PC遠隔操作被告の弁護人は池田大作の弁護人だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 今から18年前の1996年、創価学会元女性幹部が「週刊新潮」(新潮社)で、池田大作にレイプされたという告発手記を発表。直後に池田大作に対して、レイプ被害で受けた精神的苦痛の賠償を求める民事裁判を起こした。いわゆる「池田大作レイプ訴訟」とよばれているものだが、佐藤氏はこの裁判で、池田名誉会長側の弁護団に名を連ね、しかも中心的な役割を担っているのだ。

 しかも、この裁判で佐藤氏ら弁護団は、池田名誉会長にレイプされたという女性幹部の訴えをそもそも「狂言訴訟」だとする戦術を採用。女性の法廷証言すら拒否して封じ込め、一審、二審、最高裁と、すべての判決で“原告の請求棄却”という全面勝利を勝ち取っている。

 ちなみにこの裁判終了後、池田弁護団は『判決 訴権の濫用―断罪された狂言訴訟』(日本評論社)という本を出版している。序文には、弁護団長だった宮原守男氏のこんな池田礼賛が掲載されている一冊だ。

〈八〇〇万世帯の会員を抱えるわが国有数の宗教団体である創価学会の最高指導者、池田大作名誉会長は、世界各国の指導者・有識者と対話を重ね、一〇〇を超える大学に名誉博士、名誉教授として迎えられている平和活動家・哲学者・教育者であり、世界桂冠詩人の称号を贈られた詩人でもある〉

 この本にも佐藤弁護士は共著者として名を連ねており、弁護団とともにレイプ被害を訴えた女性や「週刊新潮」に対して徹底批判を展開している。

 こう書くと、レッテル貼りが大好きな一部のネット民は、佐藤氏が学会や池田大作と特別な関係があったと騒ぎ立てるもしれないが、取材した範囲ではその形跡はない。このケースでも、佐藤弁護士は腕を見込まれて弁護団に抜擢され、依頼者である池田大作名誉会長を勝たせるために、さまざまな戦略、技術を駆使して奮闘と見るのが妥当だろう。

 おそらく佐藤弁護士にとってもっとも重要なのは、依頼人の主張を勝ち取ることなのではないか。そう考えると、PC遠隔操作事件における肝の据わったブレない対応も納得がいく。会見で佐藤氏は「私自身は否認している被疑者が『実はやってました』と告白することに何回か遭遇している。それをもとに弁護するのが弁護士だ。裏切られたと非難するものでもない」と語っていたが、まさに佐藤氏は弁護士の仕事をまっとうしようとしただけなのだろう。

 見事なまでのプロ意識。そういえば先日、「週刊文春」(文藝春秋)14年6月5日号で、佐藤氏が金融商品取引法違反の企業の顧問をつとめていたことが報道されていたが、もしかすると、佐藤弁護士に一番近いのは『リーガル・ハイ』で堺雅人が演じた敏腕弁護士・古美門研介なのかもしれない?
(白門志郎)

最終更新:2017.03.02 05:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

冤罪足利事件―「らせんの真実」を追った四〇〇日

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

PC遠隔操作被告の弁護人は池田大作の弁護人だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。創価学会弁護士検察池田大作の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
2 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
3 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
4 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
5 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
13 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
14 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
17 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
18 セカオワFukaseのいじめ発言
19 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
20 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄