ココリコ田中離婚で親権手放した小日向しえに“母親失格”攻撃は女性差別だ! 和田アキ子は根拠なく浮気の噂まで口に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 もちろんこれは何の根拠もない憶測、デマだ。確かに3日早朝の「スポニチアネックス」の記事が「田中側は奥さんが浮気していたとの認識を持っており、それで別れ話になった」との関係者匿名コメントを紹介しているが、しかし「実際に浮気があったかどうかは分からない」とエクスキューズされた、つまり何ら裏づけのないものだった。しかし、こうした“小日向浮気説”はあっという間に広がり、3日放送の情報番組『バイキング』(フジテレビ)に出演した和田アキ子までも「離婚で男が親権をもつってなかなか」「子どもがお父さんがいいって、子どもが選択肢もっている場合もあるからね」と小日向が親権を手放したことを批判、さらに「奥様のほうに何かご発展があったりしたら言えないよね」と浮気を匂わせる発言すらしている。

 もちろんこうした根拠なきバッシングの背景にあるのは小日向が“親権を手放した”ことが一番の要因になっているのは間違いないだろう。

 だが、母親が親権を手放すことはそんなに批判され、悪者扱いされることなのだろうか。そもそも親権とは両親の権利ではなく、「子どものため」の権利だ。子ども自身の希望だけでなく、その生活や将来にとってどちらが有益かということも考慮されるもので、田中・小日向夫妻が子どもたちの意思とその将来を考えて決断したことなのだから、外野があれこれ非難するような問題ではない。

 しかも今回の報道でもスルーされているが、親権と養育(監護)権は別ものだ。日本の法律では両親が離婚した場合、共同して親権を行使することはできないため、止むを得ず親権をどちらかに決めなくてはならない。そのため様々な事情により親権と養育権を父母に分けて、父親が親権をもち財産管理などを行い、一方、母親が子どもを引き取って養育する例は、いまでは決して珍しいことではない。

 実際、芸能界でも2002年に離婚した安室奈美恵は息子の親権を夫だったSAMに渡すかたちで離婚、養育権は安室がもち、同じマンションの別室に住み、時には協力しながら育児をしたことで知られる(2005年には親権も安室に移行)。また2006年に離婚した麻木久仁子も、ひとり娘の親権は父親で作曲家の松本晃彦がもち、養育は麻木が担っている。

 今回の離婚に際し、田中サイドは「2人の息子たちの親権はいずれも田中が持つ」が、その他は非公開として会見を開く予定もないという。つまり、親権は父親である田中にあるが、養育権をどちらがもつかは公表されてもいないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ココリコ田中離婚で親権手放した小日向しえに“母親失格”攻撃は女性差別だ! 和田アキ子は根拠なく浮気の噂まで口にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨田中直樹離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
4 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
7 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
8 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
15 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
16 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
17 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
20 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
8G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
11吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄