蓮舫会見で産経新聞がネトウヨのデマ「中国、台湾との三重国籍」疑惑をそのまま質問し大恥! ネットデマ拡散する産経のフェイク体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

辻元清美の森友疑惑、TBSやらせなど、産経はネットデマ拡散の常習犯

 まあ、ネトウヨなんて2つの中国という問題が存在することさえわかっていない連中がほとんどだろうから、笑って済ませてもいいが、問題は、そのネトウヨの間で流通している誰がみてもデマだとわかる情報を、日本新聞協会にも所属している全国紙の記者が、何の検証もせずに、平気で会見で質問していたという事実だ。

 産経は、昨日18日「官房長官の記者会見が荒れている! 東京新聞社会部の記者が繰り出す野党議員のような質問で」という記事を配信。菅義偉官房長官に厳しい質問を繰り返している東京新聞の望月衣塑子記者を「一つの質問が長い」「質問に引用元が定かでない内容や私見が多く含まれ」ていると批判していた。自分のところの記者はネットのデマ情報をそのまま質問しているのに、何を言っているのだろうか。

 いや、産経はデマ情報を質問しているだけではない。ネットのデマを記事にして、フェイクの拡散者にさえなっているのだ。産経は、ネットに流通するデマ情報をあたかも事実のように報じるフェイクニュースをこの間、いくつも飛ばしてきた。

 たとえば、森友問題のときには、辻元清美衆院議員が「塚本幼稚園に侵入した」「森友学園の小学校建設現場に作業員をスパイとして送り込んでいた」というネット上の流言飛語をそのまま「民進・辻元清美氏に新たな『3つの疑惑』 民進党『拡散やめて』メディアに忖度要求」というタイトルで記事化した。

 これは籠池夫人、またスパイとされた作業員自身が否定し、まったくのデマだったことが確定しているが、産経は、記事に、辻元議員が塚本幼稚園とはまったく別の場所にある森友学園の小学校建設予定地を視察している写真をわざわざ添え、あたかも塚本幼稚園に近づいているという印象操作までしていた。

 辻元議員については、産経はほかにも、東日本大震災直後の2011年3月16日に「阪神淡路大震災の際に、被災地で反政府ビラをまいていた」などのネット上のデマを安倍御用記者・阿比留瑠比編集委員が記事にしているが、これも産経側が名誉毀損で全面的に敗訴している。

 また、16年6月にはやはりネット情報をもとに、TBS のニュース番組がやらせをやっていたかのような記事を掲載したこともある。当時、TBSの夕方のニュース番組『Nスタ』が舛添要一都知事の辞任を受け、新橋駅前で「20代女性」に街頭インタビューしたのだが、ネットでは、その女性が同じ『Nスタ』の被災地の熊本のレポートに登場したピースボートの災害ボランティアセンターの女性スタッフと「同一人物」だという情報が出回り、「やらせと一目で分かる」「ピースボートの職員をやらせに使うTBSはどういう思考回路か」と炎上。実際は、たんに似ていただけで同一人物ではなかったのだが、産経はそのままネットの声を紹介するかたちで「TBS番組『街の声』の20代女性が被災地リポートしたピースボートスタッフに酷似していた?!」という記事にしたのだ。

 しかも、ピースボート災害ボランティアセンターが「女性は熊本で活動中で、東京の街頭インタビューに答えられるわけがない」と抗議すると、産経は謝罪も訂正もなく、こっそり記事を削除していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

蓮舫会見で産経新聞がネトウヨのデマ「中国、台湾との三重国籍」疑惑をそのまま質問し大恥! ネットデマ拡散する産経のフェイク体質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。デマネトウヨ国籍産経新聞編集部蓮舫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
5 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
6 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 安倍首相にマッチョ批判
9 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 ブレる松岡修造語録を読み解く
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
14 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 ヒラリーが尖閣の原因は日本の国粋主義
17 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
18 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
19 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
20 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄