マツコ・デラックスが「いじめられる側にも悪いところがある」論を批判! いじめる側の闇、弱者バッシングの構造も喝破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

マツコ・デラックス「本当に弱いのは、群れて人を攻撃している人間」

 マツコは前掲「サンデー毎日」17年11月12日号のなかで「むしろいじめてるほうに、何らかの闇があるのよ」と断言する。

 これに関しては、教育の専門家も同様の意見を述べている。教育評論家の尾木直樹氏は〈どんな事情があっても“いじめるほうが一〇〇%悪い”のです。これは「いじめ」の原理・原則です〉としたうえで、このように述べている。

〈いじめられっ子側の問題を指摘して、いじめを正当化しようとするムードがあります。これは、とんでもない間違いです。虐待は一〇〇%虐待する側が悪いのです。心理的虐待である「いじめ」も虐待する側に一〇〇%の非があります。まずは、そこから出発しなければ、今日のいじめ問題は解決を図れないのです〉(『尾木ママの「脱いじめ」論』PHP研究所)

 では、なぜ、「いじめられている側にも原因がある」や「いじめから脱したければ強くなれ」といった意見が根強く残り続けているのか。

 社会学者の森田洋司氏は『いじめとは何か 教室の問題、社会の問題』(中央公論新社)のなかで、〈いじめとは相手に脆弱性を見出し、それを利用する。あるいは、脆弱性を作り出していく過程である〉と述べ、いじめられている側が自分にも原因があると思わされてしまうことこそが、いじめの構造なのだと解説している。

 つまり、いじめられる側は、いじめる側によってつくられたいじめを肯定する構造のなかで弱い立場に追い込まれ、孤立。そのうちに、いじめられている本人も「自分にも悪いところがある」と思わせられていくというわけだ。

 マツコは、「サンデー毎日」17年11月19日号のなかでこのように語っている。

「結局、一番弱い立場に見える人のほうが、実は強いのよ。群れて、自分よりも立場が弱い人を強引に作って攻撃してる人のほうが、ホントはよっぽど弱いのよ」

 強い者の側に立ち、自分よりさらに弱い者を攻撃することで、群れて自分の居場所を確保しようとする。マツコの指摘するこのいじめの構造は決して子どもたちだけの問題でなく、いま日本全体に蔓延している弱者バッシングにも通じるものだ。

 かつての過激さは失ったと自嘲することもあるマツコだが、弱者・マイノリティの側に立つ姿勢は現在にいたるまで一貫している。よく言われる毒舌や過激さではなく、この弱者の視点こそが、現在のテレビ界でマツコを唯一無二の存在たらしめているものだ。弱者叩きや反ポリコレ、マッチョな表現が過激でおもしろいとされる風潮のなかで、メジャーシーンにあっても弱者の側に立ち続けるマツコ。ポリコレのせいでおもしろいことができないなどと嘆いているマッチョ芸人たちにも見習ってもらいたいものである。

最終更新:2017.11.13 11:21

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マツコ・デラックスが「いじめられる側にも悪いところがある」論を批判! いじめる側の闇、弱者バッシングの構造も喝破のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめマツコ・デラックス尾木直樹田村淳編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
2 菅首相がコロナ重症者最多のなか「携帯料金20ギガで2980円」アピール
3 「特捜部が安倍前首相に事情聴取」報道で再び取りざたされる立件の可能性
4 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
5 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
6 医療崩壊一歩手前でもGoToに固執する菅首相の異常!
7 『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
8 竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
9 東京五輪の追加費用はやっぱり大半が日本の負担! 安倍の密約の裏
10 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
12 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
13 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
14 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
15 渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
19 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
20 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
1東京五輪の追加費用はやっぱり大半が日本の負担! 安倍の密約の裏
2竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
3医療崩壊一歩手前でもGoToに固執する菅首相の異常!
4菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
6大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
7検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
8菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
9安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
10 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
11「特捜部が安倍前首相に事情聴取」報道で再び取りざたされる立件の可能性
12菅首相がコロナ重症者最多のなか「携帯料金20ギガで2980円」アピール
13安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
14「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
15『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
16小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
17小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄