時代考証をアニメ映画版『この世界の片隅に』からそのまま使っているではないかという問題が指摘されてきたからだ。

 そのひとつとして具体的にあげられているのが、1話で放送された祖母の家に行くシーンでのカット。すず、すみ、要一の兄妹が草津に住むおばあちゃんの家に行くため、潮の引いた海を徒歩で渡っていくのだが、そのシーンではドローン撮影を活用し、空撮で広大な干潟を引きの画で見せていた。

 これとまったく同じ構図のカットがアニメ映画版の『この世界の片隅に』にある。しかし、原作漫画にはない。確かに、原作漫画にも干潟を渡って祖母の家に行くシーンはあるし、空から見た構図で広大な干潟を見せるカットもあるのだが、アニメ映画と連続ドラマが採用したものとは若干異なる。

 ドラマ製作陣も映画はもちろん観ているだろうし、参考にしている部分は多々あるのだろう。だからこそ「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」とのクレジットをつけたのだと思われる。

 しかし、それでもドラマ版『この世界の片隅に』にまつわる一連の作品づくりは、「オマージュ」というよりも「パクリ」という認識を映画ファンに与えたようだ。というのも、アニメ映画『この世界の片隅に』は、一般的な映画づくりとはいささか異なる成り立ちをしている映画だからかもしれない。映画評論家の町山智浩氏はこのようにツイートしている。

〈アニメ映画『この世界の片隅に』は製作準備段階での片渕須直監督の自腹を切り生活費を切り詰めての独自調査による精密な考証の結晶であり、その考証自体に著作権があると考えてもいいほどです。同じ原作を映像化する際、映画版の考証を利用するなら片渕監督の許可が必要だと思います〉

 町山氏が指摘する通り、『この世界の片隅に』製作のために片渕須直監督が重ねた時代考証はすさまじいものがある。

 片渕監督は「美術手帖」(美術出版社)2017年2月号で精神科医の斎藤環氏と対談を行っているのだが、そこで語られたあまりに詳細過ぎる時代考証は斎藤氏を絶句させた。

「描きたい時代が、昭和8年を起点の何年にもわたっているので、店の一軒一軒について。建物がどう変遷したかを調べました」
「その中では、写真に写っていないために、地元の人も覚えていない土地の事実も判明しました。電柱と鈴蘭灯の位置も、いくつもの写真から推測し、再現しています」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『この世界の片隅に』ドラマ版とアニメ映画版の間で何が? ドラマの「special thanks to」に映画制作委は「一切関知しない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBSこの世界の片隅に片渕須直町山智浩編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
11 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
14 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 太田光が選挙特番で高市早苗を追及し絶句させる奮闘ぶり
17 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
18 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄