安倍首相が安保法制推進デモを見て「こんなの初めて」と感激! それ、あなたの身内の極右団体主催なんですけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
anpokaketsu_150715.jpg
安倍首相は、これで“国民の理解が進んだ”と自分に信じ込ませようとでもしているのだろうか?(YouTube「FNNnewsCH」より)


 各地で盛り上がりが止まない戦争法案反対デモ。その一方で、昨日24日には、首相官邸前で日の丸を掲げながら、安保法制を“推進”するというデモも登場した。毎日新聞の報道によれば、安倍首相はこの“安保賛成デモ”の模様を見て、「こういうのは初めてだ」と自民党議員に語ったという。

 ようするに、安倍首相は「デモは安保法制反対派だけじゃないんだ……」「国民は支持しているんだ……」と言いたかったらしいのだが、もしそうだとしたら、相当に我田引水な解釈と言わざるをえない。

 というのも、この安保法制推進デモに参加していたのはわずか1000人前後。しかも、このデモ、主催団体をよく見てみると、あの「頑張れ日本!全国行動委員会」なのだ。

「頑張れ日本!」といえば、「日本文化チャンネル桜」の水島聡社長が幹事長を務める極右団体で、かつては田母神俊雄氏が会長をつとめていた(現在は、金銭トラブル等が原因で田母神氏は離脱)、極右というか、ネトウヨ団体。

 その主張をざっと挙げるだけでも、外国人参政権阻止、大東亜戦争肯定、日本の核武装推進、憲法改正賛成9条撤廃、嫌韓反中と、典型的なネトウヨのものだ。

 また、活動内容を見ると、韓流ドラマの中止を求めたフジテレビへの嫌韓デモ、今年3月には、渋谷駅のハチ公前で“反同性愛デモ”を行い、「LGBTが社会を乱している」などといった性的マイノリティへのヘイトデマを叫ぶなど、ヘイト的な色彩も濃い。

 実際、今は距離を置いているが、かつては在特会と協力してデモを行っていたこともある。

 そんな「頑張れ日本!」だが、公式サイトをのぞいてみると、今回の安保法制推進デモを「7.24 平和案勢法制推進!日本を守れ!国民大行動」と銘打っていた。また、告知動画にはこんなおどろおどろしい文言が踊っていた。

「日本が危ない!」「国内反日勢力の暗躍!」「(反対デモの様子を流しながら)これは間接侵略だ!」「反日勢力と全面対決!」

 安保反対デモの参加者に「国内反日勢力」とレッテルを張り、「間接侵略」など言ってアジる。このように、“敵”を設定して市井のネトウヨを動員するのが、彼らのいつもの手口であることは言うまでもない。

 ちなみに大阪でも、7月20日に安保法制推進デモがこじんまりと行われたが、その主催団体「凛風やまと・獅子の会」の中心人物である女性は元在特会大阪支部長と言われている。

 安倍首相は彼らの正体を知らなかったのだろうか。いや、そんなことはないだろう。

 実は、2010年、「頑張れ日本!」が結成された時には、安倍首相をはじめとして、現内閣の閣僚含む安倍一派議員の多くが結成大会に参加していたという事実があるからだ。しかも、安倍首相は登壇までしてこんな基調講演を行い、喝采を浴びていたのである。

「昨日のあの本会議で、鳩山(由紀夫・当時首相)さんは『命を守りたい』と言っていましたね。医者じゃないですから。総理大臣なんですから。国を守るんですよ!総理大臣の仕事は!」

 命よりも国を守るべき──この人命軽視発言は、まさに現在の戦争法案につながる、安倍首相の考え方を表すものだ。そして、「頑張れ日本!」とは根っこにある極右・ヘイト思想で完全に通じ合っているといっていいだろう。

 いずれにしても、安倍首相は今回、ほとんど身内と言っていい極右団体のわずか1000人のデモの模様を見て、「こんなの初めて」と感激したというわけだ。しかも、「頑張れ日本!」の安保法制デモはこの日が初めてではなく、12日にも行っている。

 もしかすると安倍首相は精神的にそうとう追い詰められているのかもしれない。だとしたら、私たちが“戦争法案反対”の声をもっともっと大きくして、安倍首相をさらに追い詰めていけば、活路は開けるかもしれない。
(宮島みつや)

最終更新:2015.07.26 12:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新安保法制は日本をどこに導くか (さよなら安倍政権)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

安倍首相が安保法制推進デモを見て「こんなの初めて」と感激! それ、あなたの身内の極右団体主催なんですけど…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三宮島みつやの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 あいトリの補助金取り消した文化庁・宮田長官がAPA代表とヨイショ対談!
2 菅原経産相のカニ・メロンばらまき疑惑に新証拠もテレビはスルー
3 安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣の詐術と本当のシナリオ!
4 東京五輪がIOCにマラソン札幌開催を提案されるお粗末
5 安倍政権が参院選終わった途端“ホルムズ海峡への自衛隊派兵”
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 台風被害で後手後手も安倍首相は自治体任せで知らんぷり
8 「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」のデマ拡散
9 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
10 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート
14 内閣府がアパの右派活動を公益目的事業に
15 「表現の不自由展」再開で立川志らくと竹田恒泰が“小学生以下”妄言
16 台東区ホームレス排除で跋扈する差別にウーマン村本が反論
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
18 安倍政権「韓国ホワイト国除外」に快哉叫ぶマスコミ、八代弁護士は
19 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
20 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄