安倍政権の「高プロ法案」強行採決を許していいのか! 実際は年収300万円にも適用可能、過労死続出は確実…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

高プロ法案が成立したらほとんどの人が“働かされ放題”に

 しかも、いったん法律が成立してしまえば、その後に年収要件や対象職種は国会審議の必要ない省令等でいくらでも拡大できる。そもそも、裁量労働制拡大や高プロ導入は経済界の強い要望からなるものだが、経団連の榊原定征会長は2015年に「制度が適用される範囲をできるだけ広げていってほしい」と語っていた。また同年には、当時の塩崎恭久厚労相が経済界の会合で「(法案は)小さく産んで大きく育てる。とりあえず通すことだ」などと述べている。

 もともと限定的業種のみを対象にしていたはずの労働者派遣法がいまではほとんどの業種に拡大適用されたように、このまま働き方改革法案が通れば、いずれはすべての人が“働かされ放題”になるのは火を見るよりも明らかだ。

 他にも、この一括法案では高プロだけでなく、「時間外労働の上限規制」も問題視されている。一見、残業の時間を法規制するというのは労働者を守るように思えるが、実際の法案では、繁盛期の上限は「月100時間」とされており、これは労災認定の目安になる過労死ラインと同じだ。ようするに、この法案には労働者の目線が一欠片もなく、完全に使用者側=経済界の利益だけを追及する内容になっているのである。

 こうした欠陥だらけの高プロと上限規制を中心とする働き方改革法案に対しては、野党だけでなく、家族を過労で亡くした遺族たちも強く反対の声をあげている。過労死遺族の人たちでつくる「全国過労死を考える家族の会」は、昨日、官邸前で法案に反対する座り込みの抗議をおこなった。「過労死を考える家族の会」は安倍首相に面会を求めてきたが、いまだに返答はないという。

 衆院厚労委員会の参考人招致では、同会の代表世話人であり、自身も夫を過労自殺で亡くしている寺西笑子さんが、このように訴えた。

「そもそも働き方改革の関連法法案は、安倍総理大臣が委員長になり、政府主導で推し進めてきたものです。(中略)先進国日本と言われている、その政府の先頭に立っている方が、まさか命に関わる法案を、丁寧な審議をせず、過労死遺族の声を聞かず、教訓を学ぼうとしない。世論の大半が反対している法案を強行採決するという暴挙は、やめてください」

 安倍政権が謳う「働き方改革」とは、経済界だけに尻尾を振って、人々を過労死させる“働かせ方”に突き進むものだ。こんな法案は決して通させてはならない。野党は何が何でも強行採決を阻止するべきだ。

最終更新:2018.05.23 07:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍政権の「高プロ法案」強行採決を許していいのか! 実際は年収300万円にも適用可能、過労死続出は確実…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。働き方改革加藤勝信編集部過労死高度プロフェッショナル制度の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
2 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
3 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
4 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
5 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
8 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
9 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
10 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
13 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
16 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
19 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
20 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
10悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
19産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄