『新世紀エヴァンゲリオン』とブラック企業の驚くべき関係! シンジくんの「逃げちゃダメだ」が意味するものとは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 就活をする若者は、ただの大卒というだけでは、大量に培養された綾波のクローンのように「代わりのいくらでもいる存在」であるため、神様のようなスペックを求められる。しかも正社員の枠を勝ち取ったとしても、そもそも終身雇用の崩壊した現在ではさらに自分の「市場価値」を高めつづけなければ使い捨てられてしまう運命。その一方で競争からこぼれてしまえば、もっと「代わりのいる」非正規雇用というコースが待ち受けており、たとえば「バイトリーダー」として正社員並みかそれ以上のハードワークを強いられ安い給料でこきつかわれることになるのだ。

 ここで考えなければならない問題はどう転んでも「代わりがいる」立場にもかかわらず、若者たち本人たちがやりがいや使命感を焚きつけられ、過剰に責任を背負い込んでしまうということだ。そこで著者が注目するのは「社畜」という言葉の変遷である。

「社畜」という言葉は提唱された90年代前半には、思考停止におちいり良心を放棄して勤務先の企業に飼いならされた会社員たちを揶揄するものだった。ただ当時の社畜には家畜のような存在であっても安定した雇用や福利厚生などじゅうぶんな見返りがあった。しかし2010年代における「社畜」にはそういった「見返り=飼いならすための環境」さえ用意されていない。

 だが、見返りもなく社畜が使い潰されるなか、誇りをもって自分から社畜を名乗る「ポジティブ社畜」が現れた、と著者はいう。ポジティブ社畜はFacebookに「社畜なので頑張ってまーすw」などと半ば自嘲気味に残業自慢・多忙自慢をし、ときには「夢は見るもんなんかじゃなくて、みんなで見るもんなんだ!」などと薄ら寒いポエムを唱和することで、「代わりのいる」労働へのモチベーションをあげているのだ。

〈報われない時代に、あたかも報われることを装って、もり立てる。これが10年代の「ポジティブ社畜」像である。競争が厳しくなる中、実に安っぽいやりがいで労働者をたきつける。(中略)自分の存在意義などを問われ、妙な自己啓発が進む。まるで、エヴァのクライマックスのようではないか〉

「ポジティブ社畜」になりがちなのはいわゆる「意識高い系」の人々だ。ここ20年の労働市場は人々に「デキる人にならなければ生き残れない」と脅迫してきたが、それに応えようとして壊れてしまった人も多い。『エヴァ』でいえば惣流・アスカ・ラングレーの姿がよく当てはまるだろう。

 著者に言わせれば海外の大学を飛び級で卒業した秀才・アスカはいわゆる「グローバル人材」のなれのはてに他ならない。プライドをばきばきに折られ、物語中盤で抜け殻のようになってしまったアスカを指して「せっかくMBAを取得したエリートが、現場で使えないという評判がたつ」と著者が表現するのは残酷なようだが言い得て妙である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

エヴァンゲリオン化する社会 (日経プレミアシリーズ)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『新世紀エヴァンゲリオン』とブラック企業の驚くべき関係! シンジくんの「逃げちゃダメだ」が意味するものとは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業松本 滋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
2 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
12 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
13 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
18 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
19 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄