SMAPだけじゃない、嵐も関ジャニ∞も気づけば全員30代! ジャニーズ高齢化問題が深刻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ninomiyamatsumoto_01_150711.jpg
嵐最年少のニノと松潤がもう32歳って…


 先日、放送された日本テレビの大型音楽特番『THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ』。なかでも話題を集めたのは、総勢51名、計10組のジャニーズ所属タレントたちがグループの枠を超えてユニットで披露した「ジャニーズメドレー」だ。

 しかし、本サイトでも過去に何度も取り上げてきたように、出演者はジャニー喜多川氏の姪で後継者と目される藤島ジュリー景子氏率いる“ジュリー派”で固められ、SMAPチーフマネージャーの飯島三智氏による派閥である“飯島派”をものの見事に除いた露骨な構成。そのため、ジャニーズウォッチャーのあいだからは「またか……」とため息が洩れた。

 もちろん、そんな内部抗争を知らない一般視聴者にとっては、「ジャニーズメドレーなのにSMAPは出ないんだ」程度の話。むしろ、視聴者にインパクトを与えたのは、「なんか年寄りばっかじゃない?」「若い子がいないけど……」というほうだ。

 たしかにこの日、出演したグループは、デビューが古い順にTOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、タッキー&翼、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、ジャニーズWESTといった面子で、最年長はいわずもがなTOKIOの城島茂で44歳、最年少はジャニーズWESTの小瀧望で19歳。51名中、半分以上が30代だったのだ。

 それもそのはずで、嵐は最年少の二宮和也と松本潤も今年で32歳。関ジャニ∞にしても全員30代で、横山裕と渋谷すばるはもう34歳である。この日、出演しなかったSMAPも香取慎吾を除いては全員40代になってしまったし、若手といわれるKis-My-Ft2も最年長の北山宏光は今年30歳を迎える。

 そう。いまジャニーズが抱えている最大の問題は、ジュリーvs.飯島といった内部の問題ではなく、主要グループメンバーの“高齢化”問題なのだ。

 しかも、高齢化が進んでいるにもかかわらず、結婚しているメンバーはごく少数。近藤真彦や少年隊といった大御所クラスを除けば、SMAPの木村拓哉にTOKIOの山口達也、V6の井ノ原快彦、俳優専門の風間俊介のみだ。別に結婚することが偉いわけでもないし個人的な趣味の問題だと思うが、この圧倒的な数の少なさには、高齢化が進んでいるにもかかわらず、ファン商売というアイドルの呪縛には縛られ続けているジャニタレたちの実情が浮かび上がってくる。

 実際、松本人志が以前、『ワイドナショー』(フジテレビ系)で少子化問題に絡めて「SMAPはねー。5人もいて4人結婚してないってのは、たしかに問題は問題なのよね」「SMAPは結婚する使命がある。でないと嵐が(結婚)できへん」と発言したが、これを受けて中居正広は「無理ですって」「幸せにする自信はまったくない」「DVやるかもしれない」と拒否。本サイトでは、中居のこうした態度を、「結婚無理」「恋愛気持ち悪い」とこじらせることで「高齢アイドル」の新たなロールモデルをつくろうとしているのでは?と考察した。だが、それこそ現在のジャニーズには、中居のように“高齢アイドル化”していない、まさに結婚適齢期のタレントを山ほど抱えている。だいたい、木村拓哉が工藤静香と電撃結婚したのは28歳のとき。現在の手越祐也や亀梨和也あたりの年齢で結婚したことになるが、赤西仁のようにジャニーズを飛び出す覚悟がなければ結婚などは難しそうに見えてならない。

 しかし、結婚というリアルな人生プランも描けず、アイドルであることに縛られてしまうのは、いま現在のジャニーズが相変わらずSMAPと嵐の二大看板であることにも関係しているだろう。そこに肩を並べたい関ジャニ∞にしても、前述したように全員が30代。この売り出し中の最中に、たとえば熱愛が発覚した横山が水卜麻美と結婚することなど、決して許されることはないはずだ。

 さらに、ここで後継グループに勢いがあれば話は別だろうが、深刻なのは、彼らの人気になかなか火がつかないこと。デビューがもっとも最近のジャニーズWEST はテレビ出演しても関西が主で、つづくSexy Zoneも中島健人が映画やドラマに主演するも振るわず。SMAPとのバーターが目立つKis-My-Ft2も、『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ)が好調だとも言われるが、各メンバーの一般認知度はまだまだ低いのが現状だ。

 先日、行われたアンケート調査の結果によれば、若い女子たちにとってSMAPは「恋愛対象外」であり、「お父さんだよね」「疲れが見えてドキドキしない」など辛辣な意見が寄せられたという。SMAPや嵐におんぶに抱っこできるいまはまだいいが、それも長続きするとは思えない。──このままでは、光GENJIが失速して看板を失ってしまった“ジャニーズ暗黒期”が再び訪れるのも、そう遠くないのかもしれない。
(大方 草)

最終更新:2015.07.11 11:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嵐はなぜ史上最強のエンタメ集団になったか

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SMAPだけじゃない、嵐も関ジャニ∞も気づけば全員30代! ジャニーズ高齢化問題が深刻のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
4 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
11 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
12 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
13 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
6 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
12 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄