山下、亀梨の未成年スキャンダルでジャニーズ御用「女性セブン」が相手女性を「嘘をつくほうが悪い」とバッシングの卑劣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
山下、亀梨の未成年スキャンダルでジャニーズ御用「女性セブン」が相手女性を「嘘をつくほうが悪い」とバッシングの卑劣!の画像1
活動自粛処分を受けた山下


 案の定というべきか。山下智久とKAT-TUN亀梨和也の2人が未成年女性と飲酒、さらに山下はその女性をホテルに連れ込んでいた問題。17日になって、ジャニーズ事務所が山下を「一定期間の芸能活動自粛」、亀梨は「厳重注意」の処分を発表したことで、マスコミも一斉にこの問題を報じた。

 しかし、その内容は完全にジャニーズの言い分をそのまま代弁するようなものだった。

 本サイトでも先日詳しく報じたとおり、ジャニーズ事務所は発表文で、女性が「積極的に年齢を偽っていた」、つまり二人は騙されたと主張。一方で、山下がその女性をホテルに連れ込んだことについては、一切ふれず、処分の理由について、「(コロナ下で)自身の置かれた立場に対する自覚と責任に欠けた行動であった」などとすりかえていた。

 ところが、ワイドショーもスポーツ紙もこのごまかし、すりかえを批判するどころか、ほとんどが「ジャニーズがちゃんとした事務所だから厳しすぎる処分をしただけ」「高校生でもメイクしていたらわからなくても仕方がない」などと2人を擁護したうえ、「コロナ禍なのに知らない人と酒席をともにしたのはよくなかった」などというコメントでお茶を濁している。

 言っておくが、山下も亀梨ももう30代半ばの立派な大人だ。35歳の大人が未成年と飲酒していたら、普通のサラリーマンだって咎められる。加えて、山下の行った、飲酒後女子高生をホテルに招くという行為は、事実ならば「青少年の健全な育成に関する条例」に違反する可能性もあるものだ。なんで、これが、「最近の高校生は大人っぽいからわからない」「女子高生が嘘をついていた」などという与太話で済まされるのか。

 しかも、あきれ返るのは、相手女性へのバッシングを扇動するような報道まで出ていることだ。その典型が20日発売の「女性セブン」(小学館、2020年9月3日号)に掲載された「山下智久『女子高生と飲酒&お泊まり騒動』仰天真相」という記事だ。

 同記事には、「山下の知人」と称する人物が登場し、開口一番「彼は騙されたんですよ。ハメられたのではないかとさえ思っています!」と断言したあと、こうまくしたてている。

「女の子たちを呼んだのはバーの店長でした。山下さんと亀梨さんたちの来店を受けて、店長が“男性だけだと寂しいだろう”と気を利かせたつもりで、女性たちに声をかけたんです。山下さんたちは未成年との飲酒に特に神経をとがらせています。というのも、2018年に山下さんがかつて在籍していたNEWSの小山慶一郎さん(36才)と加藤シゲアキさん(33才)が参加した飲み会に19才の未成年者がいて、同席者らが彼女に飲酒させたとして、活動自粛となった経緯があるからです。以降、彼らは知らない相手と飲むときは必ず年齢確認をしていたと聞いています」
「3人の女性の中にC子という元アイドルがいました。彼女は成人していますし既婚者でもあります。3人は店側に“成人している”と言って、そのうちの誰かが身分証明書も出したそうですが、おそらくC子が代表して見せたのだと思います。店長はA子もB子も“同じ年ぐらいだろう”と、彼女たちの言い分を信じ込んでしまったのではないか」

山下のホテル連れ込み問題にまともにふれず「嘘は信じてしまう側よりもつく側が悪いのは明らかだ」

 そして、「女性セブン」はこの知人の証言を受けて、〈嘘は信じてしまう側よりもつく側が悪いのは明らかだが、山下たちが責められているのは、この時期に早朝まで飲み明かしていたことだろう〉などと、山下や亀梨より、嘘をついた女子高生のほうが悪いと断罪するのである。

 いったいなにを言っているのか、という話だろう。そもそも、この「山下の知人」とやらは山下がA子さんをホテルに連れ込んだことについて一切ふれないまま、女性たちが店長に嘘をついた、山下たちも年齢確認をしていたなどと言い張っているが、ほんの1時間ほど飲み会に同席しただけならまだしも、彼女と朝まで飲んで、ホテルにまで連れて行って、そんなことがありうるのか。

 しかも、山下がホテルに連れて行ったA子さんは、「文春オンライン」の報道によれば、インスタで数万人のフォロワーがいる女子高生モデルで、大手出版社発行の男性漫画誌やインターネットテレビの番組にも登場しているという。これで「未成年と知らなかった」なんて言い訳が通用するはずがない。

 また、百歩譲って、山下たちが本当に知らなかったとしても、児童福祉法や青少年育成健全条例の条文などを見ても明らかなように、責任は全て大人の側にある。相手が嘘をついていようがいまいが、大人が細心の注意を払うべきなのだ。それを「女性セブン」は嘘をつくほうが悪いなどと擁護するのだから、社会常識が狂っているとしか思えない。

 もっとも、「女性セブン」ならこんな無理くりな報道をしても不思議はない。「セブン」は女性週刊誌のなかでもいちばんのジャニーズ御用メディアとして有名で、これまでもこうしたケースでは、ジャニーズタレントを擁護するために、相手女性を攻撃するような記事を掲載してきたからだ。

NEWS小山慶一郎と加藤シゲアキの未成年飲酒のときも「セブン」は相手女性を攻撃

 2018年、NEWS小山慶一郎と加藤シゲアキにやはり未成年女性と飲酒が発覚した際もそうだった。「セブン」は「NEWS小山慶一郎・加藤シゲアキ未成年飲酒騒動 あの夜の会話をネットで流出させた「女子の正体」」(2018年6月7日発売号)と題して、飲酒を強要された女性を誹謗するような記事を掲載したのだ。

「女性セブン」は、飲酒を強要された女性が六本木のガールズバー『X』でバイトしているとしたうえで、こう書いていた。

〈一方、そこで働く女子大生の中には、芸能人と“お近づき”になることを目的としている子もいるという。
「A子さんもそうです。かつて、芸能人と知り合いだということをSNSで自慢していたことがありました。今回、20才と嘘をついたのも、未成年を理由に飲み会の場から追い返されたくなかったからでしょう。結果として、小山くんと加藤くんが未成年に“飲酒”をすすめたという行為になりましたが……」(芸能関係者)〉

 さらに音声の流出経緯についても、「飲食店関係者」の証言として、こんなコメントを掲載していた。

「その女子大生も、『X』と同じような接客のお店で働いている子だそうです。A子さんが小山くんや加藤くんと仲よくしているのに嫉妬し、その女子大生が音声を録ってA子さんの名前がわかるように録音を流出させ、貶めようとしたのではないかという噂もあります」

 要するに、女性に飲酒をすすめたのは「(女性が)20歳と嘘をついた」からで、さらにその女性はガールズバーに務めているような女性で、芸能人との交遊をSNSで自慢するような、信用ならない人物だと印象付けたのだ。まるでセクハラ問題での財務省や福田淳一事務次官そっくりの主張ではないか。

 しかも、信じられないのは、わざわざ弁護士に「(録音データの)公開によって著しく悪影響を受けた場合には、プライバシーの侵害や名誉毀損の損害賠償を請求することは可能です」とコメントさせて、告発した側を恫喝していたことだ。芸能人、しかも報道に携わっている準公人の法律に触れる可能性がある問題を報道することがどうして「プライバシーの侵害や名誉毀損の損害賠償」になるのか。そんなことがまかり通っていたら、「女性セブン」なんて真っ先に廃刊しなくてはいけなくなるだろう。

女性セブンの女子高生攻撃の背後にあるジャニーズ事務所の“意志”

 こうした過去の例をみると、今回の山下・亀梨問題に関する「セブン」の記事も、ジャニーズ事務所の意向を受けたものと考えて間違いないだろう。
実際、前述したように、ジャニーズ事務所は発表文に女性が「積極的に年齢を偽っていた」などと、今回の報道につながるような一文を入れていた。

 だとすれば、改めてあきれ果てるのがジャニーズと御用メディアのやり口だ。

 たんにスキャンダルを抑え込むというだけでなく、相手の女性への攻撃を仕掛けることで、ジャニーズのタレントの側を被害者に仕立てようというのだから、卑劣としか言いようがない。

 女性を攻撃するというやり方は、これまでもジャニーズタレントの熱愛報道などでも散々用いられてきた。ファンの怒りや攻撃の矛先を相手女性に向けるため、ジャニーズと御用メディアはジャニーズタレントと交際が報じられた女性芸能人の“落ち度”“ネガティブ情報”を率先して流してきた。

 しかし、今回は相手が未成年なのだ。本来なら、山下・亀梨の処分発表とともに、未成年女性に対する攻撃を諌めるよう呼びかけたっていいくらいだろう。実際、TOKIO山口達也の未成年強制わいせつ事件の際、長瀬智也は会見で被害女性への誹謗中傷を止めるよう訴えていた。

 ところが、ジャニーズ事務所は今回、女性が「積極的に年齢を偽っていた」などと、未成年女性への攻撃を煽り、実際、御用メディアは女性バッシングの記事を掲載したのだ。

 表向き処分を発表し“コンプライアンス”アピールをしておきがら、暗に未成年女性へのバッシングを扇動する。ジャニーズタレントを守るためなら、未成年女性の生活や人権などどうでもいい。ジャニーズ事務所と芸能マスコミの卑劣な本音が、あらためて明らかになったといえるだろう。

最終更新:2020.08.21 02:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

山下、亀梨の未成年スキャンダルでジャニーズ御用「女性セブン」が相手女性を「嘘をつくほうが悪い」とバッシングの卑劣!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ事務所亀梨和也加藤シゲアキ女性セブン小山慶一郎山下智久時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
10 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14 竹中平蔵が「収入が上がらない」という悩みに童貞差別的説教
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 菅首相=権力快感おじさんを証明する発言と実例総まくり
17 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
1 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
5 感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
6 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
7 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
9 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
11 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄