メリー喜多川が「週刊文春」編集部に直接乗り込んできた日! 恐怖の体験を新谷編集長が告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「甘利元大臣の現金授受を告発したブローカーも、うちの記者がフィリピンパブとかにとことん付き合って信頼を勝ち得て、初めて全部しゃべってくれた」

 怪しいネタ元との付き合いに、フィリピンパブ――。コンプライアンス全盛の時代に、グレーゾーンに踏み込んでもネタを取ろうとする姿勢はさすがだが、「週刊文春」の凄さはその勇気だけではない。12年、大阪市長だった当時の橋下徹氏が不倫相手に「スチュワーデス」のコスプレをさせたという記事を例に出し、いかに訴訟に耐えられるような緻密な取材をしているかを明かしている。

「橋下さんが不倫相手の女性にあげたネックレスの販売店に行って、当時の伝票をひっくり返してもらったり、ラブホテルに行って実際にスチュワーデスのコスプレ衣装があったか調べてもらったりして」

 とまあ、この対談ではこうした“文春砲”の凄さを物語るエピソードが次々出てくるのだが、それとは別に、もうひとつ驚きの事実が暴露されていた。

「実は『ジャニーズ女帝怒りの独白5時間』という記事を出した後、メリー(喜多川)さんが『編集長に直接話がある』と、うちの会社に来たんです」

 なんと、メリー喜多川副社長が直々に「週刊文春」編集部に乗り込んできたというのだ。

 原因は、新谷編集長の言うように、昨年1月に掲載され、SMAP解散の引き金となったメリー副社長独占インタビュー「ジャニーズ女帝怒りの独白5時間」。実はこの記事、もともとは派閥問題について質問状を送った記者とデスクがメリー氏に事務所に呼びだされ、5時間にわたって軟禁状態で罵倒され続けた模様を「文春」が「インタビュー」と称して出したものだった。メリー氏はその取材手法や記事の作り方への抗議に来社したのだろう。

 たしかに、メリー副社長はこれまでも、気に入らない記事を出したスポーツ紙に突然電話をかけてきたり、スキャンダルを書いた週刊誌記者を乃木坂の事務所に呼び出したりすることで知られていた。その迫力はすさまじく、時にバンバンと机を叩いて「殴るぞ」と凄み、時には暴力団や同和団体との関係をちらつかせるなど、百戦錬磨の週刊誌記者も震え上がるものだともいわれていた。

「さらに有名なのが、“恐怖のメリークイズ”といわれる逆質問で、たとえば、記者にジャニーズのタレントを偉い順から言えなどと、難題を浴びせるんです。それで記者が答えに窮すると、『そんなことも知らないで記事を書いたのか』と罵倒が始まる。しかも、話がどんどん移っていって、いつまでたっても帰してくれない。芸能記者にとっては恐怖の体験のようです」(女性週刊誌記者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新品本/SPA!増刊

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

メリー喜多川が「週刊文春」編集部に直接乗り込んできた日! 恐怖の体験を新谷編集長が告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズメリー喜多川本田コッペ週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
3 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
8 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
9 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
10 釜山総領事更迭の裏に官僚監視秘密警察
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
13 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
14 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
15 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
16 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
17 詩織さんに寄せられた山口敬之氏と安倍官邸の特別な関係の新情報!
18 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
5安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄