木村拓哉帰国にあわせジャニーズが“裏切り者”イメージ払拭のためになりふりかまわぬ情報操作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimuratakuya_160823.jpg
ジャニーズ事務所が動けば動くほどボロが出て、イメージダウンしていくキムタク

 ここまでわかりやすいともう笑うしかない。SMAP解散発表から8日目の昨夜。木村拓哉が休暇を過ごしていたハワイから帰国した。

 リオ五輪閉会を待ったかのような帰国。しかも、空港のゲートで「ファンに一言」という質問が飛ぶと、キムタクは報道陣のほうに戻ってきて「心配かけて申し訳ありません」と立ち止まって謝罪の言葉を述べた。そのあとも車に乗り込む際に取材に応じ、メンバーに対しては「一緒にやってきたメンバーなので、気持ちというか……やってきたという事実は事実であるので」、解散には納得しているのかとの問いには「ファンのみなさんが一番納得していないと思います」「納得というよりかは去年の末から今回の騒動に至るまで自分自身は変わっていない」と語った。

 これを受けて芸能マスコミは「SMAPメンバーではじめて、取材に応じた」「率直に思いを語った」と好意的な報道を大々的に展開している。

 だが、これはもちろん、ジャニーズ事務所の仕込んだ演出だ。各マスコミは一昨日までキムタクがいつどこに帰国するか分かっておらず、成田、羽田で張り込んでいたが、昨日の朝にはジャニーズ事務所から、キムタクが夕方、帰国するとの情報がもたらされ、詳しい便名まで知らされたという。

「キムタクはわざわざ報道陣のいるゲートから出てきましたし、最初から取材させることが前提の帰国であることは明らかです。他の4人の口を封じておいて、キムタクだけに、生の声、言葉でファンに謝罪させる。それで、生取材に応じていない他の4人とのちがいを見せつけて、イメージアップをはかろうという作戦だったんでしょう」(スポーツ紙ジャニーズ担当)

 木村のハワイ旅行は家族で行っていた。ところが、今回の帰国では、自分ひとりだけわざわざ別便で帰ってきた。これだけをみても、マスコミを意識したパフォーマンスだったのは明らかだろう。

「リオ五輪閉幕を待っての帰国というのも、香取や草なぎたちとちがってとキムタクは五輪に配慮してます、というアピールでしょう。五輪中に発表したのは、ジャニーズ事務所の意向で香取たちに罪はないんですが、今のジャニーズはそんな理屈が通じる状態じゃない。とにかくどんな手を使っても、香取、なぎが悪で、キムタクが正しいことをアピールしろ、という姿勢ですから」(前出・スポーツ紙ジャニーズ担当)

 実際、ジャニーズ事務所はこれまでも、木村の“裏切り者”イメージを払拭するため、関係者も驚くような露骨な演出と強引な情報操作を行ってきた。

 いや、そもそも、この間、木村がハワイに滞在していたこと自体、ジャニーズの仕掛けだったのではないか、と言われている。

 実は、14日の解散発表直後、ジャニーズ事務所から御用マスコミに「木村は活動休止で決まったと思い込んで家族と出かけており、解散は寝耳に水だった」という情報が一斉に流された。また、同時にメリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長もハワイに行っていることが明かされたという。

 スポーツ紙各紙はこれを受け、「木村のいない間に4人の意志で解散が決まった」「4人は木村の不在を狙って解散を申し入れた」「知らせを聞いた木村は、電話で知り絶句していた」と書き立て、御用週刊誌の「女性セブン」にいたっては、「木村さんは“解散なんて聞いてない!”と立ち尽くしたといいます」と、いったい誰がそれ見たんだよ、と言いたくなるようなコメントまで載せていた。

 しかし、常識で考えてみればいい。今の4人に、木村のいないところで勝手に解散を言い出し、ジャニーズ事務所に対して自分たちの意志を押し切るような力があるわけがないだろう。もしそんな力があるなら、なぜ彼らはあんな公開処刑のような生謝罪をやらされたのか。説明がつかないではないか。

 また、木村についても、その行動を見ると、解散に反対だったとはとても思えない。本当に反対なら緊急帰国してもよさそうなケースだが、木村は解散を阻止しようと動いた気配さえなかった。

 ようするに、これ、真相はまったく逆なのだ。ジャニーズ事務所は最初からSMAPを解散に追い込むつもりで、木村もそれを知っていた。ただ、解散を発表したら、再びメリー氏や木村に非難が集中する。だから、それを避け、自分たちは無関係であることをアピールするため、あらかじめハワイ旅行に脱出し、ジャニー社長が全責任を負うかたちにしたのだろう、と関係者は口を揃えている。

 実際、御用マスコミがいくらジャニーズのリークに乗っかって、「木村は解散を知らなかった」という記事を垂れ流しても、ほとんどのファンは信じなかった。むしろ、木村一家がメリー氏やジュリー氏と合流していたとの情報が流れ、「やっぱりメリーとキムタクがグルになって4人をハメた」と事務所に抗議が殺到する事態となった。

 ところが、懲りないジャニーズと御用マスコミは、さらに失笑ものの情報操作を行っている。木村とメリー氏がハワイで合流していたとの情報を打ち消すため、「スポーツニッポン」がこんな記事を載せたのだ。

〈ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)が、11日にSMAP解散が正式に決定した後、休暇のためハワイ入りしていたことが15日、分かった。メリー氏の長女で事務所副社長の藤島ジュリー景子氏(50)、歌手の竹内まりや(61)、女優の大地真央(60)という豪華メンバーと共に“セレブ女子ツアー”中。目撃した人は「オシャレな方たちばかりなので目立ち、すぐに分かりました。意外なメンバーでびっくりしました」と驚いていた。〉

 つまり、メリー、ジュリー親子は“セレブ女子ツアー”(笑)中を目撃されており、キムタク一家と合流なんてしているわけがないというのである。ハワイでメリー、ジュリー親子を特定できるって、どれだけ芸能通の目撃者なんだ、とツッコミたくなるが、これもやはりジャニーズ事務所のリークだったらしい。

「しかも、メリーさんの周辺からの情報のようですよ。記事に『オシャレな方たちばかり』などと、気持ちの悪いヨイショが散りばめられているのは、そのせいでしょう(笑)」(スポーツ紙記者)

 もはや笑うしかない芸能マスコミの奴隷ぶりだが、ジャニーズの情報操作は、木村の帰国が近づくにつれて、さらにエスカレートしていった。象徴的なのが、今回の帰国直前、各メンバーがラジオで出すコメントを使ったイメージ操作だ。

 香取慎吾、草なぎ、稲垣は、解散発表のコメントとほとんど同じことしか口にしなかった。中居もリオ五輪中に世間を騒がせたことへの謝罪がプラスされていたものの、解散についての文言は「申し訳ありません」という定形だった。一方、キムタクは19日に放送されたラジオ『木村拓哉のWhat's up SMAP!』(TOKYO FM)でファンに「すべてのSMAPファンのみんなに、ただただ、申し訳ない、本当にゴメン」と肉声で語りかけた。マスコミはキムタクだけが自分の言葉で誠実に謝罪したように報道したが、裏事情はぜんぜん違ったのだという。香取に近いジャニーズ関係者は呆れた様子でこう語っていた。

「あれはジャニーズサイドが4人に解散コメントと同じことしか言うなとストップをかけているんだよ。キムタクだけに生の言葉で謝罪させ、『SMAP×SMAP』で一人だけ謝らなかった悪いイメージを挽回させようとしたんだ。しかも、その直後、キムタクがこのラジオ番組の実際の収録では、メンバー一人一人にメッセージを語っていたが、放送でカットされたという話をテレビ朝日がやったでしょ。あれなんて、ジャニーズのリークじゃないと絶対に報道できない話。ジャニーズが意図的に、キムタクだけが解散に反対で、メンバーに思いを伝えたがっているということをアピールしたんですよ」

 そして、こうしたイメージ操作の極め付けが今回の木村の帰国パフォーマンスだったのである。

 事実、木村の会見を受けて、スポーツ紙やワイドショーがさっそく、「やはり木村はスジを通していた」「木村は一貫してSMAP解散に抵抗していた」と木村擁護の大合唱を始めている。しかも、中には木村擁護のためにこれまで報道されてきた事実を捻じ曲げようとする動きまで出てきた。

 今日の「スポーツニッポン」が帰国の際の「去年の末から今回の騒動に至るまで、自分自身は変わってない」という発言を取り上げ、こんな記事を書いているのだ。

〈スポニチ本紙の取材では昨年6月に女性マネジャーがメンバー全員を集め、独立話があることを初めて説明した。その場で木村は「それ(独立)がいいとは思わない」と独立の意思がないことを表明。事務所と確執もないのに退社するのは筋が通らないという主張だった。
 ところが同12月。元マネジャーが水面下で活発化させていた独立への行動にメリー喜多川副社長(89)が激怒。事務所が初めて公式にメンバー全員の意思確認をすることになった。木村以外が独立の意思を表明する中、木村は半年前と変わらず残留の意思を示した。これに驚いたのがほかのメンバー。元マネジャーから、木村も独立に賛同していると説明を受けていたからだ。これがグループが分裂する決定的な原因になった。〉

 もはや開いた口がふさがらない。木村が昨年の時点で一旦独立に同意したのは、「週刊文春」はもちろん「女性セブン」などの御用メディアでさえ認めていた明らかな事実ではないか。だいたい、木村が行動を共にしてくれるという確信なしに、飯島マネージャーが独立に動くはずがない。実際に、木村の映画などについても権利配分の話が進んでいたことは、今年の初め、ジャニーズ関係者も認めていた。

「おそらく、一旦独立に同意をしていたということを否定しないと、“裏切り者”のイメージは消えないと判断。今頃になって、飯島マネージャーが嘘をついていたことにして、事実をひっくり返そうとしているんでしょう。まずは、一番の御用マスコミであるスポニチに書かせ、これから先、ワイドショーや週刊誌にもその線でがんがん書かせる作戦じゃないですかね」(前出・スポーツ紙記者)

 ただ、ジャニーズがいくら強引な情報操作をして、御用マスコミがいくらそれを垂れ流しても、世間にはもうその手口がすっかりバレてしまっている。下手にあがけばあがくほど、キムタクのイメージは悪くなり、メディアの信用性がなくなっていくだけのような気もするのだが……。
(時田章広)

最終更新:2016.08.23 10:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

木村拓哉帰国にあわせジャニーズが“裏切り者”イメージ払拭のためになりふりかまわぬ情報操作のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
4 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
6 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
7 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
8 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
9 芸能人と熱愛したグラドルは引退?
10 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
11 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
12 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
13 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
14 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
1 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
2 GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
3 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
4 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
5 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7 GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12 「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15 小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
16 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17 ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
20 槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄