相武紗季の結婚相手に浮上した「暴力団と関係」情報の真偽は? 父親の暴力団組長射殺事件を週刊誌も報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aibusaki_160510.jpg
ボックスコーポレーション公式HP在籍者プロフィールより

 噂はどうも、ただの噂ではなかったらしい。5月3日、36歳の一般人男性との結婚を発表した相武紗季。ところが、お相手男性・K氏の“素性”をめぐって、このゴールデンウイーク、ネットではなんとも物騒な情報が飛び交っていた。

 K氏は現在、化粧品販売やPRを手掛ける会社経営者だが、父親は暴力団組長、本人も反社会的勢力との付き合いがあるというのだ。

 端緒となったのは「日刊サイゾー」(5月6日配信)のスクープ。記事によれば「K氏は少し前までヤミ金で一儲けしていた人物」で、「反社会的勢力との付き合いもあるし、そもそも父親は九州を拠点にする暴力団のトップだった人物で、抗争のさなかに不慮の死を遂げている」という。

 この記事が大きな反響を呼び、ネットではK氏の実名や真偽不明の噂が飛び交う事態になったが、一方では「本当に暴力団と関係あるなら、さすがに事務所も止めるだろうからそれはないだろう」という見方も広がっていた。

 しかし、昨日発売の「FLASH」(光文社)5月24日号が「相武紗季 結婚相手のなんとも『特異な』経歴」という記事で、やはり「父親については『暴力団の幹部だったが、自分が若いころに殺された』と話していたよ」という知人のコメントを掲載。この情報の一部が事実であることを裏付けた。

 たしかに、本サイトの調べでも、K氏の父親はかつて福岡県大牟田に本拠地を置く指定暴力団系暴力団の二代目総長だった人物である可能性が濃厚だ。そして、1994年、49歳のときに抗争の内紛から自宅で頭や胸を撃たれ射殺されている。また、K氏には兄弟がいるが、弟は強盗傷害や恐喝での逮捕歴もあるとの情報も流れている。

 もちろん父親が暴力団だろうが、兄弟が事件を起こしていようが、本人や相武には関係ないことだ。それだけなら、むしろ、偏見を乗り越えて結婚を決意した相武のことを褒めるべきだろう。

 しかし、問題はK氏本人の反社会的勢力との関係だ。K氏は西麻布のダーツバーFの共同オーナーだが、この店は市川海老蔵の暴行事件の舞台になった場所。関東連合の関係者も出入りしていたことで知られている。

「たぶん、そういうやばい筋の人脈はあるでしょう。ただ、本人は暴力団員でも半グレでもないようなので、そこは大きな問題にはならない。むしろ、焦点は過去にヤミ金をやっていたというのが事実かどうか、でしょうね」(芸能レポーター)

 前述したように、日刊サイゾーはK氏に関して「少し前までヤミ金で一儲けをしていた人物」と書いている。「FLASH」もK氏が不動産関連企業を辞めた後「高校の先輩と2人である事業を始めた。当時、とにかく人を集めていたのを覚えている」と書いているが、この「ある事業」というのがヤミ金だったのではないか、という見方が流れている。

「『FLASH』も当初は、ヤミ金の部分をメインにしようと取材していたんだが、事務所に取材して、その部分を削ったと聞いている。裏をとりきれなかったのか、それとも『FLASH』お得意のバーターなのかは不明ですが」(週刊誌記者)

 K氏の経歴や素性については、取材を継続している社もあるというから、真相はもうすぐ明らかになるかもしれない。いずれにしても、本来はおめでたい話が一転してこんな展開になってしまったことで、相武紗季の所属事務所、スポンサーや広告代理店関係者は、困惑を隠せないでいるようだ。
(時田章広)

最終更新:2016.05.10 11:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

関連キーワード

相武紗季の結婚相手に浮上した「暴力団と関係」情報の真偽は? 父親の暴力団組長射殺事件を週刊誌も報道のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。時田章広暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
11 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
15 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
16 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄