合唱コンクール課題曲を生んだセカオワSaoriのいじめ体験…ランドセルに死ねの文字、そしてFukaseの救い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sekainoowari_01_151012.jpg
SEKAI NO OWARI「Dragon Night」(トイズファクトリー)

 本日、第82回NHK全国学校音楽コンクール、いわゆるNHK合唱コンクールの中学校の部が行われた。中学校の部の今年の課題曲「プレゼント」は、セカオワことSEKAI NO OWARIが手がけたもの。Saoriが作詞、NAKAJINが作曲を担当した。

 セカオワといえば十代からの支持が高いことで知られるが、実際コンクール会場で、参加した中学生たちもこの「プレゼント」への思い入れを口々に熱く語っていた。
 
 SEKAI NO OWARIも、この曲に込めた思いをこんなふうに語っている。

「中学生くらいのときは僕らも『この悩みはいつ解決するんだろう』と苦しんだこともありました。そのときのことは大人になっても忘れないし、すごく糧になっています。まだ今はつらい気持ちを抱えている人もいるかもしれないけど、この『プレゼント』という曲がみなさんにとって一生の宝物みたいな曲になればいいなと思います」

 なかでも作詞を担当したSaoriは、コンクール中継のなかで、かつて自分が中学生だったころ生きづらかった経験や、自分たちも同じ中学校の仲間だったことを語り、「中学生の自分にあげたい曲」を作ったと明かした。

 十代のSaoriが抱えていた生きづらさ。本サイトでも以前お伝えしたが、実はSaoriは、かつていじめられっ子だったことを告白している。

 たとえば、課題曲のサビにある「ひとりぼっちになりたくない」と本当は言いたいけれど言えない気持ちや、「ひとりぼっちになって気づいたこと」。そうした歌詞の背景には、インタビューで告白した「友だちなんて永遠にいらないと思っていた」という十代のSaoriの心情や、Fukaseとの出会いで変わっていた経験があると思われる。

 Saoriが経験した壮絶ないじめ、そして彼女を救ったFukaseの言葉とは? 以下に再録するのでご一読いただきたい。
(編集部)

********************

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』に出演し、今年1月に発売したニューアルバム『Tree』がオリコン1位を獲得するなど、人気拡大中のバンド・SEKAI NO OWARI(以下、セカオワ)。キャッチ—なメロディと独自の世界観を表現したライブ演出、そして聴く人の内面に入り込む歌詞が若い世代を中心に支持されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

SEKAI NO OWARI―世界の終わり

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

合唱コンクール課題曲を生んだセカオワSaoriのいじめ体験…ランドセルに死ねの文字、そしてFukaseの救いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめ教育編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
3 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4 指原莉乃卒業でその処世術を考える
5 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
6 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
7 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
8 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
9 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
10 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
13 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
14 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
15 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
16 ネトウヨに読ませたい三冊(2)
17 川島なお美が近藤誠の診断を告発
18 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
19 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
20 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
19“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
20官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄