「共謀罪」強行採決もまだ希望はある! 参院審議入り見送りで会期延長、加計学園問題を追及し共謀罪も廃案へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「共謀罪」強行採決もまだ希望はある! 参院審議入り見送りで会期延長、加計学園問題を追及し共謀罪も廃案への画像1
自由民主党HPより


 本日、共謀罪法案が衆院本会議で「強行採決」された。先週の衆院法務委員会での採決も暴挙だったが、与党ならびに維新の会はきょうも、数々の共謀罪への問題点をただ聞き流して法案を押し通した。

 たとえば、自民党・平口洋議員や、公明党・吉田宣弘議員の賛成討論では、イギリスで起こったテロ事件を取り上げ“テロ対策には共謀罪が必要”“共謀罪法案は国際組織犯罪防止条約の締結に不可欠”などと述べた。国連の特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏からの書簡でも書かれていたように、共謀罪がテロ対策になっていないことはもはやあきらか。にもかかわらず、自民党はさっそくテロ事件を“利用”したのだ。

 そもそも、野党は、ケナタッチ氏からの書簡などの問題を挙げ、法案を委員会に差し戻すことを要求していたという。当然の要求だろう。ケナタッチ氏は「国連人権理事会の特別報告者」として、〈いわゆる「共謀罪」法案は、その広範な適用範囲がゆえに、もし採決されて法律となれば、プライバシーに関わる諸権利と表現の自由の不当な制限につながる可能性がある〉と指摘。さらには、前述の通り、安倍首相はじめ与党は「国連で採択された国際組織犯罪防止条約(TOC条約)の締結のためには共謀罪が必要」と主張してきたが、ケナタッチ氏は書簡のなかでこの点を以下のように“反論”している。

〈同法案は、国内法を「越境的組織犯罪に関する国連条約」に適合させ、テロとの戦いに努める国際社会を支える目的で提出されたという。だが、この追加立法の適切性と必要性について数々の疑問がある。
 政府は、この新法案によって捜査対象となるのが「テロ集団を含む組織的犯罪集団」との現実的関与が予期される犯罪に限定されると主張している。だが、何が「組織的犯罪集団」に当たるかの定義は漠然で、明白にテロ組織に限定されているわけではない〉

 しかも、ケナタッチ氏は〈テロ及び組織犯罪とは明白に無関係な広範すぎる犯罪が含まれていることから、恣意的に適用される危険性〉にまで言及。〈法案成立のために立法過程や手順が拙速になっているとの指摘から、人権に有害な影響を与える可能性〉を懸念し、〈この極めて重要な問題について、より広い公共的議論が不当に制限されている〉と“警告”しているのである。

 つまり、安倍首相が「国連条約締結のため」と言っている共謀罪を、国連の報告者は「テロ対策とは言えない」「恣意的に運用される危険がある」「議論がないがしろにされている」とダメ出しを行っているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「共謀罪」強行採決もまだ希望はある! 参院審議入り見送りで会期延長、加計学園問題を追及し共謀罪も廃案へのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。共謀罪安倍内閣安倍首相編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
3 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
4 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
6 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
7 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
10 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
11 大震災を予言した霊能師の幻の書
12 “ネトウヨの尊師”青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ!
13 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
14 「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
15 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
16 新しい地図の番組『ななにー』に吉村知事出演でSMAPファンが抗議!
17 安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
18 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
19 キンコメ高橋が法廷で母親の自殺を告白
20 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
1河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
2安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
3橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5検品したアベノマスクにまだ「虫」が…作家で医師の海堂尊が画像公開
6河井夫妻逮捕後の安倍会見に唖然!幹事社フジのアシスト以外質問なし
7小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
8「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
9フジ産経の世論調査のインチキは“架空回答”だけではない!そのペテン手口
10「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
11 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
12 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
13安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
16マスコミはなぜ水原希子への差別攻撃を放置するのか!
17小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
18『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
19久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
20渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄