大坂なおみ差別はAマッソだけじゃない! 『今夜くらべてみました』も大坂の外見揶揄する差別モノマネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
大坂なおみ差別はAマッソだけじゃない! 『今夜くらべてみました』も大坂の外見揶揄する差別モノマネの画像1
大坂選手の外見を揶揄した『今夜くらべてみました』(番組HPより)


 お笑いコンビ・Aマッソによる大坂なおみ選手に対する差別発言が大問題となっている。

 Aマッソは村上愛と加納愛子が結成したコンビだが、22日に参加したイベントで披露したネタのなかで、村上が投げた「大坂なおみに必要なものは?」という振りに対して、加納が「漂白剤。あの人日焼けしすぎやろ」と返したという。

 ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれた大坂選手のルーツをあげつらう許しがたい差別発言は、イベントを見ていた人がSNSに怒りを投稿したことでどんどん拡散していき、炎上状態となった。さらに、海外にも飛び火。イギリス・BBCまでがAマッソの差別発言をネットニュースで取り上げる事態となった。

 こうした背景には、Aマッソの所属するワタナベエンターテインメントの曖昧で不十分な対応がある。同事務所は公式ホームページを通じて謝罪文を出したのだが、その内容は〈特定の方のお名前を挙げて、ダイバーシティについて配慮を欠く発言を行った件につきまして、お名前を挙げてしまったご本人、思い出野郎Aチームの皆様、当日ライブを鑑賞していらっしゃったお客様、本件について不快な思いを感じた皆様、関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます〉という、この件についてよく知らない人にはなんの謝罪なのかまったくわからない非常に曖昧なものだった。

 言うまでもないがAマッソの発言は〈ダイバーシティについて配慮を欠く発言〉程度の言及で済むものではない。所属事務所はこの発言が、肌の色を揶揄した許されざる差別発言であったことをきちんと明示し、そのうえで謝罪するべきだろう。これでは、真摯な反省をしているとはまったく思えない。

 実際、前述したイギリス・BBCも〈Aマッソの二人は「不適正で、傷つける表現」をしたことを謝罪したが、二度グランドスラムを制したハイチ系日本人である大坂選手の名前は挙げなかった〉(編集部訳)と、謝罪や反省の不備を指摘している。

 しかし、こうした差別的なお笑いへの無自覚性は、Aマッソや所属事務所の問題だけではない。日本の芸能界、さらにはテレビ全体に共通するものだ。

 実は、大坂選手に対する差別発言が炎上している最中、地上波のテレビ番組でも大坂選手の外見を揶揄する芸が堂々と放送されていた。

 9月25日放送『今夜くらべてみました』(日本テレビ)でのこと。この日の番組では、「一瞬だと似てる! 3秒くらいものまね」と題して、ものまねタレントが一発芸的なものまねネタを披露するコーナーがあった。そのなかで、坂本冬休みが「疲れすぎた大坂なおみ」というテーマでものまねを披露したのだが、これが酷いものだったのだ。

 可動式ステージに乗ってスタジオに登場した坂本冬休みは、メイクで顔や体を部分的に黒く塗り、唇を分厚くさせていた。そして、拙い日本語の発音で「ちょっと疲れた〜」と一言を発する。そして、そのままスタジオを去って行った。

 これは明らかに大坂選手のハイチと日本のハーフという属性をあげつらう差別ギャグだ。坂本冬休みは肌を全部真っ黒にしていたわけではないが、メイクで唇を分厚くした上に突き出し強調したことなどは、明らかにアフリカ系をカリカチュアする際の典型的な蔑視表現だし、わざと拙い日本語で喋っているところなども、ハーフへの蔑視が含まれている。そういう意味では、『今夜くらべてみました』が流したのはいわゆる「ブラックフェイス」に類する差別ネタだと言ってもいいだろう。

『今夜くらべてみました』が流した「ブラックフェイス」はなぜ差別なのか

「ブラックフェイス」というのは、19世紀のアメリカで流行った「ミンストレル・ショー」を源流としている。これは、白人が顔を黒く塗って道化を演じたもので、その出し物の根底には黒人に対するグロテスクな差別があった。

 黒人差別と表現の問題を論じた『「ちびくろサンボ」絶版を考える』(径書房)によると、このミンストレル・ショーは〈黒人の無知や無知から来ると思われていた明るさを笑いものにした〉芸風で、〈二十世紀の中頃のテレビ・映画のなかの黒人イメージにまで色濃く影響を及ぼしたと言われる〉とある。

〈当初は白人が顔を黒く塗り黒人奴隷の服装をして、黒人の「愚行」を演じていたが、それはあくまで白人が望んだ範囲での黒人の愚かしさであったり、白人の主人への忠実な奴隷像だったりした。またこの中で唄われる「ニグロ・ソング」も、同様に当初は白人の想像上の産物であって、黒人の実際の心情を反映されたものではなかった〉(同上)

 こうした歴史的背景もあって、アメリカのメディアでは、ブラックフェイスは絶対にやってはいけない差別表現として認識されている。

 2018年には、アメリカのテレビ番組『Megyn Kelly Today』(NBC)で、司会者を務めるメーガン・ケリー氏が「白人がブラックフェイスに、黒人がホワイトフェイスにすると問題になる」「子供の頃は、キャラクターのように変装することについては、OKだった」「(ハロウィンで)黒人歌手のダイアナ・ロスに扮し、肌を黒くしたら、物議を醸し、人種差別者扱いされた。分からないわ。ダイアナ・ロスを好きじゃない人なんているかしら?」(2018年10月27日付ニュースサイト「mashup NY」より)といった発言を行い炎上。後に謝罪したものの、『Megyn Kelly Today』はNBCとの契約途中で打ち切りになるということも起きている。

 アメリカではブラックフェイスを肯定しただけでこのような事態になるわけだが、日本ではお笑い芸人やタレントのブラックフェイスギャグが野放しになっている。

 2015年には、ももいろクローバーZとラッツ&スターが顔を黒塗りにした共演オフショットをSNSにあげたところ炎上しているし、2017年の大晦日には『今夜くらべてみました』と同じ日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』において浜田雅功が映画『ビバリーヒルズ・コップ』でのエディ・マーフィーのコスプレという設定で顔を黒塗りにして問題に発展している。

 浜田のケースでは日本国内にとどまらず、海外からも抗議の声が寄せられ、BBCやニューヨークタイムズまでもが「人種差別的だ」と報じる国際的な問題となった。しかし、日テレも番組も謝罪することもなく、あろうことか年明けに放送された同番組の完全版スペシャルでも該当箇所はカットされることなくそのまま放送された。

 また、大坂なおみ選手についても、日清食品「カップヌードル」のテレビCMに登場した大坂選手のアニメキャラクターが実際の大坂選手よりも白いことが問題になり、これが「ホワイトウォッシュ」であるとして問題になったこともある。

「金属バット」の黒人差別も問題に! 日本のお笑い、メディアの差別性

 そして、今回、Aマッソによる大坂なおみ選手への差別ギャグがここまで大きな問題になっているのに、『今夜くらべてみました』がこうしたブラックフェイス的なギャグをカットもせずに放送したのだ。

 この芸に対して、スタジオにいた出演者たちは爆笑、司会のひとりであるフットボールアワー後藤輝基は「アカン、アカン。こんなもん1秒もアカンで」とつっこんでいが、この「アカン」は差別的な表現に対してダメ出しをしたわけではなく、「3秒どころか1秒も似ていない」という趣旨で、むしろ笑いを増幅させるいじりに過ぎなかった。

 いずれにしても、Aマッソの炎上の最中に、地上波のテレビ番組がこんな差別的なネタをカットもせず、堂々と放送したというのは、日本のお笑いやテレビが、いかに差別やハラスメントの問題に無知であり、無頓着であるかを物語っていると言っていいだろう。

 実際、Aマッソの炎上を受け、もっと酷い差別ネタの存在も指摘されている。若手お笑いコンビ・金属バットがネタのなかで「黒人が触ったもの座れるか!」というセリフを口にしていることが明らかになり、炎上しているのだ。しかし、金属バットは真摯な説明や謝罪をするどころか、メンバーのひとりの小林圭輔にいたっては〈Aマッソの流れ弾でKKKが炎上してまう〉と、白人主義団体のクー・クラックス・クランの名前を出しながら揶揄するツイートを投稿した。

 しかも、問題は日本では、こうした差別表現を擁護する声が少なくないことだ。Aマッソの炎上に関しても、ネット上では「なんでもかんでも差別と言う人間のせいで世の中が生きづらくなる」「コンプライアンスのせいで笑いが面白くなくなる」といった意見が散見された。

 しかし、わかっていないのは、差別やいじめネタがイコールお笑いだと勘違いしている連中のほうだ。むしろ、日本の後進的なお笑いが社会の差別横行と弱者いじめを助長しているという構造を、私たちはもっと真剣に考えるべきではないか。

最終更新:2019.09.27 06:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

大坂なおみ差別はAマッソだけじゃない! 『今夜くらべてみました』も大坂の外見揶揄する差別モノマネのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Aマッソ今夜くらべてみました大坂なおみ日本テレビ浜田雅功編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
6 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
7 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
8 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
11 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
14 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
15 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
16 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
17 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
20 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
12 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄