盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
minomonta_150109.jpg
『敗者の報道』(TAC出版)

「どうも、来年3月の第3週から『報道ステーション』の司会を古舘くんに代わってやらせていただくことになりました、みのもんたでございます」

 みのがこんな発言をしたのは昨年まで連載していた「アサ芸プラス」の記事中でのことだった。

 もちろんこれはみののギャグ。2013年、次男の不祥事で『朝ズバッ!』(TBS系)などレギュラー番組を降板したみのだが、最近でも「(仕事のオファーは)どこからもきていません」(みの)という状態が続いている。

 だが、みの本人は現在でも報道番組などへの本格復帰に意欲的で、その機会を虎視眈々と狙っていると見られている。実際、派手な復活パーティや在京テレビ幹部との会合も報じられ、また多くのメディアのインタビューに応じて「やりたいことはまだまだある」など本格復帰の可能性を示唆している。

 そんな中、みのが出版した『敗者の報道』(TAC出版)という本が一部で話題になっている。そこには次男の窃盗未遂容疑逮捕の“真相”が語られていたからだ。

 これまでの報道では、事件は次男が泥酔した男性のカバンからキャッシュカードを盗み、ATMを操作しようとしたとされている。だが、本書によると「本人はいまだに盗みはやっていないと言っています」という。そしてみのもそれを信じているというのだ。

 最初は、このオヤジ、今頃になってまだそんな言い訳をしているのか……と思ったのだが、よく読むと、報道とはかなりちがう事実が次々明らかになってくる。

 まず、みのが次男から聞いた一部始終は以下のようなものだった。8月13日午前1時頃、酔った次男は自販機で水を買おうとした際、自分の財布がないことに気がついたという。

「焦ってあたりを探すとコンビニ前の道路にカードが3枚散らばっていた。そのうちの1枚が自分のメインバンクのキャッシュカードだった。咄嗟に〈やられた! 自分の口座の金を引き出された!〉そう思いこんでしまった次男はカードを拾い、まっさきにコンビニ店内のATMで残高照会しようとした」

 だが、暗証番号が合わない。よく見ると自分の名義ではないことに気づいた次男は、そのカードを店外へポイッと捨ててしまったという。

 その直後、背後にいた警察に呼び止められ何をやったか咎められ、交番に連れて行かれた。その聴取の途中で次男の紛失した財布が届けられたため、財布を落としたのは事実と分かり、そのまま帰宅が許されたという。

 それから1カ月、警察からは何の連絡もなかった。しかし9月11日、自宅マンション前に待ち構えていた刑事たちに次男は窃盗未遂容疑で逮捕されてしまう。その後はみののレギュラー番組出演自粛、そしてマスコミからのバッシング報道が巻き起こっていく。その渦中にありキャスターとしての立場、しかし子供の言葉を信じたい父親としての苦悩で揺れるみの。

 事態はさらに悪化する。10月1日には被害者からカバンを盗んだ容疑で次男が再逮捕されたのだ。当初、次男は容疑を否認したが、その後は罪を認め、マスコミでは窃盗未遂は確定したものとして報道された。

 ところが、10月29日、次男はなぜか起訴されることなく起訴猶予という処分が下されていたのだ。

 いったい何があったのか。実は、次男が盗んだとされる“カバン”と“財布”から次男の指紋は検出されなかったのだという。そして、ATMを調べても“残高照会”を試みようとした記録しか残されていなかった。“引き出し”をしようとした痕跡がなかったのだ。

 これらの事実は、当初から次男が主張していた「落ちていたカードを自分が盗まれたカードだと勘違いし残高照会した」という証言に合致する。また次男はカバンが落ちていたことや、その持ち主が植え込みの中で寝込んでいたこともまったく知らなかったという。

 これらの事実を聞くと、次男の逮捕は明らかに誤認逮捕、冤罪としか思えないだろう。しかしだとしたら、どうしてみのの次男、そしてみのはそのときに声をあげなかったのか。考えられるのは、おとなしく罪を認めれば、釈放と起訴猶予処分にするということで警察と話がついていたという可能性だ。

 当初、警察はみのの次男ということで、なんとしても事件化しようと、前のめりになって捜査を開始。マスコミにもどんどん情報をリークした。ところが、途中で、盗んだとされる“カバン”と“財布”から次男の指紋が検出されなかったことが判明。慌てて幕引きをはかった。

 実際、みのは同書の中で、警察の前のめりな姿勢についてこう疑問を述べている。

「キャッシュカードとカバンの窃盗容疑をわざわざ分けて逮捕するというのはあきらかに異例でした(略)何がなんでも警察は次男を起訴に追い込む腹づもりでいることが明白になりました」
 
 加えてその体制も異例だったという。捜査にあたったのが所轄ではなく警視庁捜査第3課という“プロの泥棒”を扱う専門部署だったからだ。

「単に“置き引き”の疑いがあるというレベルの事件を担当する捜査員たちではありません。そもそも、どうしてそんなスペシャリストたちが出動してきているのか?」

 みのは元検察官で警察内部の事情に詳しい弁護士からこんなことを言われたとも付け加えている。

「原因は君だよ。この件は君が“みのもんた”じゃなかったら、1日でおしまい。逮捕までいかなかったんだよ」
「人の不幸は密の味と言う言葉もある」

 しかし、みのはそれでも結局、同書の中で冤罪とは一言もいっていない。 不当逮捕という表現も使っていない。その背景にはおそらく、みのの次男が警察との取引に応じてしまったということがあるのだろう。次男の側にも他人のキャッシュカードを残高照会とはいえ一旦使用し、そのまま捨ててしまった負い目があり、そのため、「罪を認めれば起訴猶予にする」という取引に応じてしまった。その次男を慮って、一番核心の部分を話していないのではないか。

 だが、もし、みのが本当にキャスターとして報道番組復帰したいと思っているなら、この部分を包み隠さず話し、そして不当逮捕した警察と当時、洪水のような報道を繰り広げたマスコミと対峙すべきだろう。そのことが、みのにとってのみそぎであり、甘やかしてきた次男に対する親の責任の取り方というものではないだろうか。
(伊勢崎馨)

最終更新:2017.12.09 04:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

敗者の報道

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。みのもんた伊勢崎馨冤罪警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
4 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
5 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
6 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
9 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
10 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
11 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
12 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
15 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
16 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
17 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
18 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
19 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄