復帰果たすも及び腰の矢口真里よ、“ビッチ”として生きる覚悟をもて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yaguchimari_01_141024.jpg
矢口真里ファーストエッセイ集『おいら』(ワニブックス)

『ミヤネ屋』(読売テレビ系)への生放送出演から約20日。これで禊ぎを済ませ、完全復活か?と思われたタレント・矢口真里だが、どうにも元気がない。『ミヤネ屋』出演以降、ブログの更新はたったの2回(11月15日現在)。テレビ出演も控えているようで、露出がまったくない状態だ。

 たしかに、ネット上ではまだバッシングを続けている人もいるが、先日発売された「婦人公論」(中央公論新社)11月22日号掲載の矢口真里独占インタビューを読むと、彼女は、世間の空気以上に、どうやら“あのこと”が重く引っかかっているらしい。

“あのこと”とは、前夫・中村昌也と離婚の話し合いで交わされた「プライベートのことをお互いに一切口外しない」という約束だ。

 実は矢口、休業中もバラエティ番組や情報番組に出た際の「いろいろなシミュレーション」をしていたという。しかし、結局は「やはり騒動についての言及は避けられない」という答えに行き着いてしまう。騒動の言及を嫌がっているのではなく、「離婚の経緯や理由は話さない」と中村側と約束したことが引っかかっている、というわけだ。

 こんな調子だから、この独占インタビューでも出てくるのは、

「こちらからお願いしておきながら、私が破ってお話するわけにはいきません」
「中村さんもバラエティ番組に出演し、周囲からそのことを突っ込まれても、黙っていてくれた。苦しかったと思います」
「きっかけを作った私が、100%悪いのですから」

 と、反省の弁ばかり。

 さらに、今後の芸能界復帰についても、ネガティブな発言が目立つ。「騒動について問いつめられるのではないかと思うと怖いですし、私自身がもう求められていないかもしれない」と言ったり、「もしお声がかからないようであれば、潔く辞めようとも思っているのです」とまで話している。これでは、生放送でセンセーショナルに再登場した意味さえなくなってしまいそうである。

 だが、たとえ“約束”があったとしても、乗り切る方法はいくらでもある。たとえば、前夫の中村は“寝取られ男”という自虐キャラを編み出していたが、矢口にはほかに格好のお手本がいる。そう。大桃美代子と麻木久仁子という女性ふたりとドロ沼三角関係が公になり、猛烈なバッシングを受けながらも、見事にそれを逆手にとって“モテ男”というキャラ化を果たした山路徹だ。

 実際、山路も「お子さんがいる人がいたので、迷惑がかかることだけはっていうのはあった」と、彼にも麻木と“密約”があったことを明かしているが、それでもあれだけ開き直っていたのである。そして、復帰後の矢口には、こんなアドバイスも贈っている。

「矢口さん『最悪な人生』と言っているけれど、本当は今、一番幸せだと思う。世間を敵に回しても彼さえいてくれればっていう人生を生きてるわけでしょ? こんな幸せなことはない」

 不倫の末に見つけた幸せ──。それを心の武器にして、たとえ「ヤリマン」と後ろ指をさされても、「それで芸能界干されちゃいました!」と捨て身キャラを演じればいいではないか。山路だって、あのバッシングが嘘のように、臆面もなく『口説きの技術』(角川書店)だの『修羅場を生き抜く力』(光文社)なんて本まで出版しているが、矢口だって『ヤリマンと呼ばれて』とか『真実の愛を見つける不倫の技術』といった本を出せる日だってやってくるかもしれないのだから。

 とはいえ、復帰謝罪を行なったとき以上に、これは矢口にとって相当な決心が必要だろう。そもそも矢口とは、ワイプで必要以上にオーバーリアクションを取る姿からもわかるように、過剰に場の空気を読んで適応しようとする“優等生”タイプ。それが仇となり、「詳しくもないのにアニメ好きをアピールするな」などとネット上では反感を買うこともあった。本人の性格を考えると、イチかバチかの大博打に打って出ることは、かなりハードルが高いはずだ。

 現に、「婦人公論」でのインタビューでも、今後の活動について「できれば「温泉旅番組」とか、ほのぼの路線をやりたいな……。(笑)」などと逃げ腰の矢口。それでも、矢口には逃げずにこの試練を乗り越えてほしい、と願わずにいられない。“男の不倫は甲斐性で、女の不倫は罰”という芸能界、そして世間の差別的な固定概念を、ぜひ突破してほしいと思うのだ。

 いや、「ちょっと痩せます!」などと言っている矢口には、やっぱり荷が重いだろうか……。
(水井多賀子)

最終更新:2014.11.16 11:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

復帰果たすも及び腰の矢口真里よ、“ビッチ”として生きる覚悟をもて!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハロープロジェクト不倫水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 King Gnu・井口理が米イラン緊張で日本の戦争加担に危機感
2 強制捜査受けた河井前法相と案里議員は菅官房長官より安倍首相のお気に入り!
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 「桜を見る会」問題で今度は推薦者名簿を“改ざん”
5 車庫飛ばしで公安に誤認逮捕された男性が語った取り調べの酷い中身
6 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
7 警視庁の「しばき隊メンバー」逮捕は“安倍やめろデモ”潰しだった!
8 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
9 米イラン緊張のなかダルビッシュが排外主義と戦争反対を表明!
10 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
11 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
12 ネット右翼発言めぐり稲垣吾郎を百田尚樹が「頭の悪いタレント」と攻撃!
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
14 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
15 稲垣吾郎MC のNHK番組が日本の五輪ナショナリズム批判!
16 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
17 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 秋篠宮家の料理番がブラック告発
20 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄