“親日国台湾”の若者が「戦中日本は普通にダメ」! 保守派とネトウヨは調子乗りすぎとの声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyoukainotami_01_150430.jpg
『境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々』(KADOKAWA/角川書店)

 多くの日本人は台湾を「親日国」だと思っている。東日本大震災の際には多額の義援金を送ってくれた、日本の音楽やアニメ・漫画文化などのサブカルチャーも広く受け入れられている、日本統治時代を好意的に振り返るお年寄りも多いらしい……やっぱり台湾人は日本が大好きなのだ!──日本人が漠然と抱く「親日国台湾」のイメージを並べてみるとこんな感じだろうか。

 とりわけ、ネット右翼たちの「台湾好き」は異常だ。「ニコニコ動画」で「台湾」のタグがついている動画を視聴すると、内容が政治的かどうかにかかわらず「台湾最高!それに比べ中韓ときたら…」「中国4ね」というコメントが散見されるし、安倍首相が米議会での演説のなかで「台湾」という語を用いたただけで「習近平は面目まるつぶれ!」などと言い出すような状況である。

 まあ、「親日国」を礼賛しつつ「反日国」を貶めるのはネット右翼のお約束であるとしても、こういうカキコミなどから察するに、ネット右翼たちは「台湾人はみな日本を愛していて、日本人の言うことならなんでも聞いてくれるのだ!」と思っているフシすらある。

 だが、はっきり言って、それは「幻想」だ。

 アジア事情に詳しいノンフィクション作家・安田峰俊氏が、先日発売した『境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々』(角川書店)のなかで、現代台湾人の若者たちのリアルな姿を描いている。

 2014年3月、台湾・馬英九政権による中国との「海峡両岸サービス貿易協定」の強行採決に対し、台湾の学生たちが抗議し協定内容の見直しを要求した。「海峡両岸サービス協定」は中国と台湾の自由貿易協定のようなものであったが、台湾ではサービス業従事者が人口の6割を占めるため国内産業が衰弱という懸念もあり、また、政府が議論もなく批准したことへの不信感から「民主主義の危機」を訴える声も多かった。ヒマワリ学運と呼ばれるこの社会運動は、学生たちが立法院を占拠する大規模なものとなり、国際的に報道され、結果的に、政府が折れて協定内容を再検討することになった。

 台湾の世論の大半は、ヒマワリ学運を支持していたという。学生たちは、自由貿易体制にも批判的な立場をとっており、日本の基準では「リベラル」や「左翼」に分類されるが、一方、日本の右派は、90年代の終わりごろから、その台湾の「反中」的な要素につけこんできた。日本の「大東亜戦争」や植民地支配の肯定と接続するため、また、中国共産党の脅威を喧伝するために「台湾」を利用してきたわけである。実際、ヒマワリ学運に際しても、日本の保守系団体「頑張れ日本!全国行動委員会」が台湾で200人規模の集会をかけたり、ネット右翼が運動に乗じて中国ヘイトの言葉を吐き出したりしていたことは記憶に新しい。

 しかし、現代の台湾人が、日本の保守派が望むものをすべて与えてくれるのかというと、そんなことはない。ヒマワリ学運の現地取材を終えた安田氏が、帰国後、日本に留学している男女四人の台湾人学生に取材したところ、全員が口を揃えてこう言ったという。

「第二次世界大戦時の日本? えっ? 普通にダメじゃないですか」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

境界の民 難民、遺民、抵抗者。 国と国の境界線に立つ人々

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

      “親日国台湾”の若者が「戦中日本は普通にダメ」! 保守派とネトウヨは調子乗りすぎとの声ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ反日台湾都築光太郎の記事ならリテラへ。

      人気記事ランキング

      総合
      いいね! 数
      1 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
      2 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      3 ご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感
      4 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      5 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      6 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
      7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
      8 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
      9 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      10 菅に日歯連から3000万円迂回献金
      11 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      12 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      13 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
      14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
      15 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
      16 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      17 森友学園問題で安倍の虚偽答弁が発覚!
      18 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
      19 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
      20 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
      1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
      2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
      3加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
      4ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
      5旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
      6本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      7籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      8翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
      9百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
      10安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      11百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      12靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
      13民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      14 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
      15茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      16稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
      18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
      19『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
      20 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回

      人気連載

      アベを倒したい!

      アベを倒したい!

      室井佑月

      ブラ弁は見た!

      ブラ弁は見た!

      ブラック企業被害対策弁護団

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      横田 一

      メディア定点観測

      メディア定点観測

      編集部

      ネット右翼の15年

      ネット右翼の15年

      野間易通

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      赤井 歪

      政治からテレビを守れ!

      政治からテレビを守れ!

      水島宏明

      「売れてる本」の取扱説明書

      「売れてる本」の取扱説明書

      武田砂鉄