リテラの新年特別企画●フェイクニュース大賞(前編)

ニュース女子、辻元清美生コン…リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、まずは悪辣ぞろいの部門賞発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_171230.jpg
首相官邸ホームページより


 謹賀新年。年末にはテレビでも「今年の10大ニュース」的な振り返りを散々やっていたと思うが、リテラでは、この年明け、2017年に報じられた「ニュース」のなかから、記憶に残しておきたいデマ、謀略報道、嘘八百を選び、「フェイクニュース」大賞を選定することにした。
 2017年は、森友・加計問題へのカウンターとして官邸、安倍応援団メディアから、謀略によるフェイクニュースが山ほど流されたばかりか、産経新聞やテレビのワイドショーまでが、ネトウヨデマを拡散するという状況が現出したからだ。
 振り返ると、うんざりするか笑うしかないトンデモばかりだが、そのなかにはいまもネットで“真実”として流通しているものも少なくない。
 あらためてその「フェイク」ぶりを検証しつつ、まずは前編で、4つの部門賞を発表していこう。

★厚顔無恥居直り賞
「基地反対派に日当」の沖縄ヘイトデマでBPOに意見されても『ニュース女子』は反省なし

「フェイクニュース」が新語・流行語大賞のトップ10に選ばれた2017年、新年早々に『ニュース女子』(TOKYO MX)が垂れ流した沖縄米軍基地反対運動をめぐるヘイトデマは大きな社会問題となった。
 先日、BPOの検証委員会が公表した意見書では、あらためてその杜撰な番組制作の実態が浮き彫りに。たとえば、番組では地元住民による「防衛局、機動隊の人が暴力をふるわれているので、その救急車を止めて、現場に急行できない事態が、しばらく、ずーっと続いていたんです」という証言を紹介し、高江ではヘリパッド建設反対派によって救急車が妨害されていると伝えた。
 しかし、検証委員会が高江地区への救急車の出動を管轄する国頭地区行政事務組合消防本部消防長に聞き取り調査をしたところ、その説明は〈2016年7月から12月までの間に、高江地区ヘリパッド建設現場付近からの通報は、20件あった。20件のいずれについても救急車の通行を妨害された事実はない〉というもの。そして、番組制作会社から放送前に取材を受けたこともなかったという。
 また、番組では「往復の飛行機代相当、5万円を支援します」と書かれているチラシが東京で配られていたこと、さらに普天間基地の周辺で「2万円」と書かれた茶封筒が発見されたことを紹介し、「反対派は日当をもらっている!?」「何らかの組織に雇われているのか」などと報じたが、検証委員会はこの茶封筒の証言者に聞き取り調査を行なった結果、〈本件放送で示した茶封筒 15 のカラーコピーや人権団体のチラシは、基地建設反対派は誰かの出す日当をもらって運動しているという疑惑を裏付けるものとは言いがたい〉と判断。こうしたことから、検証委員会は〈重大な放送倫理違反があった〉と結論づけた。
 このように『ニュース女子』の報道がフェイクであることはBPOからも指摘されたのだが、DHCテレビジョンと制作会社ボーイズは反省の姿勢をみじんも見せない。デタラメな取材、根拠なしの放送にもかかわらず「誹謗中傷には屈しない」などと言い張り、事実、昨年12月までDHCテレビはYouTubeの公式チャンネルから問題の放送回を削除も訂正もせず放置してきた。そして、「マスコミが報道しない沖縄 続編」と題して自己正当化を繰り返し、さらなるヘイトデマを塗り重ねた3月のネット放送回は、今でも公式にそのまま残されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ニュース女子、辻元清美生コン…リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、まずは悪辣ぞろいの部門賞発表!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。2ちゃんねるニュース女子フェイクニュース安倍晋三山口敬之有本香産経新聞編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
5 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
14 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
15 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
16 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
17 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 蓮舫“二重国籍”報道は卑劣な差別攻撃だ!
19 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
20 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄