羽生結弦の衝突アクシデントにブーイングの声…フィギュア世界選手権の裏でヒートアップするスケヲタたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hanyuu_151225_top.jpg
全日空HPより


 今シーズンの最後を締めくくるフィギュアスケート世界選手権が、日本時間の3月31日、いよいよ開幕した。マサチューセッツ州ボストンで行われた男子ショートプログラムでは、羽生結弦が2位に12点近く差をつけ、自身のもつSP歴代最高点につぐ110.56点という好成績で首位スタートを切った。

 演技を終えると「おっしゃー、見たか!」と叫んだ羽生。王子様然とした外見とちがって中身は“熱い男”で知られる羽生らしい瞬間だったが、今回の世界選手権には並々ならぬ気合いが入っているのか、競技前から激しい感情をあらわにする一幕があった。

 それは、競技当日に行われた公式練習でのできごと。羽生選手がSPで使用する「バラード第1番」を流しながら滑走していたところ、それを妨げる場所でカザフスタンのデニス・テン選手がスピンをしており、危うく接触しそうになるアクシデントがあった。その際、羽生選手は「それはねえだろ、お前!」と珍しく声を荒らげ、テン選手への怒りをあらわにしたのだ。

 フィギュアの公式練習では「曲をかけて滑っている選手が優先される」という暗黙のルールがあるのだが、前日に行われた公式練習でも羽生とテンはニアミスしており、テンの“マナー違反”に感情がおさえられず声を荒げたようだ。さらに羽生が「たぶん故意」と語ったことから、一部の熱狂的な羽生ファンからはテン選手に対する非難の声があがっている。

 しかし、一方で羽生アンチのフィギュアファンからは「羽生のほうこそ、当たり屋のくせに」「また羽生が当たり屋したのか」といった声も上がっているのだ。2014年のグランプリシリーズ中国杯で羽生選手が公式練習中にエン・カン選手とぶつかり、流血しながらも競技に出場したことは記憶に新しい。しかし、昨年末のフィギュアスケート全日本選手権の公式練習でも羽生は村上大介と衝突し、村上が左ひざを痛めたということもあった。こうした羽生の過去の衝突やニアミスを挙げ、羽生アンチのフィギュアファンは以前から羽生を「当たり屋」と評しブーイングしていたのだ。

 そもそも限られたスペースで5〜6人の選手が同時に滑走する公式練習では、羽生に限らず多くの選手が衝突したり負傷したりというアクシデントに見舞われており、その危険性は常々指摘されている。試合直前ともなればどの選手も自分のことに集中しておりどんなに気をつけていても周囲のことは見えなくなりがちで、単純にどちらが悪いと言えるようなものでもなく、選手同士が責め合ったりすることもあまりない。

 しかし、それぞれの選手に思い入れの強すぎるフィギュアファン=スケヲタは、そうはいかない。見方によってどちらが悪いとも言い切れないだけに、接触アクシデントをめぐっては、互いの立場を主張し非難の応酬となりがちだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

羽生結弦の衝突アクシデントにブーイングの声…フィギュア世界選手権の裏でヒートアップするスケヲタたちのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フィギュア田口いなす編集部羽生結弦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
8 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
9 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 麻生太郎が愛人の店に2360万円
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄