ジャニーズの近藤真彦推しにファン激怒! メリーさん“マッチ愛”の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kondoumasahiko_01_150129.jpg
天使のようなマッチの笑顔!?

 50余年にわたりジャニーズ帝国を支えてきた、“女帝”メリー喜多川副社長の独占インタビューを掲載した「週刊文春」(文藝春秋)1月29日号の記事が波紋を広げている。

 かつてより業界内でささやかれていた、メリー氏の娘でTOKIOや嵐らをマネジメントしている藤島ジュリー景子氏と、SMAP・Kis-My-Ft2らを手掛ける飯島三智氏との派閥抗争について、「文春」が質問状を送ったところ、メリー氏が取材に応じ、娘であるジュリー氏こそが「次期社長」であると明言。取材現場に飯島氏を呼びつけて「対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう」と叱責したのだ。

 だが、このインタビューの中でもうひとつ注目されたことがある。それは、メリー氏の近藤真彦、マッチへの尋常ならざる愛情だ。とにかく、質問とは関係なく、やたらマッチのことを話し、かばい、ほめまくるのである。

 たとえば、記者がSMAPと嵐の共演が少ないのはなぜなのかと質問した際も、「SMAPと共演が少ないって、何でそんな話が出るんですか? うちの順序を言ってください。誰が一番上?」と問い質し、記者が近藤真彦と答えると「だったらSMAPは嵐よりまず先に近藤と共演するべきでしょう。何でそれを聞かないんですか?」と怒りだした。

 そして、呼びつけた飯島マネージャーがやってくると、再びこの話をもちだし、今度は飯島マネージャーに念を押す。

「飯島、うちのトップは誰!?」
「近藤真彦です」

 さらに「ジュリーとタレントを結婚させるんだったらマッチしかいない」「マッチのお母さんはジュリーのために新築した家に彼女の部屋まで作ってくれた」「もうマッチのお嫁さんって決めてた」「マッチは『メリーさんが姑さんになるんだったら、俺、絶対イヤだ』と言ってたし、ジュリーも嫌がってたけど」と思い出話を語り始め、インタビュー終盤では近藤の母親が交通事故で亡くなった話に涙して、こんな台詞まで口にしたのだ。

「だから、私がマッチの面倒を見るのは当たり前だと思う……話しているだけで涙が出てきちゃう」

 まさにほとばしる愛情……という感じだが、マッチ愛を見せているのはメリー氏だけではない。新年早々、ジャニー喜多川社長がラジオ『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』(NHK第1)にゲスト出演して、話題になったが、同番組の中でジャニー氏は「マッチなんか写真見せたって『なに、この子』って。だけど、ハートが伝わって来るんですよね」と語ったり、最近の若い男性が同じような髪形で同じような顔の見えてしまうという話から「坊主にしてほしい」「マッチはなんで『マッチ』っていうか知ってます? マッチ棒みたいでしょ? 僕はすごく坊主の子はいいなと思うんですよ」となにかにつけて近藤の名前を持ち出し、愛おしそうに語っていたのだ。

 このようにジャニー氏・メリー氏からの寵愛を受ける近藤だが、ジャニーズファンは、この二人の“マッチ推し”をかなり迷惑に感じているらしい。

 例えば、昨年末に放送された『2014FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。ご存じのように、近藤の歌手活動35周年を記念し、ジャニーズ所属タレント総出演で“マッチメドレー”を歌うといったマッチ一色の演出だったが、事前の番組観覧募集としてファンクラブ会員にメールがきた時点では、近藤の名前は他のタレントと同様に羅列されており、出演者のひとりだと思われていた。しかし蓋を開けてみれば、ほとんどマッチのための歌謡祭。各グループのファンからすると“盛り上げ要員”として騙されて動員された形で、強い不満の声が上がった。

 さらにファンを困惑させたのは、年末恒例の『Johnnys' Countdown 2014-2015』。ジャニーズのカウントダウンコンサート(以下、カウコン)といえば、フジテレビで中継されることがお決まりだったが、昨年末のカウコンでは中継が入らない非常事態に。毎年高倍率となるチケットなためにファンの期待も高まっていたが、コンサート終了後には「近藤真彦カウントダウンリサイタルwithジャニーズ後輩、だった」「何かの手違いでマッチさんの35周年コンサートに来ちゃったみたい」「ただのマッチ接待カウントダウン」といったツイートがあふれるほど、近藤メインの構成に後輩ジャニーズのファンはうんざりしていた。

 さらにこの状況に頭を抱えているのが、テレビ局関係者だ。今年は歌手生活35周年イヤーのために、近藤の露出が増加。各局ともに先の『2014FNS歌謡祭』のような特別企画をジャニーズ事務所から猛烈に打診されているようで、“ジャニーズの功労者”の取り扱いに頭を悩ませているという。

 それにしても近藤はなぜ、ここまでメリー氏、ジャニー氏に愛されるのだろうか。

 ジャニーズに詳しい芸能記者に聞くと、近藤がジャニーズ事務所で重用されるようになったのはかなり昔からのことだという。実際、30年以上前に元ジャニーズJr.メンバーだった平本淳也が書いた暴露本『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)にも、こんなクダリが登場する。

「当時のマネージャーが『マッチだけはジャニーズ事務所にも芸能界にも残れるよ』と言っていたのも思い出し、ジャニーさんに甘えていたマッチの顔が浮かんでくる。この時、マッチはジャニーズ事務所を継ぐ立場なのかも知れないともこのマネージャーは言った。」

 近藤といえば、90年代〜00年代には芸能活動を実質的に中断する形で、レーサーとして「フォーミュラ・ニッポン」「SUPER GT」に本格参戦。近年の元KAT-TUNの赤西仁や田中聖のような“夢追い人”を思わせるが、自由気まますぎてメリー氏の逆鱗に触れたという赤西とは異なり、マッチのレーシングチームにはジャニー氏、メリー氏のポケットマネーが投入されたとウワサされるほど、別格の扱いなのである。

 たしかに、近藤は黒柳徹子や故・森光子といった大御所からもかわいがられている上に、「気遣いにあふれながらも気さくな感じ」とスタッフやマスコミの受けも抜群。2004年には、和歌山県白浜町の沖合で溺れていた男児を救助し、名乗らずに立ち去ったことが報じられるなど、愛される性格であることは事実だ。

 また、ジャニーズの中では「マッチだけが待遇に不満を漏らしたことがない」(芸能記者)ことも大きいのではないかといわれている。

 メリー氏は以前、「わずか10代のタレントに、100万円、200万円というお金を支払うのは、社会的に非常識だと思いませんか?」とメディアに語ったことがあるが、ジャニーズの給料の低さ、待遇の悪さは有名だ。そのため、所属タレントとの給料をめぐるトラブル、独立騒動が絶えなかった。古くは郷ひろみ、田原俊彦などが金銭問題で独立したし、88年に解散したシブがき隊も“一千万円闘争”を展開したり(一千万円のギャラが欲しいがために、1人が他事務所の情報をかき集めていた)、97年にはSMAP木村拓哉が独立の動きを見せて、事務所の存続を揺るがす大騒動に発展した。

 そんななかにあって、近藤は不満一つ言わず、逆に後輩の不平を諌める役割までしていたという。

 しかし、ジャニー氏やメリー氏のマッチ愛はこの程度の理由ではやはり説明がつかないだろう。前出の芸能ライターによれば、近藤のポジションは序列トップのタレントというより「ほとんど家族、喜多川家の一員」というレベルだという。

 実は、その背景に「性的な関係」を指摘する声もある。というと、ジャニー氏のいわゆる「セクハラ」が頭に浮かびそうだが、そうではなく、メリー氏と「できていた」とする仰天情報があるのだ。

 一時は光GENJI入りが決まっていた元Jr.メンバー・木山将吾が出した暴露本『SMAPへ──そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社)にこんな記述がある。

「マッチとメリ-さんは夫婦同然だった」
「あるジュニアがメリーさんの住むマンションの部屋に用事を頼まれて入って行くと、素っ裸のマッチがいた。ジュニアに気がついたマッチは慌てて廊下を走っていって、その後に髪を振り乱して出てきたネグリジェ姿のメリーさんに、
『あんた! 電話してから来なさいよ!』
と、怒鳴られたという」
「メリーさんは本当にマッチを愛していたらしい。だから、ジャニーさんの毒牙にかからないように、自ら囲っていたのだ。マッチはマザコンで有名だったし、ずいぶんメリーさんに甘えていたのだろう」
 
 このテの暴露本は話を盛っているケースもあり、このエピソードも真偽のほどはさだかではないが、しかし、「週刊文春」のインタビューを読むと、マッチがメリー氏にとっていちタレント以上の特別な存在であることは間違いない。

 メリー氏は次期社長をジュリー氏だと言いきったが、おそらくそのときには近藤も事務所を支える重要ポストに就くのではないだろうか。
(江崎理生)

最終更新:2020.11.12 12:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズの近藤真彦推しにファン激怒! メリーさん“マッチ愛”の理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズメリー喜多川江崎理生近藤真彦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
2 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
3 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
4 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
8 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
11 自民党がネトサポに他党叩きを指南
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
14 安倍首相が隠した原発事故の責任
15 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
16 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
17 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
18 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
19 イモトアヤコ聖火リレー辞退をめぐるワタナベエンタの横暴を鳥取県知事が暴露!
20 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
1 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
2 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
3 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
4 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
5 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
6 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
7 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
8 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 東京都が消防庁の職員団員3万人を五輪に投入、救急車も大量配置
13 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
14 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
15 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄