予想的中! 宮崎駿監督が新作アニメを製作! 宮崎監督が言論弾圧すらも覚悟する次作の中身とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
予想的中! 宮崎駿監督が新作アニメを製作! 宮崎監督が言論弾圧すらも覚悟する次作の中身とは…の画像1
画像はBlu-ray『プロフェッショナル 仕事の流儀 特別編 映画監督 宮崎 駿の仕事 「風立ちぬ」1000日の記録/引退宣言 知られざる物語』(NHKエンタープライズ)より

 やっぱり、宮崎駿監督は戻ってきてくれた。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがアメリカ・ロサンゼルスで開かれたアカデミー賞のプレイベントで、宮崎監督が現在長編アニメを製作中であると明かしたのだ。

 周知のとおり宮崎駿監督は2013年9月、『風立ちぬ』を最後に引退を表明、2014年8月にはジブリ解散とも盛んに報じられた。しかし当時から、本サイトは「ジブリ解散はない」「宮崎駿監督は次の作品を必ずつくる」と繰り返し報じてきた。

 当時のジブリ解散説はジブリが作画スタッフの契約を打ち切るなど大量リストラを進めていたことから出たものだったが、本サイトではこうしたリストラはむしろ宮崎監督の次回作に備えるための再構築であるとの見方を示していた。そして、宮崎駿監督の最後の映画が『風立ちぬ』になるはずがないと報じていた(https://lite-ra.com/2014/08/post-310.html)。

 それは、宮崎監督が3.11の少し後、ちょうど『風立ちぬ』を製作している最中にインタビューでこんなことを語っていたからだ。

「今ファンタジーを僕らはつくれません。子どもたちが楽しみに観るような、そういう幸せな映画を当面つくれないと思っています。風が吹き始めた時代の入り口で、幸せな映画をつくろうとしても、どうも嘘くさくなってだめなんです」
「こういう時代でも、子どもたちが「ほんとうに観てよかった」と思えるファンタジーがあるはずですが、今の僕には分かりません。それが分かるまであと数年はかかります。それまでスタジオは生き延びなければいけない。いったい、僕はいくつになっているのか(笑)」
「生き延びるために、「コクリコ坂から」後の次の映画にとりかかっていますが、スタジオの大きな墓穴を掘っている可能性はおおいにあるわけです(笑)」
「世間がどんなににぎやかにやっていても、僕らはおだやかな落ち着いた方向へ舵をきるつもりです。ただ歳をとっただけだという可能性もあるんですが(笑)。でも、その方向に自分たちが探している新しいファンタジーがあるのではないかと思っています。まだ語るほどの内容はありませんが、そう感じています」

 これらは、『本へのとびら──岩波少年文庫を語る』(岩波書店)におさめられた語り下ろしインタビューでの発言だが、宮崎監督がここではっきりと語っているのは、『風立ちぬ』はスタジオが生き延びるための映画であり、その先に、「こういう時代に子どもたちが『ほんとうに観てよかった』と思えるファンタジー」をつくるという目的があるということだ。それが何かわかるまで数年かかるから、それまでスタジオが生き延びなければならない、と。

 これはつまり、数年先になれば『風立ちぬ』の次、ほんとうにやりたかった作品をつくり始めるという宣言である。

 “風が吹き始めた時代”に観てよかったと思える映画。それについて、宮崎監督はさらにこうも語っている。

「風が吹き始めました。(中略)何かが起こるだろうという予感は、みなが持っていたように思います。それでも、どんなに立派な戦争より、愚かな平和のほうが尊いと思うようにしていました。そして突如歴史の歯車が動き始めたのです。生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。この国だけではありません。破局は世界規模になっています」
「風が吹き始めた時代の映画は、机の抽斗にかくさなければならない作品かもしれないという覚悟がいります」

 これは震災直後に語られたものだが、数年を経て、その風がますます強くなっていることは、読者のみなさんにもおわかりいただけるだろう。実際、宮崎監督自身、安倍首相の改憲路線に対する危機感をたびたび語っている(https://lite-ra.com/2015/02/post-872.html)。

 宮崎駿の映画は国民的コンテンツであると同時に、混迷の時代に私たちが進むべき道を照らしてくれる数少ない存在でもある。安倍政権が確実に改憲の歩を進め、風がますます強くなるいま、宮崎駿映画が存在する意味はますます大きい。「机の抽斗にかくさなければならない作品かもしれないという覚悟」という言葉には、言論弾圧をも意識した強い覚悟が感じられる。

 風が吹き始めた時代の映画。机のひきだしに隠さなければいけない作品。それは一体何なのか。宮崎監督が引退会見しジブリ解散が報じられていた3年前、妄想だとバカにされるのを承知で本サイトは宮崎駿監督の次回作を予想していた。宮崎監督の新作製作が明らかになったいま、あらためて以下にその記事を再録するのでぜひご一読いただきたい。
(編集部)

**********

 ジブリ解散説をめぐって、本サイト「リテラ」が「作画スタッフを人員整理しているのは事実だが、解散はない」と書いたのは8月2日。ところが、8月4日なって再び「夕刊フジ」と同紙のサイト「ZAKZAK」が「ジブリアニメ撤退」と報道。「yahoo!」でも取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。

「夕刊フジ」の記事によると、ジブリは今年春に制作部門を解体し、映画製作から撤退。「思い出のマーニー」が同社の最後の作品になりそうだという。

 だが、8月2日の原稿でも書いたように、常駐スタッフを解雇して現行の制作部門を解体するからといって、イコール、ジブリ解散でもなければ、アニメ制作からの撤退でもない。アニメーション業界ではもともとほとんどの会社が常駐スタッフをおいていない。作品ごとにフリーのアニメーターを集め、制作が終わると解散、というのが普通なのだ。

「宮崎(駿)監督が引退して、他の監督作品の興行収入では、その常駐スタッフの人件費をまかなえない。だから、他のアニメーション会社と同じようなフリーを使う体制に切り替える、それだけのことだと思いますよ。おそらく『思い出のマーニー』の米林宏昌監督と、宮崎さんの息子である吾朗さんの2人を看板監督に、これからも制作は続けるはず」(ジブリに詳しいアニメーション関係者)

 実際、株主総会でも、鈴木敏夫代表取締役は「制作部門を1回解体」するとはいっているが、同時に「再構築をしようと思う」と語っており、解散や撤退などは一切口にしていない。

「にもかかわらず、こんなに何回も解散・撤退が報道されるというのはおそらく、映画関係者のリークでしょう。公開中の『マーニー』の興行成績が伸び悩んでいるので、“ジブリ最後の映画”と煽っててこ入れしようとしているんじゃないでしょうか」(前出・関係者)

 まあ、本サイトがいくら「解散はない」といっても多勢に無勢で聞き入れてもらえないだろうが、そんな空気は一切無視し、あえてジブリの次回作を予測してみよう。実は筆者はジブリの次回作にあたりがついているのだ。

 何を根拠に? そう思われるかもしれないが、ヒントは2010年頃にスタジオジブリが非売品として作成した小冊子「岩波少年文庫の50冊」の中にある。岩波少年文庫は世界の児童文学の代表作を集めたシリーズだが、この小冊子は児童文学に造詣が深い宮崎駿監督がその岩波少年文庫からお気に入りの作品を50冊選んだもの。後に宮崎氏の著作『本へのとびら 岩波少年文庫を語る』(岩波新書)にも収録されている。

 実は、最近の若手監督によるジブリ映画は、その「岩波少年文庫の50冊」で紹介されている作品がほとんどなのだ。息子・吾朗監督のデビュー作である『ゲド戦記』も宮崎監督が同冊子の中で強く薦めているし、2010年に公開された『借りぐらしのアリエッティ』も同書のなかに登場する『床下の小人たち』が原作。そして、現在公開中の『思い出のマーニー』についても、宮崎監督が同冊子で「この本を読んだ人は、心の中にひとつの風景がのこされます。入江の湿地のかたわらに立つ一軒の家と、こちらをむいている窓」と書いている。

 宮崎監督は、この岩波少年文庫をアニメのネタ探しのために片っ端から読んだと告白しており、『クローディアの秘密』など、アニメ化を試みたことがある作品も少なくない。そして、その思いは若い監督達に受けたがれてきた。いわば、岩波少年文庫は宮崎アニメ、ジブリアニメの源泉と言ってもいい存在なのだ。

 おそらく、それは宮崎監督が引退した今後も変わらないだろう。実際、『思い出のマーニー』も宮崎駿が一切関わっていない作品だが、明らかに宮崎監督がこの岩波少年文庫収録の作品を気に入っていたことが企画採用の大きな要因となっている。

 しかも、前回の記事で、宮崎監督が『風立ちぬ』の次に「いまの時代にほんとうに観てよかったと思える新しいファンタジー」をつくろうとしていたことを紹介したが、次回作が宮崎監督の復帰作になる可能性も十分あるのだ。

「監督でなくとも、原案や原作という形で復帰する可能性は十分ある。とくにもしジブリが本当に解散するなら、必ず宮崎さんが何らかの形で関わる作品が最後の作品になるはずです」(前出・関係者)

 ならば、ますます宮崎監督が「岩波少年文庫の50冊」で紹介している、監督の大好きな作品が次回作になる可能性は高いといえるだろう。

 では、具体的にどの作品が候補なのか? 実は「岩波少年文庫の50冊」で、宮崎監督はすべての作品を手放しでほめているわけではない。宮崎監督らしくかなり率直に感想を書いていて、気に入っていない作品、本当にいいなと思っている作品もすごくもわかりやすい。

 たとえば、『ハイジ』(ヨハンナ・シュピリ)については、自分たちのアニメの方がはるかにできがいいという意味のことを書いているし、『ロビンソン・クルーソー』(デフォー)も白人が力で収奪するのが「気になる」と指摘している。
 
 逆にかなりの字数をさいて、思い入れたっぷりに語っているのが、『まぼろしの白馬』(エリザベス・グージ)『飛ぶ教室』(エーリヒ・ケストナー)『みどりのゆび』(モーリス・ドリュオン)『ぼくらはわんぱく5人組』(カレル・ポラーチェク)という4作品だ。

 まず、『まぼろしの白馬』は宮崎監督が69歳のときに中川李枝子氏(『ぐりとぐら』作者で『となりのトトロ』の挿入歌の作詞も務めた)に薦められはじめて読んだ作品。前述したように、宮崎監督は「いまの時代にほんとうに観てよかったと思える新しいファンタジー」をつくることが自分たちの使命だと語っているが、この作品を「ほんとうのファンタジー」と絶賛している。しかも、女の子が主人公で「不思議なところがあちこちにある」という設定も、宮崎監督の好みのような気がする。

 一方、ファンタジーではないが、宮崎監督が抱いている時代への危機感とリンクしているのが『飛ぶ教室』だ。宮崎監督はこの作品について、「時代が破局に向かっていくのを予感しつつ、それでも「少年たちよ」という感じで書かれたもの」と語っている。しかも、この物語を読んで「ぼくには少年時代も大人の時代もやり直すことはできません。でも…と思います。ちゃんとした老人になら、まだチャンスはあるかもしれないって…。」という感想を述べている。

『みどりのゆび』も同じように、宮崎監督が今の時代に必要だと考えているお話かもしれない。自分の親指がふれるものから草や花がはえてくるという能力をもった主人公のチトが兵器工場や刑務所を緑にかえてしまうお話で、まさにジブリ的なファンタジー。宮崎監督も「ぼくらのゆびは、みどり色ではありませんが、チトの側にいようと思っています」と思い入れたっぷりに語っている。

『ぼくらわんぱく5人組』はナチス占領前のチェコスロバキアのユダヤ人の少年の話だが、ファンタジー的な要素も強い。宮崎監督は「あとの12章は作者が何を伝えようとしているのか、ぼくには判らないのです」「未完だったかもしれないとも思いました。作者はこの原稿をひみつの机にかくして、強制収容所で殺されてしまったからです。」と語っているが、その感想はネガティブなものではなく、どうにか理解したいという気持ちが伝わってくる。しかも、この数年後、震災直後のインタビューでも、宮崎監督はこの作品のことをこんなふうに語っている。

「風が吹き始めました。(中略)生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。この国だけではありません。破局は世界規模になっています。(中略)放射能をはらむ風が窓の外の樹々を吹き荒れているのを見ているうちに、今、もう一度『ぼくらはわんぱく5人組』を読まなければならないと思いました。ポラーチェクがアウシュヴィッツで殺されたとき、この原稿はある出版社の机のなかにかくされていたのです。/この作品は「やり直しがきく話」という僕の考える児童文学の範囲をはるかに超えるものを含んでいるようです。」

 実は同じインタビューの中で、宮崎監督は自分とジブリがこれから取り組むべき映画について「風が吹き始めた時代の映画は、机の抽斗にかくさなければならない作品かもしれないという覚悟がいります」とも話している。宮崎監督がこれから、ナチの占領下で机の引き出しに隠されていた作品を取り出し、新しい時代の映画にしようとする可能性は十分ある。

 どうだろう。いずれも、宮崎監督が思い入れたっぷりに語っているだけあって、ジブリが映画にするのにふさわしい作品ばかりだ。ここはあえて断言しよう。ジブリの次回作は『まぼろしの白馬』『飛ぶ教室』『みどりのゆび』『ぼくらはわんぱく5人組』このうちのどれかだ、と。

 こんなことを書くと、「夕刊フジ」や「ZAKZAK」を信じているあなたは「ジブリは解散するのに、何を妄想してるの?」と小馬鹿にするかもしれない。だが、筆者とリテラは誰がなんといおうと、ジブリが、そして宮崎駿が「いまの時代にほんとうに観てよかったと思える新しいファンタジー」で私たちを再び感動させてくれると確信している。答えは遅くともあと数年のうちに出るはずだ。
(酒井まど)

最終更新:2017.11.20 05:01

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

予想的中! 宮崎駿監督が新作アニメを製作! 宮崎監督が言論弾圧すらも覚悟する次作の中身とは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ宮崎駿編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
2 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
3 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
4 安倍がインスタで星野源とのコラボ動画アップもコメント欄に批判殺到
5 中居がすべらない話でJのタブーに!
6 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
7 安倍「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者、買収罪に相当
8 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
9 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
10 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
12 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
13 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
14 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
15 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
16 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
17 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
18 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
19 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
20 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
12 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
13 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄