和田政宗を「なんなのコイツ」と批判した坂上忍に、和田信者のネトウヨたちが「在日」と差別攻撃! Wikipediaも改ざん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

和田信者がWikipediaの「在日韓国人三世」書き込みをもとに坂上忍を攻撃

 知性溢れるボキャブラリーには絶句するが、まあ、あの麻生太郎財務相のことまで「反日売国」と攻撃していた方々である。これだけならさもありなんという感じもする。問題はそこではなく、こんなツイートが散見されたことだ。

〈あっ、坂上忍って在日なのね 全てに納得いったわ さ、韓国にお帰りください 日本の政治は「日本国民」が決める 他国の人間が口を出すな〉
〈坂上忍!在日だったのか!じゃあ、納得。早く芸能界から消えるのを希望〉
〈坂上忍は在日三世だと知って、力いっぱい納得。品がないし、なにより前科ありで民度低いもの。〉
〈坂上忍さんも在日だそうで。いまだ韓国籍だし。もりかけ問題はすでに、日本対在日(裏に中国と反日)の戦争になってるよ。〉
〈坂上忍、在日韓国三世なの どおりで・・・日本人だと思ってたから怒りがこみあげてたけどそういう事か。愛情の裏返しや知識不足じゃなかったのね。「日本が嫌い、日本国益を収奪」それが目的だったのね。〉

 念のため言っておくが、「在日」という言葉自体は、本来、在日朝鮮人・韓国人を意味する言葉として流通していたもの。しかし、2000年代にネットが普及し、排外主義が台頭すると、右派やネトウヨによる左派・リベラル派への攻撃として「在日」がスラング化し、護憲や人権、反原発を口にする者はもちろん、自分たちが贔屓にする自民党の極右政治家に対する批判的な意見へのカウンターとして、片っ端から「在日」という言葉を浴びせ始めた。

 こうした脊椎反射的な「在日」攻撃も、在日コリアンに対するグロテスクな差別意識を背景にしているのは明らかで、到底許せるものではないが、今回の坂上への攻撃はそれよりももっと具体的だった。

 実際、Yahoo!のリアルタイム検索機能で調べると、23日の放送直後から、Twitterで突然、坂上が「在日韓国人三世」で本名を「姜忍訓(カン・インフン)」とする書き込みが急増している。

 実はこれには理由があった。ネトウヨ連中が根拠としていたのは、ネット百科事典「Wikipedia」上の坂上忍の項目。21日14時に、あるユーザーがソースなしで「在日韓国人三世」で「本名は姜忍訓」なる記載を加えていたのだ。この書き込みは、23日に一旦別のユーザーによって元に戻されるも、同日に何度も「在日」等に書き換える荒らしが発生し、24日現在、保護項目になっている。

 実は、坂上は20日の『バイキング』でも、改ざん問題を徹底批判しており、和田議員の質問について「あまりにも見苦しい」と一刀両断していた。それと、Wikipediaの荒らしが連動しているのかは不明だが、いずれにしても、この「在日韓国人三世」で「本名は姜忍訓」なる書き込みはネトウヨによるデマ攻撃の可能性が非常に高い。

 そして、23日の『バイキング』での和田批判のあと、和田信者たちがこのWikipediaの記述を使って、坂上に対する「在日攻撃」を始めたのだ。

「差別デマ」をつくりだして自分たちへの批判者を攻撃する卑劣なやり口は、安倍応援団の特徴だが、今回もその典型的なやり口と言っていいだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

和田政宗を「なんなのコイツ」と批判した坂上忍に、和田信者のネトウヨたちが「在日」と差別攻撃! Wikipediaも改ざんのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Wikipediaバイキング和田政宗坂上忍編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
5 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 東京五輪が日中戦争でなくなる?
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄