増加する中年童貞が抱える事情とは? 高学歴がネック、処女信仰、同性愛者のフリ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
chunendoutei_150222.jpg
『ルポ 中年童貞』(中村淳彦/幻冬舎)

 29歳男性の半分は童貞、異性に関わることを「面倒」「嫌悪」と回答した男性は30.4%――。新聞などで「日本男性の絶食化」と大々的に報じられた日本家族計画協会の調査が、間違いであったことが判明し話題になっている。性交経験率が5割を超えるのは「29歳」ではなく「20歳」の誤りだったというものだが、この調査に限らず「草食化」「絶食化」「セックス離れ」が声高に叫ばれて久しい。たとえば先の日本家族計画協会の調査も、16〜49歳の男女2676人に配布したアンケート回答(回答率42.4%)が基になっていたが、性の問題は極めて繊細な問題であるため、「セックス自体に興味がないのか」「興味はあるけれど、相手との人間関係が面倒だと思っているのか」といった細やかな部分は現実的に得られないだろう。にも関わらず、表面的な数字だけで「セックス離れ」と騒ぐのは、そもそもあまりに問題を大雑把にとらえていると言わざるを得ない。

 本当に日本人男性は「セックス離れ」しているのだろうか。40歳以上の性交未経験者への丹念なインタビューを試みた『ルポ 中年童貞』(中村淳彦/幻冬舎)を見ると、事態はそう簡単なものではないことを認識させられる。

 たとえば、秋葉原のシェアハウスに住んでいる、32歳の男性。高校を中退して引きこもり、一念発起して上京したものの、人付き合いが苦手で、女性との接点は「二次元だけ」。特定のアニメの主人公を好み、いわゆる「処女信仰」も持っている。とはいえ、「オタクの男が現実の女の子と付き合っているのを眺めると本当に羨ましいなって思う。僻みですね。なんであんな奴に彼女がいるの、って」と語っているところを見ると、生身の女性に興味がないわけではないのだろう。

 「女の人と話すときは壁を作って、なにも話せない。挨拶ぐらいはできても、日常会話は難しい。無理です」と話す彼は、現実逃避先として二次元の世界をよりどころにしているように思える。

 一方でリアルな恋愛が、「童貞」の理由になることもある。某塗料メーカーの研究室に勤務する34歳の男性は、人付き合いが苦手で、現在の職場でも「一流大学院卒の高学歴だからイジメに遭っている”と思い込んでおり、友人と呼べる人もいない。

 学生時代には好きな女性に告白したが、「無理」とたった一言でふられてしまう。そしてその辛さから逃れるために、リストカットを繰り返し、彼女が別の男性と楽しそうに歩いている姿を見た時には、大学の校門で首と手首を切り、精神病院に入院。

 その苦い経験があるからか、次に好きになった相手にはアプローチすることなく、ただただ日記に彼女との交際の様子をつづり、妄想を膨らますだけの日々を10年以上送っていたという。

「僕は現実的には童貞なのですが、恵子さんと何度も何度も抱き合ったりしているし、童貞って気がしない。だから童貞を捨てたいとか思わないし、風俗とか興味ないし、別にこのままでいいかなって思っていますね」

 著者の中村氏は、塗料メーカー勤務の彼のような高学歴の中年童貞を、勉強という成功体験がありつつも、コミュニケーションという壁に幅まれ、女性からは排除されていると指摘。「学生時代の同級生たちの多くは社会の上層で生きているので、“自分も本来はこんなはずじゃない”と現実的なプライドが高い。それなのにうまくいかない人生に深く悩むのか、自傷に走る傾向」とも分析しており、高学歴な中年童貞が生きづらくなる社会構造にも暗に触れている。

 また、いまやネット上のあちこちで見かける、男性による「女叩き」にも懐疑的な目を向ける必要があるだろう。その問題点を提示しているのが、システムエンジニアの36歳男性のエピソードだ。彼は自分の容姿に自信がなく、「女性に、絶対に受け入れてもらえないって自覚がある。もう傷つきつくした」とこぼしているが、中村氏が見た彼は「いわゆる“フツメン”」。繊細な性格と女性に関連するネガティブな思い出があいまって、女性嫌いになってしまったのだが、彼の場合はそれだけではなく、“同性愛者のフリ”をしているというのだ。

「本当は女性と話したり、普通に結婚したりしたい。けど、絶対に受け入れてもらえないから、男性性を捨てる自傷行為として性同一障害に逃げているんです」

 彼は「既成事実を作るために」男性とセックスをしたり、自らハッテン場と呼ばれる同性愛者の出会いの場に足を運んだりしている。ここにも大きくゆがんだ自己嫌悪を感じずにはいられない。

 この3人のケースを見た限りでも、「童貞」といえども、抱えている事情や感情がまったく異なる。一見、「女性嫌い」と言っていても実は誰よりも女性からの愛情を求めていたり、「二次元好き」と言ってもリアルな女性に憧れている。一方で、これらの3人とは異なり、「女性との会話は好きでも、性的な行動が苦痛でしょうがない」という男性もいるだろう。

 性という極めて個人的な問題が、社会問題として遡上に乗せられたとたん、「性的行動が苦痛な人」「本当は女性を求めている人」と細かな事情や背景が抜け落ちてしまっているのではないか。大きな数字だけを見て「絶食化」「セックス離れ」と騒ぐことは、“童貞”と一括りにされた人を傷つけ、社会から孤立させるだけなのではないかと危惧するのである。
(江崎理生)

最終更新:2017.12.13 09:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

増加する中年童貞が抱える事情とは? 高学歴がネック、処女信仰、同性愛者のフリ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年江崎理生童貞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
2 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
3 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
4 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
5 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
8 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
9 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
10 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
11 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
13 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
16 厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
19 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
20 愛川欽也が「安倍に殺される」と
1 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
7 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
11 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
12 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
13 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
14 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
17 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
18 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
19 K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
20 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄