ふしぎ発言連発の井浦新 日曜美術館でのヲタぶりがなぜか萌える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 河童を探して日本中を旅することからもわかるように、「昔からフィールドワークというか、野外研究というものが大好き」な井浦。「ゆかりの場所に実際に立つことをとても大切にしていますし、それが面白くてたまらないのです」と綴る彼にとっては、『日曜美術館』のロケはワクワクがとまらない仕事であるらしい。たとえば、個人的に何度も通っていたという陶芸家・河井寛次郎の記念館にロケで出向いた際は、学芸員である寛次郎のお孫さんに「(作品を)どうぞ、手にとってください」と言われ、

「これが“日曜美術館”というものか!」

 と、激しすぎる衝撃を受けている。そして、作品に対するこれまでの想いが強すぎた井浦は、作品を手にした瞬間の抑えきれない想いをこう表現している。

「突然にその距離感が無くなって(中略)正直いって気持ちが追いつきませんでした」
「「ええっ、本当にいいのですか……」と、動揺しながら、喜びが心から溢れ出して、物凄く嬉しい顔をしていたと思います」
「とにかく緊張していましたが、手の平に冷たくヒタっとくっついた感触は忘れられません」

 断っておくが、これは恋人とはじめて抱き合った瞬間の描写ではない。陶器を手にもった感想である。マンガ『へうげもの』(講談社)の世界のようだが、現実の話だ。

 さらに、井浦のケタ外れな感動の旅はつづく。獅子や狛犬が好きだという井浦だが、平安時代につくられた木像の獅子に対面したときは、「奇跡としかいいようがありません」と熱狂。その感想はこのようなものだった。

「凜と張った胸から、ぎゅっとへこませたお腹のくぼみまで、少し顔を傾けることによって生まれたラインが造形的にも美しい」

 再度断るが、これは初夜に見た恋人の裸体を描写したものではない。獅子の木像の描写である。獅子のお腹のくぼみとは、こんなに感激できるものなのか……。

 番組とは関係なく美術鑑賞が生きがいなだけあり、「これこそ、自分の足跡ですから、捨てられません」という理由で、展覧会のチラシはチケットと一緒に保管。容赦なく増えていくチラシをA4 ファイルに入れていく地味な作業を時間を見つけては楽しくこなしているらしい。なかでも「気分があがる」のは、展覧会グッズ。「いつもいろいろなものを買ってしまいます」とミーハー心を洩らしつつ、展覧会の図録で「家の床は抜けそうです」という。床が抜けるのはまずい事態と思われるが、井浦はなんだかとてもうれしそうだ。

 もちろん、「影響を受けたり、学びをいただいたりした先達の方々」への「勝手に墓参り」も忘れない。番組本番中でもゲストのいい言葉を聞けば、「なんでも書き残しておかないと気が済まない」ので、進行役なのにすかさずメモる。──「趣味はアート鑑賞」と言うと「スカした野郎」と思われそうなものだが、ここまでくればアイドルやアニメのオタクと何ら変わらない。まさしく純然たるアートヲタなのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ふしぎ発言連発の井浦新 日曜美術館でのヲタぶりがなぜか萌えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメンサニーうどん美術館の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
2 NHK朝ドラ『スカーレット』と朝鮮人強制労働
3 安倍首相がラグビー南アフリカ戦で「夢のような一ヶ月間」とツイート
4 台風被害のさなかに天皇の即位礼強行! 式典予算は160億円
5 即位パレード延期は天皇の意向、官邸は強行するつもりだった
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 視聴率3.7%『いだてん』が日本の中国での戦争加害に言及!
10 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
11 佐藤浩市をフェイク攻撃した安倍応援団が批判殺到で逃亡
12 台風19号の避難所になった「朝鮮学校」インタビュー
13 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
14 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 『笑点』が安倍批判ネタを連発して炎上!
17 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
18 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
19 『百田尚樹『殉愛』の真実』の宝島社が『日本国紀』の検証本を出版
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄