又吉直樹が「自分の小説の批評」について不満を吐露…メディアは「又吉タブー」に負けず『劇場』を批評できるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
又吉直樹が「自分の小説の批評」について不満を吐露…メディアは「又吉タブー」に負けず『劇場』を批評できるのか?の画像1
『劇場』(新潮社)

 第153回芥川賞受賞作『火花』(文藝春秋)以来、初となる又吉直樹の長編小説『劇場』(新潮社)が、5月刊行された。「新潮」(新潮社)2017年4月号に掲載された際も、普段の「新潮」の刷り部数の4倍となる4万部で発行したものの売り切れ店続出で緊急重版がかかるなど大きな注目を集め、満を持しての第二作出版だ。『火花』は各方面から大絶賛だったが、『劇場』も評価は高い。

 しかし、これだけ絶賛されていても、又吉自身は批判的な批評が気になってしかたがないらしい。3月に発売されたムック本『文藝芸人』(文藝春秋)に掲載されたインタビューでのこと。そのなかで又吉はこのように語っている。

「文学の世界でも、「火花」は様々なかたちで批評されました。批評がないと作品やジャンルの向上がないという面もありますから、あっていいんやと思います。
 でも、前向きなものと前向きじゃないものがありますよね。「ちょっとこれ、恥かかそうとしてるやん」とか、「なめてるやん」という。言い方ひとつでもあります。そういうものに対してムキになってもしょうがないですし、気にせんとこうと。厳しい批判であっても「なるほど」と思うものはありました。そういうものはちゃんと吸収しようと思いました」

 文学でもお笑いでも音楽でも映画でも漫画でも演劇でも、表現に批評は必要不可欠なものだが、又吉は「批評はあっていい」「なるほどと思うものはあった」と言いつつ、「前向きなものと前向きじゃないものがある」という。やはり批判にはかなり腹を立てていたようだ。

 文学について語った新書『夜を乗り越える』(小学館)のなかでも、作家から自分の作品を批判されたときのことをこう振り返っている。

〈自分でも嫌なんですけど作家の方に自分の作品を批判されて納得いかない時って、すごく不安になるんです。「こんだけ言うってことは、この作家の作品とんでもなくおもしろいんちゃうか」と思うんです。それで、気になって仕方ないから大概は恐る恐る緊張しながら読んでみるんです。そしたらね、全然おもしくろくないんです。「小説はこうでないといけない。その条件を満たしていない」と言われたとしたら、その条件をアンタは満たしてるんやろな? という変な読み方になってしまうんです。そしたらね、全然満たしてないんです。「お前の作品に新しいところなんて一切ない」とか、「派手にスベっとんのう」とか、「こんくらいのタコが偉そうにはしゃいでくれたのう」とか下品なことを考えてしまうんです。自分でも驚きましたよ。自分が怖かったです。ほとんど悪魔やんと思いました〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

又吉直樹が「自分の小説の批評」について不満を吐露…メディアは「又吉タブー」に負けず『劇場』を批評できるのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー劇場又吉直樹新田 樹芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
2 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
3 BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
6 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7 安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
8 安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
9 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
10 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
11 安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
12 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
13 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
16 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
17 徴用工問題は本当に解決済みなのか?
18 竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 二階堂ふみがナチスの宣伝映画を
1安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
2朝ドラ『まんぷく』の憲兵より本物の憲兵のほうがヒドい
3徴用工判決ヒステリーの日本マスコミが触れない事実
4BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
5片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
6マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感
7植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
8安倍首相が「消費税は全額社会保障に使う」をまた反故に!
9安田会見に坂上、東国原、土田らがゲス全開バッシング
10 橋下徹、ビートたけしらの安田さんバッシングが無知まるだし
11安倍首相が「文化の日」を「明治の日」に
12田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
13安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
14安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
15徴用工問題は本当に解決済みなのか?
16竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
17入管法改正をめぐる安倍政権のデタラメ
18安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
19BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
20米・中間選挙を前に「トランプNO」ミュージシャンが続々

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄