オール巨人が安倍首相の痛烈パロディ画像をアップ! コラボ動画の読書姿を再現も表紙には『安倍晋三 この空虚な器』の文字が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
オール巨人が安倍首相の痛烈パロディ画像をアップ! コラボ動画の読書姿を再現も表紙には『安倍晋三 この空虚な器』の文字が…の画像1
オール巨人Twitterより


 安倍首相による星野源コラボ動画乗っかり問題。多くの芸能人からも怒りの声が上がっているが、意外な人物が安倍首相に対して痛烈な皮肉を飛ばしている。

 オール阪神・巨人のオール巨人だ。巨人は、4月13日の21時半ごろ、ツイッターにこんな投稿をした。

〈とにかく、国はお金が有るんだし捻出は出来るんだから●(お金のような絵文字)先ずは真水で20兆円、給付したらどう!
大人10万子供5万全国民に、所得が高くて貰わなくてもやれる人は、確定申告でその分、返したら良いのでは!
絶対こんな気持ちで、待てません●(怒った顔の絵文字)〉

 傑作なのは、添えられた4点の画像だ。まず1点目は、カジュアルなシャツと白いパンツを着て自宅ソファに座った巨人が、茶色い犬を抱いてじゃれ合う画像。次にマグカップを手にする巨人の画像。3点目はリモコンを手にテレビをザッピングする巨人の画像。そして最後は、読書をする巨人の画像だ。

 もうおわかりだろう。この画像はすべて、安倍首相が星野源乗っかり動画で披露した、自宅で優雅にくつろぐ様を再現パロディしたものだ。もちろん上述のツイート内容からもわかるように、安倍首相をリスペクトしたオマージュなどではない。多くの国民は、安倍首相のような優雅にくつろいだ気持ちで、遅々として進まない給付を待っていることなどできないと訴えたのだ。

 なかでも皮肉が効いているのは、4点目の読書姿だ。安倍首相の動画では何を読んでいるかは確認できなかったが、巨人の画像では表紙がバッチリ写っている。その表紙にはこうある。「安倍晋三 この空虚な器」。

 巨人が手にしているのは、「表現者 クライテリオン」(啓文社)という雑誌で、藤井聡・京都大学大学院教授が編集長を務めている。藤井教授といえば、第二次安倍政権で内閣官房参与として安倍首相の政策を支えていたが、消費増税反対を主張し共産党の機関紙「しんぶん赤旗日曜版」(2018年11月18日付)にも登場し消費増税批判を展開したことをきっかけに、内閣参与を実質解任された人物で、その後も安倍政権の経済政策を批判し続けている。しかも、巨人が手にしている「安倍晋三 この空虚な器」特集の号は最新号などではなく、2019年11月号だ。巨人は、安倍首相を批判する言葉を画像に収めるために、半年近く前の雑誌をわざわざ引っ張り出してきたというわけだ。

 さすが芸が細かい。しかし、オール巨人は、周知のとおり、吉本興業所属の大御所芸人だ。吉本興業といえば、いまさら説明するまでもないが、ここ数年、安倍政権と蜜月関係を築いている。それは、吉本新喜劇に安倍首相を出演させたり、所属芸人が官邸を訪問したり、松本人志が安倍首相と会食する、というだけではない。吉本は政府の公的ビジネスに大量に食い込み、巨額の補助金を交付され、大崎洋会長は政府の沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇談会メンバーに選ばれている。松本人志や小籔千豊らを筆頭に、ワイドショーや情報番組でMC、コメンテーターを務める大量の芸人たちの多くは、安倍政権を擁護し野党や政権批判者を攻撃する、擁護芸人と化してしまっている。

ウーマン村本の政治風刺漫才を「弱者の側に立つ」と評価していたオール巨人

 そんな吉本興業の大御所芸人・オール巨人が、なぜ今回、こんなふうに安倍首相に皮肉を飛ばしたのか。

 しかし実は、オール巨人は、2017年末にウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』(フジテレビ)で政治風刺漫才を披露した際、「週刊プレイボーイ」(集英社)2018年2月12日号掲載の連載コラムのなかで、こんなふうに評価していた。

〈だいぶ話題になったのでご存じの方も多いと思いますが、原発などの社会問題に触れてたあのネタ、劇場などで何回か見ているんですが、僕はいいんじゃないかと思ってます。ネタとしても完成度が高かったし、沖縄や福井の人がいやな思いをしたというのならともかく、基本的には弱者の立場に立って政治を皮肉るスタンスですから。本人も福井出身だし、言ってみれば自虐ネタです〉
〈これが、誰かを立ち直れないほど傷つけたらそれはNGでしょうが、僕はあのネタが漫才のルールを逸脱しているとは思いません〉

『M-1グランプリ』(テレビ朝日)や『THE MANZAI』など多くの漫才コンテストで審査員を務めているだけに、まずは「ネタとしても完成度が高かった」と評価したのに加え、「基本的には弱者の立場に立って政治を皮肉るスタンスですから」と、村本大輔の弱者の側に立ち権力者を風刺するという姿勢を評価していたのだ。

 弱者を叩き権力者におもねる、文字通り「幇間」と化した松本人志ら多くの吉本芸人とは違って、オール巨人はお笑いは弱者の側に立ち権力者を風刺するものという芸人として真っ当な感覚を持っているらしい。

 今回のツイートも、そうしたオール巨人の姿勢から生まれたものだったのかもしれない。とはいえ、オール巨人はそこまで、政治や社会問題について発言する機会が決して多いわけではない。それでも、今回こうやってツイートしたのは、それだけ安倍政権のコロナ対応がひどすぎるということだろう。

最終更新:2020.04.15 06:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

オール巨人が安倍首相の痛烈パロディ画像をアップ! コラボ動画の読書姿を再現も表紙には『安倍晋三 この空虚な器』の文字が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オール巨人オール阪神・巨人安倍晋三新型コロナウイルス星野源村本大輔林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
3 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
4 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
5 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
6 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
7 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
8 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
9 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
12 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
13 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
14 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
17 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
18 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
19 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
20 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
10 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
20 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄