安倍首相の豪雨対策そっちのけ自民飲み会参加に非難轟々! 一緒に大はしゃぎの安倍側近は言い訳のためデマ拡散

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

西村官房副長官、災害は「山を越えた」「自衛隊員2万人が救助活動中」とデマツイートを連発

 しかも、問題はこのあと。西村官房副長官は、投稿文をこう締めくくっているのである。

〈現在、京都、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡の各府県で自衛隊員約21,000名が人命救助など活動中。〉

 じつは、これもデマだった。実際、自衛隊の救助態勢について、8日の毎日新聞の朝刊は以下のように伝えている。

〈防衛省によると同日(注・7日)夕現在、京都、高知、福岡、広島、愛媛、岡山、山口の7府県からの災害派遣要請を受け、自衛隊は約600人態勢で、土砂崩れ現場での救助、孤立地域からの輸送、洪水対策などにあたっている。西日本の陸上自衛隊を中心に約2万1000人が救助要請などに即応できるよう待機している〉

 ようするに、実際に7日時点で救助などの活動に当たっていた自衛隊員は約600人に過ぎず、2万1000人は「待機」していただけだったのだ。それを西村官房副長官は、「約21,000名が人命救助など活動中」だとデマを喧伝したのである。

 総理出席の飲み会ではしゃぎ、それをごまかすために危機感を促すべきタイミングで〈山を越えた〉などと拡散させ、挙げ句、非常災害対策本部も立ち上げないままに虚偽の情報を流して、あたかも万全の救助態勢であるかのように装う──。西村官房副長官は前述した著書のなかで、自身の災害対応を振り返った後に、日本は〈世界の防災のリーダー国〉なのだと胸を張っているが、デマを流すような官房副長官がいる国の、一体どこが防災リーダー国なのだろうか。

 そして、最大の責任者は、このような人物を防災担当に据えた安倍首相である。そもそも、安倍首相こそが、頻発してきた災害に対して毎度毎度、信じがたい対応をとってきた。

 事実、2014年の広島土砂災害では、8月19日に豪雨によって土砂崩れが発生。このとき安倍首相は山梨県の別荘で過ごしていたのだが、翌20日午前6時30分に「政府の総力を挙げて被災者の救命・救助などの災害応急対策に全力で取り組む」と宣言。そのまま官邸に入り対応にあたると思いきや、なんと官邸ではなく富士桜カントリー倶楽部に向かい、日枝久・フジテレビ会長(当時)や笹川陽平・日本財団会長らとゴルフに興じたのだ。

 これだけではない。2015年の関東・東北豪雨では、孤立して救助を待つ人びとや不明者も多数いるなか、インターネットテレビ「言論テレビ」に生出演し、櫻井よしこや田久保忠衛・日本会議会長とともに「歴史的使命を完うする覚悟と戦略」と題して安保法制の必要性をアピール。また、昨年は、G20首脳会談出席のための外遊中に九州北部豪雨が発生したが、その後、被害が深刻化するなかにあって安倍首相はG20閉会後も外遊を続行。結局、1日だけ予定を早めて7月11日に帰国したが、緊急性もない外遊を続行させたのは、同月10日に開かれた加計問題追及の閉会中審査に出席したくないからではないかとも囁かれた。

 災害が起こっても、ゴルフをプレーし、お仲間の極右ネット番組に生出演し、閉会中審査に出たくないばかりに外遊先から帰国しない。そして今年もまた、総裁選に向けた選挙活動に励む一方で被災地を無視しつづけ、非常災害対策本部の立ち上げは遅れに遅れた──。総理大臣がこの有り様なのだから、安倍政権の面々が災害にも目もくれずどんちゃん騒ぎを繰り広げ、側近がデマを流すのも、当たり前なのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相の豪雨対策そっちのけ自民飲み会参加に非難轟々! 一緒に大はしゃぎの安倍側近は言い訳のためデマ拡散のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。上川陽子吉野正芳安倍晋三小渕優子災害竹下亘自民党西村康稔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝が森友事件モデルのドラマに圧力で脚本改ざん?
2 大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
3 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
4 “自衛隊OB軍事評論家の子女”防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑
5 安倍が甘利明を党三役に起用、改憲の旗振り役に
6 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
7 産経が「慰安婦を強制連行」と報道!
8 加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
9 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
10 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
11 林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
12 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
13 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
14 グッディ!土田マジギレ真の原因
15 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
16 菅に日歯連から3000万円迂回献金
17 安保擁護・戦争協力者ランキング後編
18 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
19 つんく♂が秋元のメンバー差別に
20 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
1安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
2大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
33選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
4“自衛隊OB軍事評論家の子女”防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑
5安倍が甘利明を党三役に起用、改憲の旗振り役に
6「新潮45」でLGBT攻撃!小川榮太郎と安倍の関係
7沖縄県知事選で佐喜真陣営が予算をエサに建設業者を動員
8 「新潮45」杉田水脈擁護に安倍応援団揃い踏み
9 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
10 テレ朝が森友事件モデルのドラマに圧力で脚本改ざん?
11加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
12神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
13 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
14 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
15安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
16樹木希林が辺野古に現れた日
17安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
18 “慰安婦像に蹴り”人物と杉田水脈、和田政宗の関係
19沖縄県知事選で創価学会幹部が暗躍
20安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄