倖田來未、大塚愛、ELTの曲も放送禁止に! 独占禁止法違反判決でJASRACの横暴な手口が明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 JASRACが既得権を守るために行っていた振る舞いのなかで問題とされたのが、放送各局との間で「包括契約」を交わしていたことだ。「包括契約」とは何か? 三野氏は「週刊SPA!」(扶桑社)15年12月8日号でこのように話している。

〈当たり前のことですが、放送局はどう頑張っても1日24時間しか放送できない。1曲5分として、一日中音楽だけかけていたとしても300曲弱。その枠いっぱいに対してJASRACが包括契約しているわけです。そのシステム上では、イーライセンスが管理している楽曲について、放送局は別途“余分な”使用料を払わなければならなかった。それではおかしいので、JASRACの管理分とイーライセンスの管理分の比率を計算して、それに基づいてこれまでJASRACに支払っていた包括契約の額を按分しましょうと、我々は提案したんです〉

「包括契約」とは、「どの曲が何回放送されたか」などを1曲ずつ正確にカウントして楽曲使用料を算出する方法をとらず、放送局がJASRACに月単位、または年単位で一括して払うことにより「JASRACに登録されている曲はすべて使用可能」という許諾をとる方式である。つまり、JASRACがこの契約システムを変えないかぎり、放送局はJASRAC以外の著作権管理会社に登録されている楽曲を使用するごとに追加の使用料が発生することになる。

〈しかしJASRAC側は「新規事業者が参入しても、こちらの徴収の方法は変わりません」と言ってきた。それは「おかしいでしょう?」と言わざるを得ない〉(前出「週刊SPA!」より)

 JASRACが「包括契約」という既得権益をかたくなに手放さなかったことにより、放送局はJASRACが管理していない曲を使用することごとに、別途申請や支払いをする義務が生じる。そこで当然起きるのは、JASRAC以外が管理している曲は面倒だから放送しないという動きである。なぜなら、JASRACは市場の90%以上を独占しており、JASRACに登録されていない曲を締め出したところで、放送局側は特に不便はないからだ。前出の『やらまいか魂 デジタル時代の著作権20年戦争』では、その時に各放送局でこんな内部文書が出ていたことを明かしている。

〈たとえば、J-WAVEが番組担当者あてに配布した「イーライセンス社 放送使用楽曲の管理業務開始のお知らせ」には、わざわざ丁寧に【選曲時のお願い】として、「前述のとおり、別途報告・支払いなど煩雑な作業が発生します。 *やむをえない場合を除いて、当面は極力使用を避けるよう、お願いします」と付け加えてあった。
(中略)
 さらに、FM NACK5という埼玉の放送局にいたっては、〈楽曲オンエアの制限について〉として、大塚愛、倖田來未、Every Little Thingなど具体的にイーライセンスが管理するアーティスト名と作品名の60曲リストを添付し、「オンエアを当分見合わせることに致します」としたのは決定的だった。後日、裁判では大きく問題視された〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

やらまいか魂 デジタル時代の著作権20年戦争 (文藝春秋企画出版)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

倖田來未、大塚愛、ELTの曲も放送禁止に! 独占禁止法違反判決でJASRACの横暴な手口が明らかに!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹著作権の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
6 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
15 田崎とケントに自民党からカネが!
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
18 渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない?
19 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
20 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄