オレオレ、ワンクリック…詐欺の帝王は元大手広告代理店のエリートだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
saginoteiou_01_141106.jpg
『詐欺の帝王』(文藝春秋)

「裏社会の人間はどうカネを稼いでいるのか、彼らはふだん何をどう考え、どうカネを得るために行動しているのか、彼らの間ではどんなシノギの種類があるのか……」

 こんな書き出しから始まるのはヤクザや組織犯罪集団、マフィアなどの取材で知られるノンフィクション作家、溝口敦の『詐欺の帝王』(文藝春秋)。この本は、こうした興味から取材をすすめてきた作者が、4年前まで詐欺業界の周辺で「オレオレ詐欺の帝王」といわれてきた男に接触。詐欺の世界について聞き取りを行い、書き上げたという。

 だが、同書を読んでいて印象に残るのは、詐欺の手法よりも、“帝王”といわれた男の意外な素顔と経歴である。

 男の名は本藤彰。もちろん仮名だ。グループが手がけていた詐欺は「オレオレ詐欺にとどまらず、ワンクリック詐欺、未公開株詐欺、社債詐欺、イラク・ディナール詐欺など多岐に渡る」という。
 
 “帝王”といわれれば、作者の代表作『食肉の帝王』(講談社)で取り上げられた浅田満のようなでっぷりした見た目を想像しそうになるが、本藤は「30代後半、身長178センチと背が高く、弁舌はさわやか。暴力臭はまるでなく」と爽やか男子のようなのだ。そのうえ「頭は非常に切れ、カタギのどんな仕事についてもきちんとこなしただろう」と作者は評している。実際「大学卒業後は大手の広告会社に5年ほど在籍」していた。なにも詐欺を働かなくとも十分勝ち組人生を送れたような人物なのである。

 さて本藤はどのようにして「詐欺の帝王」となったのか。九州出身、東京六大学のひとつに現役で合格した本藤はイベントサークルに入部。その年に「関東の全ての大学生イベサーを一同に集めた巨大イベント『キャンパスサミット』を設立」する。これは現在も続いており、過去19年間のイベント累計動員数は30万人を数え、タイアップCDは累計7万枚超の売り上げを記録している。「やれば絶対儲かる大イベントを企画、実施に持ち込む名手だった」という本藤の力の源泉は「学生を集める力、集客力」だった。この集客力に魅力を感じ集まってくる企業や、学生では借りることが困難な会場との間に介在する「箱屋」との実作業を通し強固な人脈を築き上げた。

 こうした経験が買われ、卒業後は大手広告会社へ就職。しかし03年、ケツモチをしていたイベサー「スーパーフリー」による集団強姦事件が発生する。「ケツモチをしていたくらいで無関係では有り得なかったが、学生と一緒に輪姦に加わるほど愚かでもなく、女性に飢えてもいなかった」ようだ。しかし「勤務する大手広告会社には何人かスーフリ出身者がいたこともあり、本藤も関与を疑われて」グループ会社に左遷、そのまま退社してしまう。

 次の仕事のあてがあるわけでもない。新卒で入った会社を早々に追われて途方に暮れてしまうところだが、本藤は「学生時代にケツモチや箱屋などで蓄えた資金があった。それを資本に何か新しい仕事を始められるのではないか」と考えた。そんなところに降って湧いたのが「五菱会のヤミ金事件」だった。スーフリ事件と時期を同じくして、ヤミ金、山口組直系五菱会に対する摘発が本格化。なんと本藤はこれに目を付ける。「今、五菱会は警察の捜索に追いまくられている。しかし本来、ヤミ金は儲かるのではないか。五菱会が手を引いてもヤミ金は生き残るのではないか」……そう考えた本藤はヤミ金を始めるのだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

オレオレ、ワンクリック…詐欺の帝王は元大手広告代理店のエリートだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。寺西京子広告代理店詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 山本太郎「麻生太郎は万死に値する」は問題なし、当の麻生も自民党議員も発言
14 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
20 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄