倖田來未、大塚愛、ELTの曲も放送禁止に! 独占禁止法違反判決でJASRACの横暴な手口が明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そのなかには、大塚愛「恋愛写真」のようなヒット曲も含まれている。「恋愛写真」は06年にレコード大賞の金賞を受賞、さらにその年の紅白歌合戦でもパフォーマンスされている曲である。そんな楽曲ですら、JASRACの管理でないことを理由に放送を敬遠されるようになってしまうのである。

 なんともひどい話であるが、時計の針をぐっと戻して、そもそも、なぜ前述の著作権等管理事業法がつくられ、JASRACの独占ではなく民間の参入も促して競争させようという発想が生まれたのかについても述べておきたい。実はそのいきさつにも、JASRACのお役所的かつ横暴な振る舞いがあった。

 JASRACに対抗するような新規事業者も参入できるように国に働きかけたのも、これまで述べてきた三野氏なのだが、そのきっかけにはこんな事件があった。それは、1995年、三野氏が音楽プロデューサーとして仕事をし、森高千里「渡良瀬橋」のCD-ROMを製作しようとしたときのことである。

〈これまでにない形式の商品だったので、楽曲の使用についてJASRACに相談したのですが、そのときに「使用料金はビデオと同じ」だと言われた。CD-ROMの販売価格をまるで無視した話で「そんな商品は作るな」と言われているようなもの。そこで「JASRACはマルチメディアを理解していない、おかしい!」と〉(前出「週刊SPA!」より)

 1990年代中盤以降、インターネットの普及により、音楽産業は激変の時を迎えていた。アメリカでは99年に、現在のストリーミング配信の先駆けであるNapsterが生まれている。そんな状況に対し、JASRACはお役所的対応を進めるのみで、インターネットの勃興以降、変化のスピードを早めた音楽ビジネスに対応することができなくなっていた。

 そこで、新規事業者の参入を認める法改正が行われたわけだが、先ほど述べた通り、それでもなおJASRACは既得権益を手放そうとはせずあがいたのである。だが、その長い戦いも今回の最高裁判決でようやく幕を閉じた。

 ご存知の通り、いま音楽産業は崖っぷちの状態だ。特に、CDなどのオーディオソフトの売り上げは悲劇的で、サウンドスキャンジャパンの調査によれば、2014年のオーディオソフトの売り上げは1965億円。1995年の調査開始以降、始めて2000億円を切ってしまっている。

 2001年に著作権等管理事業法が成立して以来、15年近くの時を経て、ようやく本当の意味での音楽著作権ビジネスが始まる土壌が出来上がった。この動きが日本の音楽産業復活の狼煙となることを祈るばかりだ。
(新田 樹)

最終更新:2018.10.18 04:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

やらまいか魂 デジタル時代の著作権20年戦争 (文藝春秋企画出版)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

倖田來未、大塚愛、ELTの曲も放送禁止に! 独占禁止法違反判決でJASRACの横暴な手口が明らかに!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹著作権の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
6 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
15 田崎とケントに自民党からカネが!
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
18 渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない?
19 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
20 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄