今年も紅白歌合戦はジャニーズ事務所が私物化…雑誌アンケートで嵐やTOKIOなどが「出てほしくない歌手」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
arashi_01_160227.jpg
ニノが司会やるけど「嵐は紅白出るな」の声が


 今月16日、『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。引退前最後の出演が期待されていた安室奈美恵の名前はなく、また、事前に出場内定が噂されていた小沢健二や桑田佳祐の名も出場者リストにはなかった。

 そんなことから早くも目玉歌手不在の心配をされている紅白だが、今年も相変わらずいつも通りの部分があった。

 それは、ジャニーズの扱いである。NHKとジャニーズの間で約束された規定路線通り、白組の司会が昨年の相葉雅紀に続いて嵐の二宮和也に決定した問題については先日、お伝えしたが、出場歌手も圧倒的な数になった。

 TOKIO、嵐、Sexy Zone、関ジャニ∞といったメンツに加え、今年でCDデビュー10周年を迎えたHey! Say! JUMPが初出場となった。昨年出場したV6とKinKi Kidsの名が消えたものの、それでもジャニーズ事務所所属の歌手はまだ5組もいる。

 SMAP、TOKIO、V6、嵐、Sexy Zone、関ジャニ∞に加え、その年にデビュー35周年を迎えていた近藤真彦がまさかのトリを務めた2015年は、白組出演者26組のうち7組をジャニーズが占める異常事態となった。それに比べれば今回の5組はまだ「マシ」になったといえるが、それでも「私物化」のそしりを免れることはできないだろう。

 先週発売された「週刊文春」(文藝春秋)17年11月16日号では、毎年恒例の「「紅白歌合戦」大アンケート 「出てほしい」「出てほしくない」歌手」が掲載されていたが、その「「紅白に出てほしくない」ワースト30」で、嵐は3位、TOKIOは8位、Sexy Zoneは13位、そしてHey! Say! JUMPにいたってはまだ一度も出たことがないのに22位に名を連ねている。紅白に出場したことのない歌手でワースト30にランクインしたのはHey! Say! JUMPだけである。

Hey! Say! JUMP初出場はジュリー副社長のゴリ押しか

 こういったアンケート結果になった理由として、「週刊文春」の記事ではこんな読者の声が紹介されている。

「ジャニーズだからといって、枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」
「司会、トリ、『ふるさと』の合唱と番組を私物化しすぎ。TOKIO、V6、Sexy Zoneはいらないでしょう」
「ヒットしないのにジャニーズだからと毎年出てるのが腹立たしい。和田アキ子が出なくなったんだから、TOKIOやV6も出るのを止めるべき」

 紅白出場には同一のプロダクションやレコード会社に偏らないよう上限「枠」があることは巷間よく知られているが、ジャニーズのように5枠もとっているところは他にない。

 百歩譲って枠に入っているすべてのジャニーズのグループが世間的な人気を得ているのであれば理解できるが、嵐と関ジャニ∞はともかくとして、Sexy ZoneとHey! Say! JUMPははっきり言って微妙だし、TOKIOも歌手としては疑問符がつく。特に、Hey! Say! JUMPは藤島ジュリー景子副社長のお気に入りグループであり、ゴリ押しの感はいなめない。

 ジャニーズと同じくよく指摘されるのがアミューズだが、今回のアミューズ枠は星野源、Perfume、福山雅治、SEKAI NO OWARIの4組。ツッコミようのないメンツであるうえ、また、それにより、ONE OK ROCK、BABYMETAL、ポルノグラフィティといった出場してもおかしくない歌手が選に漏れている。

 事務所ではなくレコード会社だがやはり出演者の多いエイベックス枠は、三代目J Soul Brothers、E-girls、そして今回が初めての出場となる三浦大知。これまで紅白には7回出場しているAAAは今年も東京ドームを含んだ全国ツアーを成功させているが三浦大知が入ったためなのか選考漏れ。ほかにはAKB48、乃木坂46、欅坂46の秋元康プロデュース3枠くらいで、ジャニーズ事務所の5枠はやはり突出している。

 かつての紅白では同一事務所からの出演者は上限2枠までとされていて、ジャニーズ枠も長らく2枠だった。ところが、ジャニーズは2009年に嵐を初出場させたタイミングで4枠に拡大させる。その後、なし崩し的にどんどん出演数を増やしていった。この背後には、かつて制作統括を務めていた柴崎哲也プロデューサーの事務所べったりの体質があったといわれるが、こうした癒着体質は今年も相変わらずだ。

 ジャニーズとべったりくっついて、その意向を丸飲みしているのはテレビ局全体にいえることだが、NHKは民放よりもはるかに公共性が高い。そのような組織が露骨に特定のプロダクションとの癒着を見せるのはどう考えてもおかしいだろう。

最終更新:2017.11.18 08:42

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

今年も紅白歌合戦はジャニーズ事務所が私物化…雑誌アンケートで嵐やTOKIOなどが「出てほしくない歌手」にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKTOKIOジャニーズ紅白編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
2 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
5 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
8 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
9 菅首相長男のCS放送を総務省が特別扱い!担当は山田内閣広報官
10 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
11 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
14 不具合放置のCOCOAに政府が4億円支出 受注したパーソルに中抜き疑惑も
15 菅首相の激怒でNHK『NW9』有馬キャスターが降板に!
16 菅政権がワクチン接種でも大失態! 特殊な注射器用意せず、韓国と対照的
17 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
18 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
19 高須院長が村上春樹に「日本人ですか」と差別丸出し攻撃を仕掛け批判殺到!
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
2 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
3 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
4 川淵三郎は極右歴史修正主義者! 最高顧問の教育団体は親学と連携
5 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
6 菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
7 菅首相長男のCS放送を総務省が特別扱い!担当は山田内閣広報官
8 有馬キャスター降板だけじゃない! NHKが世論調査でも政権忖度
9 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
10 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
11 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
12 菅政権がワクチン接種でも大失態! 特殊な注射器用意せず、韓国と対照的
13 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
14 密室談合の川淵三郎後任人事を菅も安倍も認めていた
15 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
16 福島県沖地震で再び朝鮮人差別デマ 通報の動きに「ネタ」「パロディ」と反論も
17 森喜朗辞任でも「となりの森さん」二階幹事長、秋元康
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄