ももクロから女優に転身してブレイク! 早見あかりが語った「ももクロ脱退」の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 早見が、芸能界に入ったのは小学6年生のとき。現在も所属している芸能事務所スターダストプロモーションのスカウトがきっかけだ。そして、ダンスや演技のレッスンを受けていくなかで、中学2年生の11月にももいろクローバーに加入する。代々木公園でストリートライブをする当時のももクロを事務所の仲間として見に行くこともあったという早見は、ももクロ加入を単純に喜んでいたという。しかし、そこには葛藤もあった。

「ももクロでの活動の楽しさと同時に大好きな学校に行けなくなる辛さ。勉強も元々出来ない方では無かったので、成績が落ちていくことへの苛立ち。ここで反抗期のピークを迎え、何もかも嫌になった」(同書より)

 そして、早見は芸能コースではなく普通科の高校に進学する。ちなみに、同じくももクロの百田夏菜子は早見あかりと同学年だが、都内の私立高校の芸能コースに進学した。その同級生には、℃-uteの鈴木愛理、アイドリング!!!の朝日奈央と尾島知佳、PASSPO☆の増井みおに玉井杏奈といったアイドルのほか、松岡茉優、家入レオなど、多くの有名芸能人がいた。

 しかし、早見は彼女たちと同じ学校に行くという選択をしなかった。

「まわりの友達がみんな芸能活動をしているというその環境に自分は耐えられないと思ったらからだ。人と競争することがとても嫌いなわたしは、友達がライバルになる可能性がある芸能科に進むことは出来なかった」(同書より)

 そして、早見は高校2年生になったばかりの4月にももクロを脱退する。つまり、早見は常に誰かと競争させられ、闘いを強いられるアイドルという世界に耐えられなかったということだろう。実際、ライブや握手会で不機嫌そうに見えることも少なくなかったという。

 さらにもうひとつ、早見がももクロを脱退した背景には、同書で明かされていない理由がある、ともいわれている。それが、アイドルにとって必須である握手会の存在だ。

 今でこそ、ももクロはCD販促のための握手会を開催せずとも、オリコン上位にチャートインすることができる人気グループとなっているが、当時はブレイク前夜。頻繁にCD販促のための握手会を開いていた。しかも、当時としては画期的だった「予約握手会」というシステムを導入していたのだ。アイドル事情に詳しい芸能ライターはこう話す。

「2010年くらいまでのアイドルの握手会は、基本的にCD発売後に行われるもので、その場でCDを買うとメンバーと握手ができる、というものでした。そんななか、ももクロが2010年5月にメジャーデビューシングル『行くぜっ!!怪盗少女』をリリースするのですが、ここで予約握手会というものを2カ月にわたって展開します。つまり、CDの発売前にイベントを開催し、CD を予約すればメンバーと握手ができる、というもの。当時のももクロは、AKB48よりも握手の時間も長くて、フレンドリーだということで、“接触重視”のアイドルファンが多数流れました」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Twenteen 早見あかり写真集

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ももクロから女優に転身してブレイク! 早見あかりが語った「ももクロ脱退」の理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ学校田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
2 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
6 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
7 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 自民党がネトサポに他党叩きを指南
12 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
16 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
17 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
20 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄