リテラの新年特別企画

村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子…炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

★7位 佐野元春
知性派ロックミュージシャンが表明した共謀罪批判と安倍・トランプ批判!

 若手ロックバンドのミュージシャンが政治的なイシューに対して口をつむぐ一方で、積極的に問題意識を発し続けたのが佐野元春だ。
 彼は、共謀罪の成立を危惧。5月17日には、フェイスブックに〈政府が進めている「共謀罪」に危険なシルシが見える〉というフレーズから始まる詩を投稿した。
 そのなかで彼は共謀罪について〈戦前の治安維持法と似ている〉と指摘。そして、スーザン・ソンタグによる「社会においても個々人の生活においても、もっとも強力で深層にひそむ検閲、それは自己検閲」という警句を引用して、共謀罪の成立によりアーティストたちが自分の表現に自主規制をかける兆候が出ることを危惧した。
 結果的に共謀罪は強行採決されたわけだが、それでも彼は自分の言葉に「自己検閲」という名のストッパーをかけることはなかった。
 10月には、広島市内で行われたイベントの壇上にて、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)に安倍首相が言及しない状況を「もし核廃絶という目標を本気で持っているならば、日本のリーダーがお祝いのコメントを発信してほしい」と語った。
 また同月には、「こだま-アメリカの友人、日本の友人に」という楽曲を発表。スポークンワード形式のこの楽曲では、〈誰がリーダーだろうと気にしない/気にするのは/リーダーに翻弄された人々/巻き込まれ、分断され、差別され/時に、人と人が殺しあうゲームに参加してしまう〉と朗読。人々の対立を煽る日米のリーダーを批判した。
 こういった気骨あるミュージシャンが若手からも出てくると良いのだが……。

★6位 星田英利(元ほっしゃん。)
ネトウヨからの「反日芸人」攻撃にも屈せず安倍政権への怒りをツイートし続ける反骨芸人

 前述したように、弱者を叩き権力者に媚びへつらう芸人ばかりが幅を利かす状況のなかで、異色の存在が、星田英利(元ほっしゃん。)だ。星田はツイッターを駆使して、安倍政権の原発政策や戦争加担、言論への圧力などについて徹底批判を繰り返している。
 その結果、ネトウヨに「反日芸人」よばわりの攻撃を受け、頻繁に炎上。それとともにテレビでもその姿を見ることが少なくなっていったが、それでも星田はいまもまったくスタンスを変えていない。
 先日も、安倍首相とトランプ大統領の北朝鮮への対応を疑問視。「戦争に行かされるのは国民。戦争をさせる人を絶対に許してはならないと思います」と怒りをあらわにした。
 大阪民主新報17年10月22日号のインタビューで「選挙権を取って26年、いろんな政権を見てきましたが、今の政権にはこれまで感じたことのない違和感を覚えます。いろんなことに説明責任を果たしていない」と語っていたが、その発言はけっして党派的なものから出ているわけではない。
 普通の生活者として、安倍政権に対しておぼえた怒りをストレートに言葉にしているだけなのだ。そしてだからこそ、彼の言葉には、素朴ながら説得力がある。
 星田のツイッターアカウントを見ると、固定ツイートとして一番上に〈大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ〉という文が掲げられている。こういう人こそワイドショーのコメンテーターをやってほしいのだが……。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子…炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AAASKY-HIほっしゃんウーマンラッシュアワーマツコ・デラックス佐野元春日高光啓明石家さんま星田英利村本大輔水原希子水道橋博士の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪で相次ぐ救急搬送拒否も吉村知事はスタンドプレー 滋賀県へ要請でも
2 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
3 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
4 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
5 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
6 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
7 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
8 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
9 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
10 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
16 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
17 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
18 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
1日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
2菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
3大阪で相次ぐ救急搬送拒否も吉村知事はスタンドプレー 滋賀県へ要請でも
4名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
7汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
10大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
11海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
12マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
13小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄