元大関・把瑠都出演でも話題!LGBTの日常を描いたドラマ『弟の夫』が放送!原作者の田亀源五郎が訴える“無自覚な差別”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otouto_01_20171226.png
再放送される『弟の夫』(NHKオンラインより)


 本日の夜10時より、佐藤隆太と元大関の把瑠都の出演するドラマ『弟の夫』(NHK BSプレミアム)で放送される。

 この作品は田亀源五郎氏による漫画の実写化。シングルファーザーとして子育てに奮闘する弥一(佐藤隆太)のもとに、ある日突然、弥一の双子の弟・涼二の結婚相手であると称した謎のカナダ人・マイク(元大関・把瑠都)が訪れ、不思議な同居生活が始まる、というストーリー。

 この作品は「同性愛」というある種センセーショナルに捉えられがちな題材を描きつつも、登場人物たちの日常は穏やかだ。その根底には「家族とはなにか」「多様性とはなにか」「人と人が理解し合うということはなにか」という普遍的なメッセージが流れている。

 それは、自民党の改憲草案が提示する「家族条項」が象徴するような「家族とはこうあるべし」という押し付けが激しくなっている現状への静かなアンチテーゼであり、『弟の夫』はそんな状況の「いま」だからこそ多くの人に届くべき作品である。

 本サイトでは、このドラマ化決定のニュースが流れた際に、田亀氏のエッセイ集『ゲイ・カルチャーの未来へ』(Pヴァイン)とともに、『弟の夫』を紹介する記事を配信している。ここに再録するので、是非読んでほしい。より一層深くドラマを楽しむことができるはずだ。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

元大関・把瑠都出演でも話題!LGBTの日常を描いたドラマ『弟の夫』が放送!原作者の田亀源五郎が訴える“無自覚な差別”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。LGBTNHK佐藤隆太弟の夫把瑠都編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
5 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
6 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
7 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
8 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
9 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
10 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
11 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
14 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
15 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
16 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
17 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
18 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄