野間易通のツイッター凍結にネトウヨが「ヘイトスピーチ対策法に抵触」のデマ攻撃! “ヘイト”の捏造解釈を許すな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hatedemo_01_160606.jpg
予定場所を変更した川崎市のヘイトデモは差別反対派の抗議により中止となった(YouTube「ANNnewsCH」より)


 今日6月6日、対レイシスト行動集団「C.R.A.C.」と、主宰者の野間易通氏のツイッターアカウントが突如、外部からツイートを閲覧できない「凍結」状態になり、ネット右翼たちが狂喜乱舞している。

 現在、ツイッター社は、ふたつのアカウントに対する凍結処置について一切言及しておらず原因は不明。また、ツイッター社が野間氏とC.R.A.C.のツイートのみをあげつらって「凍結」するとは考えづらく、単なるシステム上のエラーの可能性も高い。だが、この状況に際して、ネット上ではこんなトンデモ言説が撒き散らされているのだ。

〈野間自体がヘイトスピーチ規制法に引っかかった説w〉〈ヘイト感が溢れてて、反社会的なツイートばかりだったからね。(凍結は)しょうがないね。〉〈つまり、野間やクラックと言った反日パヨク達はヘイトを撒き散らすレイシストだと言うことですね。〉〈Twitter側もやっぱヘイトスピーチには厳しく対処していくという事ですね。なぜかパヨクの人達は「自分たちは問題ない」と考えてたみたいだけどw〉

 ようするに、野間氏らのツイートは「ヘイトスピーチ」にあたり、今月3日から施行された「ヘイトスピーチ対策法」の違反対象となった、というのだ。

 だが、これは明らかにヘイトスピーチの定義とヘイト対策法を曲解した、噴飯モノの見解としか言いようがない。

 まず、本サイトでも何回も説明してきたことだが、ヘイトスピーチというのは、とりわけ人種、性別、民族など、容易に変更がきかない属性を根拠とした差別的表現、あるいは差別によって犯罪行為を助長する表現のことをいう。

 しかし、本サイトが野間氏とC.R.A.C.の最近のツイートログを確認したところ、人種や民族等を理由にマイノリティへの差別を助長させるような言辞は一切見られなかった。よって、野間氏らが「ヘイトスピーチ」を理由にアカウントを凍結されたなどというのは完全なデマ。ネトウヨたちは、“反ヘイトの人たちこそヘイトスピーチをしている”なるファンタジーを語っているにすぎないのだ。

 もともとネット右翼たちは、これまでも定義を捻じ曲げて、たとえば「安倍はやめろ」「安倍はバカ」という公権力に対する異議の表明までも「ヘイトだ!」などとのたまってきた。こうした連中のご都合主義的解釈を見ていると、今回施行されたヘイト対策法の内容もまったく理解していないのは自明だろう。

 そもそもヘイト対策法は、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」の解消を目的とする理念法だ。罰則規定はないが、川崎市で昨日5日に実施すると予告されたヘイトデモに対して市が公園の使用を不許可とし、横浜地裁川崎支部も今月2日にヘイトデモを一部地域で禁止する仮処分決定を出すなど、同法の影響は小さくはない。少なくとも、在日コリアンらに対する虐殺の扇動まで許されていた従来を考えれば、同法の成立・施行は、その生命に関わる差別的言動をくい止めねばならないという観点から評価するべきだ。

 もっとも、ヘイト対策法が保護対象とする「本邦外出身者」を「適法に居住するもの」として制限したことから、もとより日本に居住しているアイヌ民族、あるいは難民申請者などに対する差別を認めてしまうのではないかとの懸念もあるが、これについては付帯決議として“保護対象以外への差別的言動が許されるとの理解は誤り”との文言を入れることで成立した。

 しかし、前述のとおり、レイシストのネトウヨたちはヘイトスピーチの定義を捻じ曲げることで、ヘイト対策法の理念を矮小化しようとする。しかも、こうした曲解によって、安倍政権や政府の政策に対する批判を攻撃するやり口は、ネトウヨ連中だけにとどまらない。

 実際、多くの問題点が指摘され、修正することになったヘイト対策法の与党案については、自民党の長尾敬衆院議員がSNSで、「沖縄の米国人に対するヘイトスピーチにも関連する」「米国軍人に対する排除的発言が対象」などと説明。さらに先月には、安倍首相との共闘路線をとる橋下徹前大阪市長が、沖縄県で発生した米軍属による女性殺害遺棄事件に絡めて、こんなトンデモツイートを発した。

〈沖縄米軍軍属の殺人事件。やはりというか、朝日・毎日新聞をはじめとする自称人権派が米軍基地の存在を問題視している。〉
〈外国人が犯罪を犯したらその外国人を排斥する。これこそ移民排斥のロジックと同じ。朝日・毎日、その一派は移民や難民に優しいきれいごとを言って、米軍軍属など外国人が犯罪を犯せば外国人は日本から出て行け!とのロジック。きれい事ばかり言う人権派の典型例。〉

 このツイートは直接的にヘイト対策法に言及しているものではないが、明らかに、基地問題に対する政治的疑義を「外国人差別」にすりかえ攻撃するという、ネット右翼や自民党による曲解の手法と同じだ。

 施行されたヘイト対策法については、“公権力に「拡大解釈」されることで「表現の自由」が侵害される”との懸念も指摘されてきた。たしかに、橋下氏のような右派政治家の言動、そして言論に対する圧力を強めている安倍政権の傾向を考えれば、その危険性は無視できるものではないだろう。

 しかし、だからこそ、公権力による法の恣意的解釈には、常に目を光らせておかなくてはならない。

 そもそも法治主義は、為政者による圧政を許すためのものでは断じてなく、民衆の側が絶えず権力側を牽制し、個人の権利を守ることを目的とするものだ。

 ネトウヨや橋下氏、安倍政権が仕掛ける矮小化、論理のスリカエに騙されることなく、差別を許さないという理念を守る。わたしたちに必要なのは、その確固たる決意に他ならないのだ。
(宮島みつや)

最終更新:2017.12.05 10:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

野間易通のツイッター凍結にネトウヨが「ヘイトスピーチ対策法に抵触」のデマ攻撃! “ヘイト”の捏造解釈を許すなのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ツイッターネトウヨヘイト宮島みつや野間易通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
2 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
3 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
4 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
5 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
6 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
7 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
8 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
9 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
10 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
13 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
14 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
15 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
16 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
20 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
1 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4 菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
5 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
6 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
7 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
8 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
9 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
10 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
11 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
12 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
13 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
14 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
15 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄