佐川国税庁長官クビ切りで幕引き許すな! 問題の核心にいるのは安倍首相と昭恵夫人だ! 官邸の関与を徹底追及せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
佐川国税庁長官クビ切りで幕引き許すな! 問題の核心にいるのは安倍首相と昭恵夫人だ! 官邸の関与を徹底追及せよの画像1
昨年3月、国会で答弁する佐川氏(参議院インターネット審議中継より)


 佐川宣寿国税庁長官が辞任──。毎日新聞の追撃に朝日新聞の続報、そして近畿財務局の担当部署職員の自殺を受けて、安倍政権がついに佐川切りに動いたのだ。

 しかし、佐川氏の辞任は遅すぎるくらいだ。「破棄した」と言い張っていた文書は出てくるわ、「契約手続きの前に土地の鑑定価格等を示した事実はない」という強弁も音声データによって嘘だと発覚。この虚偽答弁だけでも辞任に値するものだが、にもかかわらず、国税庁長官に“昇進”させた上、国会招致を求める声も無視し、「適材適所だ」などと佐川氏を評価してきたのは、もちろん安倍首相である。

 その安倍首相が佐川切りに動いたのは、やはり今朝の朝日新聞の続報と、近畿財務局職員の自殺が影響しているのは間違いない。

 今朝の朝日新聞の記事では、改ざんがおこなわれた決裁文書の「調書」では、「貸付契約までの経緯」という項目が改ざん後はまるまるなくなっていた。そして、その項目には、森友側からの要望について近畿財務局が〈本省理財局に相談した〉と記載されていたり、森友との貸付契約が〈特例的な内容となる〉ことについて、〈理財局長の承認を得て処理を行う〉と記し、2015年4月30日付で承認を得たと書かれていたという。

 森友との「特例」契約は、近畿財務局内だけではなく本省の理財局長の承認を得ていた。つまり、財務省も「特例」を認めていたのだ。

 しかし、傷を小さくしたい政府は、近畿財務局に責任を押し付けるかたちで収束をはかろうと画策し、改ざんがおこなわれた昨年2月の責任者である美並義人・近畿財務局長の首切りを検討していたと伝えられている。

 また、昨晩には、土地取引がおこなわれていた当時の近畿財務局長である武内良樹・財務省国際局長が官邸に出向いており、ここできょう報じられた近畿財務局職員が自殺したことの対応を協議したと思われる。口裏合わせをおこない、担当者に責任を被せるシナリオを描いたという可能性もあった。

 だが、この職員は遺書を遺しており、そこには改ざんのことが書かれていたともいわれ、この遺書について近畿財務局は遺族に「口外しないように」と口封じしたとも伝えられている。さらには、改ざん前の決裁文書が自宅から見つかったという情報まである。

 こうしたことから、近畿財務局に責任を押し付けると世論の反発を受けることを想定し、批判の矛先を向けられてきた佐川国税庁長官を切ることで幕引きしようと判断したとみられる。

 しかし、佐川国税庁長官の辞任は遅すぎる上、当然の話であって、佐川氏のような事務方の首を切ったところで、何も終わらない。

 改ざん問題以前に、毎日新聞の報道であきらかになったように、財務省は森友との土地取引を「特殊」「特例」であると認め、不当な値引きをおこなって契約を結んでいたことは明白な事実だ。

 いくら籠池夫妻が押しの強いタイプとはいえ、たんなる学校法人が受けられる優遇措置ではない。森友の何が「特殊」「特例」だったのか。そうして考えていけば、名誉校長まで務めていた総理大臣の妻・昭恵夫人に行き着くのである。

 佐川氏の首をはねてトカゲの尻尾切りをしても、森友問題は幕引きできない。昭恵夫人の証人喚問は無論、なにより昭恵夫人の関与が引き出した「特例」「特殊」という案件を表沙汰にしないために公文書改ざんの指示を出したであろう官邸の関与を追及すること。これがなされなければ、まったく意味はないのだ。

最終更新:2018.03.09 07:23

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

佐川国税庁長官クビ切りで幕引き許すな! 問題の核心にいるのは安倍首相と昭恵夫人だ! 官邸の関与を徹底追及せよのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐川宣寿森友学園編集部財務省の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
3 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
4 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
7 山本太郎を評価せよ!
8 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
9 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
10 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
13 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 安倍首相にマッチョ批判
16 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
4NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8『報ステ』がまた政権批判アナ排除
9安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
10安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
11高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
12安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
18 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
19百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
20 沖縄県民投票の原動力となった元山仁士郎氏を直撃

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄