風邪薬で風邪は治らない? 胃薬は依存症に? 医者が教える危険な薬、ダメな病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
byouin_01_150212.jpg
『医者が教える行ってはいけない病院 間違いだらけの健康法』(洋泉社)

「医者から出された薬はきちんと飲む」「風邪を引いたら風呂に入ってはいけない」「健康診断は必ず行く」

 特に考えるまでもなく守っている病気対策や健康法。しかしそれが、間違っているとしたら……。

『医者が教える行ってはいけない病院 間違いだらけの健康法』(洋泉社)では、著者で東京有明医療大学教授・東洋医学研究所付属クリニック自然医療部門担当の川嶋朗氏が、そのような間違いを丁寧に指摘し解説している。

 まずは医師が出す薬についてだが、「風邪に抗生物質を出す医者はダメ医者です」とバッサリ。逆に長引く可能性も指摘する。

「風邪で抗生物質を飲むことには意味がありません。抗生物質はバクテリアに対して効きますが、風邪はウイルスですから、種類が違います。それどころか、抗生物質を飲むと腸内の善玉菌まで死滅してしまい、免疫力が堕ちます」

 川嶋氏は、「薬は風邪を治すのではなく症状を抑えるだけですが、それでも飲みますか?」とデメリットを説明する医者にかかることを薦めている。さらに、「病院に行くより、家で休んでいるほうがよい」とまで断言。薬が風邪を長引かせる危険性を指摘している。

「風邪で鼻水や咳が出たり、熱が上がったりするのは、体が必死にウイルスを外に出すために機能しているということです。鼻水や咳を止めたり、熱を下げたりすると、ウイルスは『しめしめ、居心地がよいぞ』とばかりに長居してしまいます」
 
 ほかにも、飲み続けることを薦めない薬として胃薬を上げているが、その理由が、「やめるのが大変だから」だという。

 たばこも酒もやめないうちから胃薬に頼ったり、本当はそうでもないのに胃が弱いと思い込んでいる人、飲まないと胃が痛くなるのではと不安で飲み続ける人が多いそうだ。該当する人はどうすればよいのだろうか。

「まず同じ胃酸を抑える薬でも、現在飲んでいる薬より、弱い薬に替えます。同時に、胃の粘膜を保護するような薬もプラスして飲みます。これで胃酸が過剰に分泌されても、胃の壁を守ってくれます。様子を見ながら、徐々に薬を切り替えて、最終的にだんだんと薬をやめる方向に導くことになります」

 さて、処方された薬は必ず医者から飲み方の指示が出るが、これを守ることも、依存から身を守る大切な方法である。

 たとえば自律神経失調症で処方される薬など、飲むと不安な気持ちが治まる薬は、「必ず夜、寝る前に飲んでください」と指示されるだろう。これは、「裏を返せば『日中は飲まないでください』という意味」だ。

「日中に飲むと、不安が治まっていくのがはっきり自覚できます。『この薬を飲むと不安が解消されて、体が楽になる』と思ってしまうでしょう。すると次に少しでも不安を感じると、飲まずにはいられなくなるのです。夜に飲めば、薬の効き目を感じる前に眠ってしまうはずです」

 自覚せぬまま依存に陥らないよう、薬の飲み方には気をつけたい。

 次は「風邪を引いているときは風呂に入ってはいけない」という”常識”だが、こちらも川嶋氏はNOを掲げ、「風邪にはお風呂も効果的」だと言う。

「体を温めることで体内のウイルスが居づらい環境にすることができるからです」

 そのためにはまず、浴室を十分に温め、38〜40度くらいのお湯にゆっくりと浸かる。ポイントは、このお湯の温度だ。

「40度以下のお湯に浸かると、リンパ球が増えるのです。さらに体に熱を加えると『ヒートショックプロテイン』というダメージを受けたタンパク質や異常細胞を修復する、抗ストレス作用の強いタンパク質が生まれることも分かっています」

 薬に頼る前にできる、簡単な風邪改善法が風呂にあったのは盲点だった。

 そして、家族や会社、自治体などから、毎年のように急かされ受ける羽目になる健康診断だが、川嶋氏は「自治体や会社が健康診断を義務化することについては、私は疑問を感じます」と懐疑的だ。

「自分がどんな状態で健康診断を受けて、それをどう活かしたいのか。結果によっては生活習慣、食習慣を改善することは、もし病気が見つかった場合の治療をどうするかまで考えるのであれば、健康診断を受ける意味があります、しかし、『結果がどうでも関係ないし、治療もしたくなければ、生活も変えたくない』とおっしゃっているなら、それは費用や時間の無駄です」

 さらに健康診断には、体調を悪化させてしまう危険性も孕んでいるというのだ。

「日常的にできる小さながん細胞が、たまたまがん検診で見つかってしまい、ショックで滅入ってしまったら、免疫が落ちてしまうかもしれません。気づかなければ免疫システムが直してくれたような小さな癌が、ストレスによって手術が必要なほどのがんになってしまうかもしれないのです」

 それは極端な例かもしれない。しかし、固定観念に縛られず、結局自分の体は自分にしか守れないということを肝に銘じておきたい。
(羽屋川ふみ)

最終更新:2017.12.13 09:23

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

医者が教える行ってはいけない病院、間違いだらけの健康法

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

風邪薬で風邪は治らない? 胃薬は依存症に? 医者が教える危険な薬、ダメな病院のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ健康法医療羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
2 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
3 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
4 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
7 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
8 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
9 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
12 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
13 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
14 林真理子まで安倍政権に危機感
15 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
16 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
18 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
19 『荒川強啓デイ・キャッチ!』終了の不可解、聴取率好調なのに
20 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄