月収100万円説の一方でこんな危険も…『ネット風俗』がどんどん過激化! マスクをして過激な露出や本番も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
netfuzoku_151004.jpg
『ネット風俗嬢』(中山美里/泰文堂)

「おっぱい見せて」「おしり見せて」、あっという間に集まってきた何百人の男性のリクエストに応じて、ランジェリー姿の女性はなまめかしく身体を動かしはじめる。過激なポーズ目当てにますます集まってくる過熱した男性たちを前に、やがて、全裸になった女性はパフォーマンスのクライマックスとなる、オナニーをはじめる。透明で男性器の形をしたアダルトグッズ(ディルド)を女性器に差し込み、カメラのレンズを当てると、透明のアクリル越しに膣内が丸見えに。モニターには放射状に粘膜の映像が広がる──。
 
 これは現在、ユーザーを増やしている「アダルトチャット」の世界の一場面だ。その多くはFC2やDMMライブチャットといった大手のライブチャット上で、配信者の女性(ネット風俗嬢)がメイド、女子高生、人妻などの設定で、チャットをしながらセクシーな動画を配信する。ネット風俗嬢が一人でストリップやオナニーなどを複数のユーザーに見せるのが一般的なパフォーマンスだが、なかには、動画に男性も登場し本番セックスまで行うものもあるという。場合によってはほんの2時間で20万円を稼ぐことができ、週に2~3回で月収100万円にもなることがあるらしい。

 配信者側(ネット風俗嬢もしくは所属する風俗店)が価格帯を設定するが、チャットなしで動画を見るだけであれば無料のケースもある。チャットがくわわれば、1時間あたり6000~9000円がかかり、風俗産業でいえばピンサロや格安ヘルス、平均的なキャバクラと同価格帯になる。しかし、男性ユーザーにしてみれば、家にいながらにして風俗体験ができるという自由度がウケているようだ。

 ネット風俗嬢側も、最初はただチャットするだけ、という気軽な気持ちでネット風俗に飛び込むことがあるらしい。『ネット風俗嬢』(中山美里/泰文堂)では、そんなネット風俗嬢のリアルな声が紹介されている。

 東京都下に在住の19歳の女性は、「東京に出るには少々時間のかかる場所の上、実家住まいのため夜遅くなりすぎることもできない。しかし、バレてしまう可能性のある地元の風俗で働くこともできない」と常設式のチャットルームで働き始めた。

「大学を中退してしまったのですが、やっぱり入り直したいと思い、お金を貯めたくてこの世界に入りました。今、だいたい日給が1万5000円~2万円くらいで、時給が3000円ちょっとくらいですかね。地元のキャバクラだと、正直こんなに稼げないですね」(19歳の女性)

 彼女は男性経験は一人ながらも、ネット風俗をそつなくこなしているという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット風俗嬢 (リンダパブリッシャーズの本)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

月収100万円説の一方でこんな危険も…『ネット風俗』がどんどん過激化! マスクをして過激な露出や本番ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 2017サブカル論争&炎上事件簿
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄