『24時間テレビ』はゴリ押しの声も! Hey!Say!JUMPは嵐になれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
HeySayJUMP_150823.jpg
果たしてHey!Say!JUMPの運命やいかに?


 先ほど無事放送を終えた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。きのう、メインパーソナリティを務めたV6のゴリ押しっぷりについて紹介したが、今回V6とともに初のメインパーソナリティを務めていたHey!Say!JUMPのゴリ押しっぷりも相当らしい。

 2007年にデビューしたHey!Say!JUMPは、11年にデビューしたKis-My-Ft2や12年デビューのA.B.C.-Z、昨年デビューしたジャニーズWESTなどに比べて、若いうちにいち早くデビューしたグループである。しかし、今年でデビュー8年目を迎える彼らだが、キャリアの割にはあまりパッとせず、活躍の場もシングルのリリースも少ない。おまけに、嵐や関ジャニ∞、Kis-My-Ft2に比べても、バラエティや番組を回していく立場としては力不足感が否めないのだ。それなのに、今回V6とセット売りのようなかたちで『24時間テレビ』に出演することに、ジャニヲタの間でも「先輩のバーター」「ゴリ押し」という声が多く聞こえた。

『24時間テレビ』だけでなく、たとえば東日本大震災発生後から毎年開校されている人気イベント「嵐のワクワク学校2015」に、今回初めてHey!Say!JUMPが生徒役として参加したり、先輩ジャニーズのドラマにバーターとして次々出演するなど、どうにか露出を増やそうと躍起になっている様を見て、「必死すぎ」「デビュー直後の若手ならまだしも、中堅グループなのにバーターなんて」との声も。

 これだけ急に露出が増え始めたのには理由がある。それは、ジャニー喜多川社長の姪である藤島ジュリー景子氏イチ推しのグループだからだ。

 ジャニーズ内には、SMAPの育ての親でKis-My-Ft2なども担当する飯島三智氏の飯島派と嵐やTOKIOなどのマネジメントを務めるジュリー氏率いるジュリー派、KinKi Kidsとタッキー&翼のようにジャニー社長直轄の中立的な位置づけの3つの派閥があることは本サイトで何度も紹介してきた。

 そんななか、Hey!Say!JUMPはこのすべての派閥を経ている珍しいグループなのだ。もともと、ジャニー社長のお気に入りでKinkiやタキツバのように社長直轄グループであった彼ら。しかし、一時期飯島氏に担当を預けられることになる。それが、ちょうどメンバーの山田涼介、知念侑李が同じジャニーさんのお気に入りであった中山優馬とともにNYCを結成した2009年頃のことだ。

 しかし、この年、なんとHey!Say!JUMPのシングルリリースは0。デビュー3年目といえば、認知度も上がってきてどんどん売り出したい時期だろう。それなのに、メインの山田・知念がNYCの活動に力をいれる状況になってしまった。

 もともと、飯島氏はKis-My-Ft2で北山宏光・藤ヶ谷太輔・玉森裕太を推し、後ろの4人とは衣装まで変えて売り出したり、Sexy Zoneでも佐藤勝利、中島健人、菊池風磨を固定メンバーとし、CDリリースやイベントの度にメンバーを入れ替えるといった“格差売り”を得意としている。

 その手法をHey!Say!JUMPにも使ったというわけだ。

 ところが、これに反旗をひるがえしたのが、当のメンバー達。

「メンバーによって扱いに差をつける飯島さんのやり方にはついていけない。自分たちはみんな平等の「嵐みたいになりたい」と、ジャニーさんに直談判し、飯島氏の管轄からはなれ、嵐を育てたジュリー氏に担当してもらうようになったんです」(芸能関係者)
 
 他人を平気で蹴落とし、仲間さえも出し抜く、というギスギスした芸能界ではなかなかいい話ではある。

 たしかに、Hey!Say!JUMPはプライベートでも休日にメンバーと買い物や遊びに出かけるほど仲良し。ほかのグループは、お互いの連絡先も知らない、知っててもプライベートまでは……というところが多いなか、Hey!Say!JUMPはメンバーが友達という感覚が強いようにみえる。

 しかし、これに怒ったジャニーさんによって、Hey!Say!JUMPは『ザ少年倶楽部』(NHK)の司会を途中で降板させられ、冠番組だった『ヤンヤンJUMP』(テレビ東京)も打ち切り。一時的に干されたかたちになってしまった。

 それでも、念願かなってジュリー派になった彼ら。ジュリー氏が派閥争いでライバル心を燃やしていた飯島氏ではなく、自分がいいと言ってきてくれたHey!Say!JUMPのことをかわいがらないはずがないだろう。その結果、“ポスト嵐”として売り出すために今のゴリ押し状況が出来上がったというわけだ。

 もっとも、Hey!Say!JUMPが本当に嵐になれるかどうかは難しい。

 Hey!Say!JUMPのメンバーは、「嵐のワクワク学校2015」のイベントなどでも「嵐のようになりたい」と度々コメントしているようだが、嵐は5人、Hey!Say!JUMPは9人。嵐やNEWS、V6は、不安やメンバーに対するライバル心などから小説やキャスター、芸術家など、自分のキャラを立てる場を模索したり、ギスギスした時期も経て切磋琢磨することで、お互いに認め合える仲の良いグループになっていった面はある。

 V6でもトニセン、カミセンの格差はあったし、Kis-My-Ft2でも、格差があったからこそブサイクいじりをされ、舞祭組というユニットが誕生した。NEWSでも脱退した山下智広や手越祐也ばかりが注目されていたが、その間に加藤シゲアキは小説家、小山慶一郎はキャスターとして活動の幅を広げた。Hey!Say!JUMPがなりたいと言う嵐だって、当初は松本潤を嵐の“キムタク”(=センター)として売り出す戦略をとろうとしていたのだ。それが失敗し、結果として今のような状況になったに過ぎない。

 現在、Hey!Say!JUMPの仕事量としては7、8割が山田で、あとの2、3割をドラマで活躍する中島裕翔と有岡大貴・八乙女光の『ヒルナンデス!』コンビがもっているようなもの。『24時間テレビ』では、イギリス育ちの岡本圭人が得意の英語を披露したり、明治大学建築学科出身の伊野尾慧が図面をひいたりと、ほかのメンバーが個性を発揮する場面もみられたが、Hey!Say!JUMPは人数が多いぶん、ほかのグループよりも差別化が難しいだけに、こうした個々のウリを確立できるか。彼らがポスト嵐になれるかどうかは、そこにかかっているだろう。

 スポットが当たるメンバーは時期によってちがうが、突出したメンバーの存在でひっぱっていく、というのは昔からグループアイドルの王道。そういう意味では、「全員平等に」というHey!Say!JUMPの選んだ道は茨の道だが、どのグループもやっていないことだから、ぜひ成功させてもらいたい。
(島原らん)

最終更新:2015.08.23 11:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『24時間テレビ』はゴリ押しの声も! Hey!Say!JUMPは嵐になれるのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ島原らん格差の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
2 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
3 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
4 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
5 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
6 香港市民はデモの力示したが、日本は…
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
9 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
10 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
11 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
12 藤田孝典「一人で死ねと言わないで」に古舘伊知郎、ニッチェ江上が賛同
13 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
16 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
17 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
18 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
19 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
20 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄