百田尚樹から「娘は中国人の慰み者」と侮辱された「沖縄タイムス」記者が官邸、警察、ネトウヨの横暴に反撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

沖縄タイムス記者が高江で政府・警察がふるった暴力をあらためて告発

〈きょうの沖縄は、あすの本土である〉

 そう警告するのは、今年8月に発売された『ルポ沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実』(朝日新聞出版)だ。著者は高江に通いつめ、市民に対する権力の凄まじい暴状を目の当たりにしてきた沖縄タイムスの阿部岳記者だ。

〈政府がヘリパッド「完成」を宣言する12月22日までの165日間、あらゆる国家権力が動員され、暴圧の嵐が吹き荒れた。それは辺野古で記録された最大瞬間風速をはるかに上回る〉
〈ここは日本なのか、と目を疑うことがしばしば起きた。戦後日本が表向き保障してきた人権や市民的自由が否定され、権力が意のままに振る舞う。これは戒厳令なのだ。そう説明するほかになかった〉

 ご存じのとおり、高江のヘリパッド建設工事は昨年の参院選の翌日から資材搬入がおこなわれた。あまりにあからさますぎるやり方だが、このとき沖縄タイムスは「不意打ちまたも」とタイトルに打っている。

 というのも、たとえば2013年にも埋め立て申請書類を報道陣の目を盗んで関係のない部署に持ち込むという方法をとり、このとき、当時も防衛相だった小野寺五典は花見会を開いて記者を油断させた上、後日におこなわれた講演会では「こういうの(提出の様子)がメディアに映れば映るほど反対が広がっていく」「カメラは一つも撮っておらず段ボールの写真しかない。うまくいった」などと述べたのだという。沖縄市民を欺く小汚いやり口はいまにはじまった話ではないのだ。

 しかし、それでも〈14年の辺野古着工から、構図ははっきり変わった〉と阿部記者はいう。〈曲がりなりにも中立を守って〉きた警察だったが、この年から政権の完全な操り人形となり、市民の強制排除を繰り返すようになった。そして、住人が約140人の高江においては、500人の機動隊員を動員した異常な状況をつくり出したのである。

 そこで警察が市民におこなったのは、まさに暴力だった。

 たとえば、工事に抗議していた50代の女性は街宣車の上で機動隊員に引きずり下ろされないようにとビニール紐で身体を固定した。しかし、首に巻かれたそれを、機動隊員は両方向から引っ張った。女性は「こうして殺すんだ!」と叫んだという。

〈ただ命令に従い、暴力を振るう機動隊員に、戦場の兵士が重なった。こうして戦争が始まるんだ。こうして犠牲が生まれるんだ――。 ひもはすぐに緩んだが、体の力が抜け、意識が遠ざかった。全身がしびれ、頭がひどく痛かったことを覚えている。近くにいた女性が「何やってるの! 死ぬでしょ!」と抗議していた〉

 この日、3人が病院に運び込まれたというが、阿部記者は〈警察が救急車を通したことすら意外に思えた。それくらいの無法状態だった〉と綴っている。

 抵抗する市民たちに警察がおこなった力づくの排除。腕を力いっぱいに掴む。ロープで縛りつける。〈笑いながら「首も絞まっちゃうよ」と言った警官〉もいたという。その壮絶な現場ルポを読むと、死人が出なかったことが不思議なくらいだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹から「娘は中国人の慰み者」と侮辱された「沖縄タイムス」記者が官邸、警察、ネトウヨの横暴に反撃のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。沖縄百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
2 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
3 入管法改正をケント・ギルバートが批判
4 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
5 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
6 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
7 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
8 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
9 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
10 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
11 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
12 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
13 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
16 安保法で中居正広が松本人志に反論!
17 水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
18 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6入管法改正案が法務委で強行採決!
7麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
12THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
13 入管法強行採決に『ひるおび』田崎、八代らが「野党が悪い」
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
16香山リカが講演会中止に危機感!「ダブスタ」攻撃にも反論
17百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
18自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
19天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
20ゴーンの「50億の報酬」は払われていなかった!検察の杜撰捜査

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄